並行輸入品は買って大丈夫?メリット・デメリットや安い理由を解説 | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 道具・ギア

    2023.07.15

    並行輸入品は買って大丈夫?メリット・デメリットや安い理由を解説

    ECサイトを検索していると『並行輸入品』と書かれた商品を見かけることも多いのではないでしょうか。並行輸入品とはどのような商品か、価格が比較的安い理由やメリット・デメリットを解説します。注意点を守れば、お得に買い物ができるでしょう。

    並行輸入品とはいったい何?

    ギアが入ったワゴン

    「拡大、連結、テーブル設置も!アレンジ自在のアウトドアワゴンが便利すぎた」 https://www.bepal.net/archives/318329

    並行輸入品とはいったいどのような商品なのでしょうか。並行輸入品の意味や、偽物ではないのか、また合法かどうかを解説します。

    正規代理店以外の第三者が流通させる商品

    並行輸入品とは、メーカーや正規代理店以外の業者が輸入している商品のことです。通常海外ブランドの商品は、現地のメーカーから国内の直営店・正規代理店を通して日本に輸入されます。これが正規品と呼ばれる商品です。

    一方、海外の直営店や正規代理店で販売されている商品を、ブランドと無関係の第三者が仕入れて日本に持ち込んでいるケースもあります。具体的には、海外の店舗で商品を購入し、それを日本に持ち込んで転売しているのです。これが並行輸入品です。

    つまり、並行輸入品と正規品の差は流通ルートの違いにあります。なお、業者ではなく個人が輸入した商品は個人輸入品と呼ぶこともあります。

    並行輸入品は偽物ではない

    並行輸入品は基本的には、偽物というわけではありません。なぜなら流通ルートが違うだけで、扱っている商品は正規品と同じだからです。商品が経由しているルートは異なるとはいえ、元をたどれば仕入れ先はどちらも同じ海外メーカーに行きつきます。

    メーカーから直営店・正規代理店へ流通する商品を正規品や国内正規品と呼ぶため、並行輸入品が偽物かと疑う人もいるかもしれません。しかし悪質な例外を除いては『並行輸入品=偽物』ではないのです。

    並行輸入品は合法

    特許庁によると、商標権に関する以下三つの条件を満たしていれば、正規品を並行輸入するのは違法ではないとされています。

    • 並行輸入商品に付された商標が、輸入元の外国における商標権者またはその商標権者から使用許諾を受けた者により適法に付されたものであること

    • 輸入元の外国における商標権者と日本の商標権者とが同一人であるか、法律的もしくは経済的に同一人と同視し得るような関係にあることにより、並行輸入商品の商標が日本の登録商標と同一の出所を表示するものであること(つまり、商標の出所表示機能が害されていないこと)

    • 並行輸入された商品と日本の商標権者が登録商標を付した商品とが、その登録商標の保証する品質において実質的差異がないと評価されること(つまり、商標の品質保証機能が害されていないこと)

    引用:「Q2. 商標権にかかる並行輸入」|特許庁

    上記を守っている限り、商標権に抵触することはないため、並行輸入品は合法です。後述する注意点に気を付けていれば、並行輸入品を購入しても問題がないでしょう。

    並行輸入品を買うメリット

    複数のランタン

    「大規模イベント「OUTDOOR FRONT」が東京・有明で開催!屋外サウナや物販も」 https://www.bepal.net/archives/310439

    並行輸入品には、正規品にはないメリットがいくつかあります。並行輸入品ならではのメリットを二つ紹介します。

    正規品よりも安く買えることがある

    並行輸入品は、正規品よりも割安で売られているケースが多くなっています。正規品は値崩れ防止やブランドイメージの維持のため、大幅な値下げがされることは基本的にはないでしょう。

    しかし、並行輸入品であればそのようなしがらみがなく、販売者が自由に価格を決められます。また、為替レートが有利なタイミングで安く仕入れて、割安で売るという方法もあります。

    旧作や日本では入手困難な商品も買える

    海外ブランドの商品の中には、日本では売られていないモデルがあります。どのような商品を日本で売るかどうかはメーカーが判断するので、必ずしもすべてのモデルが日本で流通しているとは限りません。

    しかし、並行輸入品であれば海外の店頭で売られている商品が日本に持ち込まれているため、日本では売られていない商品も手に入れられることがあります。運がよければ、生産終了品や旧作など、もう正規店では買えない商品も入手できるかもしれません。

    並行輸入品を買うデメリットや注意点

    枝につるしたシェラカップ

    「個性派シェラカップが勢ぞろい! お気に入りキャラクターが描かれたシェラカップを連れ出そう」https://www.bepal.net/archives/299611

    並行輸入品には、第三者が流通させているがゆえの注意点もいくつかあります。

    参考:海外の製品を並行輸入品や個人輸入品として購入するときの注意点 | 消費者庁

    保証がない場合がある

    並行輸入品には、保証がないケースがあります。厳密には、商品が本物である限り保証は付きますが、それは購入した現地でのみ適用されます。

    国内でも、直営店や正規代理店で商品を買うと、保証が付いていることがほとんどでしょう。日本国内で保証が付くのは、日本の直営店や正規代理店が保証を設定しているためです。

    そのため、並行輸入品には保証が付かないと思っておいた方がよいでしょう。

    日本の規格や気候などに合わない場合も

    日本では販売されていないモデルを買えるのは並行輸入品のメリットですが、同時に注意点もあります。規格が合わなかったり、キャンプ用品などであれば気候に適していなかったりなど、日本の規格や気候に適合していない可能性があることです。

    取扱説明書の日本語訳がないケースもあるでしょう。メーカーが日本で売らないと判断するのには、それなりの理由があることを理解する必要があります。

    偽物が売られている可能性がある

    気を付けなければいけないのは『並行輸入品』と称した偽物が売られている可能性があることです。悪徳業者の中には、偽物をわざと『並行輸入品』と偽って売っているケースがあります。

    また、販売者に悪意がなくとも、流通途中で知らぬ間に偽物をつかまされているケースもあるでしょう。並行輸入では、複数の業者を介して商品を輸入していることもあるためです。

    偽物を買ってしまう可能性を排除したいなら、正規品を買うのがもっとも確実です。

    まとめ

    並行輸入品はしっかりとしたルートで流通している限りは合法であり、真正品です。正規代理店では実現できないような価格設定や、日本で出回っていない商品を入手できる可能性があるのは、並行輸入品ならではの魅力です。

    しかし、正規代理店以外の業者が販売しているので、商品の保証は期待できません。さらに中には、悪意のある業者が偽物を販売しているケースがあるかもしれません。

    販売元の信頼性をよく確認し、上手にショッピングをしましょう。

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    グリップスワニーのテントなら焚き火もOK!タフでかっこいいソロ向けモデルを紹介

    2024.07.22

    サバティカル「モーニンググローリー」に注目!人気のシンセティックモデルを紹介

    2024.07.22

    BROOKLYN OUTDOOR COMPANYの新作は、サスティナブルかつスタイリッシュなチェア&テーブル

    2024.07.22

    ルーメナーのLEDランタンはここが凄い!商品ラインナップから特徴まで紹介!

    2024.07.21

    快適性も収納性も抜群!RATELWORKSのリクライニングチェア5つの魅力的なポイント

    2024.07.21

    フォールダーカップとお皿、カトラリーがセットに!ウィルドゥの便利な「パスファインダーキット」

    2024.07.21

    小型LEDライト「ルーメナー」に最新作”プラス2”が登場!明るさと充電速度が格段に向上してるっ

    2024.07.21

    収納式の日除けが便利!首まわりを日差しから守る無印良品のキャップがいい

    2024.07.21