パジャマは持ってく…?キャンプ好きファミリーが初グランピング体験 | キャンプ場 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • パジャマは持ってく…?キャンプ好きファミリーが初グランピング体験

    2022.12.04 暮らしビーパル

    これまで2年あまりキャンプをしてきましたが、とうとう初のグランピングへ取材で行ってまいりました。行き先は、山梨県にある『VISION GLAMPING Resort&Spa 山中湖』。オープンしたばかりのグランピング施設です。

    初のグランピングということで、準備の時点で「パジャマ持ってく?」「寝袋は?」と、あたふた…。

    キャンパー目線のグランピング体験記をお送りします。

    ファミリーで初グランピング体験記

    時間を持て余したり、子どもが飽きてしまったりしないかな、と少し懸念していたのですが、ゆったり過ごしていたら、持て余すどころか「もう少しいたい!」と思うくらいあっという間に過ぎていきました。楽しい時間って過ぎるのが早いですよね…。

    最後に、グランピングの良かったところをまとめました。

    グランピングの良かったところ4つ

    1)荷物が少ない

    通常のキャンプだと車1台にギュッと荷物を詰めていくことが多いのですが、今回は大人2人と幼児1人でボストンバッグ1つとリュックでした。

    パジャマもお部屋にあり、アメニティも充実しているので、着替え以外はほぼ手ぶらで行けそうです。

    2)設営・撤収が無いので、観光と合わせて楽しめる

    チェックイン17時、チェックアウト10時なので、通常のキャンプ場よりも滞在時間は短くなりますが、設営・撤収が無い分、昼間たっぷり観光やアクティビティを楽しんだ後に訪れるという欲張りプランも叶えてくれます。

    3)プライベート空間なので周りを気にせず楽しめる

    キャンプ場によっては、焚き火の煙や声など、隣に気を使う場面もありますが、完全プライベート空間なので思い切り焚き火や家族、友人との時間も楽しめます。

    また、今回取材した『VISION GLAMPING Resort&Spa 山中湖』には、愛犬と滞在できるルームもありますので愛犬家にもおすすめ。

    4)キャンプ道具を持っていなくてもキャンプの楽しさを体験できる

    グランピングのメリットは、なんと言っても、キャンプ初心者でもキャンプの醍醐味を味わえるところ。

    もちろん、“不便を楽しむこと”もキャンプの醍醐味のひとつですが、普段キャンプをしない方やキャンプデビューへの一歩がなかなか踏み出せないと言う方もホテルに近い感覚でキャンプの楽しさを味わえるのがグランピングです。

    とにかく快適さが段違いでした。

    寒さが一段と厳しくなっていくこれからの時期、「冬キャンに憧れはあるけどストーブ等の装備を揃えるのもなぁ」と思っている方にもおすすめですので、この冬にグランピングデビューしてみてはいかがでしょうか?

    大きなグリルで焼いた食材も出来立てでいただきます!

    美味しいごはんと地元のお酒とジュースで乾杯。誕生日のお祝いをするのにも良さそうです。

    子どもと一緒にサウナでロウリュも出来る!

    ワークマンの焚き火用のジャケットもお借りできました。

    ドームテントには大きな窓があるので、

    子どもが二度寝している姿と富士山を交互に眺めながら、大人だけで焚き火を楽しむこともできました。

    グランピング体験の様子は、後日BE-PALのYouTube動画にUP予定です。合わせてご覧ください。

    写真でのレビュー記事は「kufura」をチェック!

    今回取材したグランピング施設

    『VISION GLAMPING Resort&Spa 山中湖』
    山梨県南都留郡山中湖村山中字栗木林1385-43
    https://vision-glamping.com/yamanakako

    撮影/藤岡雅樹

    私が書きました!
    取材漫画家/イラストレーター/アーティスト
    新里碧
    芸大を卒業後、広告業界を経て独立。2018年、自身の体験を元に描いた『アプリ婚 お見合いアプリで出会って1年で婚約→結婚しました』(小学館)発売。旅と工作が大好きな新米キャンパーです。

     

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 キャンプ場 』新着編集部記事

    廃校がキャンプ場になった!? 都内から1時間で行ける「CAMPiece君津」の魅力に迫る

    2023.01.20

    BE-PAL厳選!北海道から九州まで、おいしいワインにあえるキャンプ場5選

    2023.01.14

    広大な山林からキャンプ場まで!お得にソト遊びを楽しめるサブスク7選

    2023.01.10

    キャンプのプロが手がける施設をピックアップ!メーカー&ショップの直営キャンプ場5選

    2022.12.13

    国立公園の絶景の中楽しめる!気仙沼大島、竹野海岸、南阿蘇の休暇村にグランピング施設がオープン

    2022.11.12

    富士山周辺または富士山が見える!おすすめのコテージ付きキャンプ場13選

    2022.11.05

    z