リバーウォーキングがエンターテインメントになった!オーストラリア・ブリスベンの楽しい仕掛け | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海外の旅

    2023.01.28

    リバーウォーキングがエンターテインメントになった!オーストラリア・ブリスベンの楽しい仕掛け

    オーストラリア国内で「リバーシティー(川の街)」と称されるように、町の中心部を蛇行した川が流れるブリスベン。その川沿いの印象的な遊歩道を紹介するシリーズの第4弾は、市の中心部の高層ビル群を対岸から眺めながら進む遊歩道です。ここは「人工砂浜付きのプール」とか「亜熱帯雨林を再現した木道エリア」とか「博物館や美術館」などが道沿いに並ぶ、なんとも誘惑が多いコースです。

    「歩行者・自転車専用橋」から遊歩道へ

    その遊歩道の名前はオーストラリア・ブリスベンにある「クレムジョンズプロムナード(Clem Jones Promenade)」。

    ブリスベンの中心部から対岸に渡った「サウスバンク」という地区の北端から川に沿って南東に進む2キロメートルほどの遊歩道です。歩行者・自転車専用橋の「クリルパブリッジ(Kurilpa Bridge)」を渡ってくるのがオススメです。

    これだけ広いのに歩行者・自転車専用橋であるクリルパブリッジ。気持ちよく歩けます。

    クリルパブリッジからの眺め。ところどころにベンチ付きの休憩所もあります。後ろを自動車が通らない分、騒音はないし橋は揺れないしでゆったりとした気分で景色を眺められます。そういえば日本の都会には歩行者・自転車専用の橋ってあまりないですよね。

    ループ式になっているスロープを降りるとウォーキングトラックが始まります。だけど……スロープだけでなく階段も設置してくれても良かったんじゃないかな? すごく遠回りです。

    最初は川側に木が生えていたりしますが、すぐに視界が開けてきます。床は板張りではないですが、手すりは木製でいい雰囲気を出しています。

    自転車と歩行者の共有トラック。左側を通行します。よって今回も歩くのが川側になるように北側からスタートするルートを紹介しています。

    川の向こうには摩天楼です!

    「ヴィクトリアブリッジ(Victoria Bridge)」という橋の下を通ります。正式にはここから先が「クレムジョンズプロムナード」のようです。

    この「ヴィクトリアブリッジ」の上からの眺めもなかなかです。ちなみにここ、歩道もありますが車道は「公共バス以外は通行禁止」という珍しい橋です

    しばらく行くと遊歩道と川と間に芝生のエリア。座ったり寝転んだりして人々は自由気ままに過ごしています。

    だけどここ、自転車とか画面右側に映るオレンジ色のレンタル電動キックボードとかが結構走るんですよね。私は怖くて寝そべることはできないな。

    遊歩道の左右には誘惑がいっぱい

    しばらくすると右手になにやらアジア風の建造物。これは1988年にブリスベン国際レジャー博覧会(ブリスベン万博)が開催された際に建てられた「ネパール式平和塔」です。

    会期中も大人気で、終了後に署名運動があって残されたもの。エキスポのパビリオンって壊されることが前提のものがほとんどですが、こうやって残すことを願ってもらえるものっていいですよね。

    続いて右手に出てくるのが「レインフォレストウォーク」。亜熱帯雨林の中にボードウォークや階段を通したものです。

    総距離はおよそ200メートルとそう長くはなかいですが、ちょっとしたジャングル感が味わえます。

    遊歩道の途中にはあちこちにベンチが設けられています。対岸左手に建築中なのは「クイーンズワーフ(Queen’s Wharf)」という建物。1000室以上のホテル、2000室近い居住用マンション、50以上の飲食店、地上100メートルの展望スペースなどができるそう。

    この写真を撮影したのは2023年1月上旬。完成予定は2023年後半らしいですが間に合うのかな?

    じつはこのあたりで右手にはラスボスレベルで最強の誘惑が立ちはだかっているのですが、そちらには目を向けずに先に進みましょう。

    遊歩道周辺には緑もいっぱい配されて、芝生のエリアも多いです。

    左側の階段状になっているところでは無料ライブが行われたりします。

    そして最大の誘惑は……

    そしていよいよ終点。そのまま引き返してもいいですが、今度は川沿いではなく内陸側にある遊歩道を進んでみましょう。「サウスバンクバンクパークランズ(South Bank Parklands)」という1988年のブリスベン万博のあとにつくられた広大な公園の中を通ります。

    ちなみにUターンせずに右に行くと一般道に出て、「クリルパブリッジ」とは別の歩行者・自転車専用「グッドウィルブリッジ(Goodwill Bridge)」に向かうこともできます。左に行くと「クイーンズランド海事博物館(Queensland Maritime Museum)」。海洋博物館と訳されることもあります。

    「サウスバンクバンクパークランズ」の中には様々な遊歩道があります。公園は南北に細長く幅はせいぜい100メートル程度なので、どのルートを通っても迷うことはありません。

    こんな花のアーチもあります。

    そしていよいよ登場するのが、さきほど通ってきた「クレムジョンズプロムナード」にも面している人工砂浜のあるプールです! あれこれ誘惑の多い遊歩道ですが、ここが最強のラスボスでしょう! いやいや、水着姿がどうのこうのという話ではなく、暑い日にウォーキングついでにサクッとプールなんて最高じゃないですか、ねえ?

    海岸だと向こうは大海原なのに、ここは高層ビル。ちょっと不思議な感覚を楽しめます。

    更衣室も含めて利用は無料です。

    小さな子も楽しめる浅いエリアも。

    噴水でジャブジャブ遊ぶのも飽きないですよね。

    その後、劇場の脇を通って出発地点のそばに行くと、クイーンズランド州立美術館、クイーンズランド州立博物館、クイーンズランド州立現代美術館などがあるエリアへ。いずれも特別展エリアを除くと無料です。現代美術館以外、特別展スペースは限られたエリアなので、ほとんどの展示や作品を無料で楽しめます。

    ただし開館時間は通常10時~17時なので夏場の夕方に今回紹介した「クレムジョンズプロムナード」を歩く場合は、先に見学を済ませたほうがいいでしょう。

    美術館のほうは無料ということもあり、日本のように「印象派の有名な絵画」などがあるわけではありません。一方博物館のほうはなかなか展示が凝っています。下から見上げるシロナガスクジラ。

    そして恐竜の模型。オーストラリアは恐竜の化石がたくさん発見されているので館内には骨格標本も展示されていますが、この日は展示内容変更中とのことで見ることはできませんでした。

    川沿いの遊歩道を歩くだけでなく、亜熱帯雨林ウォークや高層ビルを眺めながらの人工砂浜ビーチ付きプール、さらには博物館や美術館と魅力満載の今回のルート。ブリジー(ブリスベンっ子)になった気分でお楽しみください。

    次回は断崖絶壁脇の遊歩道とパブリックアートが楽しい「ザクリフスボードウォーク」を紹介します。

     

    私が書きました!

    オーストラリア在住ライター(海外書き人クラブ)
    柳沢有紀夫

    世界100か国350人以上のメンバーを誇る現地在住日本人ライター集団「海外書き人クラブhttps://www.kaigaikakibito.com/」の創設者兼お世話係。オーストラリア関連の書籍以外にも『値段から世界が見える!』(朝日新書)、『ニッポン人はホントに「世界の嫌われ者」なのか?』(新潮文庫)、『日本語でどづぞ』(中経の文庫)、『世界ノ怖イ話』(角川つばさ文庫)など同会のメンバーの協力を仰いだ著作も多数。オーストラリア・ブリスベン在住。

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    探検家・環境活動家 山田高司さんに聞く「活動の原点」とは【動画公開中】

    2024.05.24

    “世界一のパリピ島”スペインのイビサ島でマラソン大会参戦!クラブ音楽で難コースを乗り切れるか!?

    2024.05.23

    メキシコでリアルなジャングルクルーズを体験して出会えた動物は…!?

    2024.05.22

    ユーラシア大陸最西端!ポルトガル・ロカ岬で味わう‟地の果て”感

    2024.05.21

    タイ在住ライター直伝!アウトドア料理が楽しくなるタイ屋台料理アレンジレシピ

    2024.05.20

    ヒマラヤツーリング、さらに過酷なのは3日目からだった…【38歳女芸人・橋爪ヨウコの爆夢旅その7】

    2024.05.13

    青い海とサトウキビ畑の中を滑走!南アフリカ・ダーバンで行われた20kmのMTBレースに挑戦

    2024.05.11

    海外キャンプ達人の「もう一度行きたいランキング1位」!世界の絶景キャンプ場8選

    2024.05.10