アラスカ州営フェリーでのんびりと。インサイド・パッセージを船で往く | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アラスカ州営フェリーでのんびりと。インサイド・パッセージを船で往く

    2017.01.25 アラスカ山本高樹

    南東アラスカの旅4

    複雑に入り組んだ海岸線と無数の島々で構成されている、南東アラスカのインサイド・パッセージ(内海航路)。街同士が道路で結ばれている場所は多くなく、飛行機や船が主な交通手段となります。僕は今回、州都ジュノーから太平洋側に面したシトカという街まで、アラスカ州の州営フェリー、アラスカ・マリン・ハイウェイの定期便を利用することにしました。

    ■アラスカ・マリン・ハイウェイ
    http://www.dot.state.ak.us/amhs/

    今回乗船したのは、フェアウェザー号。アラスカ・マリン・ハイウェイの船の中でも比較的高速航行が可能な船だそうで、ジュノーとシトカの間を4時間半ほどで結びます。もっと遅い船では8時間くらいかかるとか。

    フェアウェザー号の船内。思っていた以上に広々としていて、座り心地のいい椅子がたくさんあります。スナックやコーヒーが買える売店も。この日の乗客はあまり多くなく、静かな航海となりました。

    売店で買ったコーヒーをすすりながら、ぼんやり窓の外を見ていると、いつのまにか、船が静かに動き出しているのに気づきました。外はあいにくの雨。雨粒が打ちつけるガラスの向こうで、ぼんやりとにじんだ灰色の海と空が流れていきます。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    キナウルの中心地レコン・ピオから、かつての夏の首都シムラーへ

    2022.12.03

    チベット文化圏スピティの村で遭遇した、収穫祭と神託の儀式

    2022.11.29

    知られざるインドのチベット文化圏、スピティへ

    2022.11.24

    学びの方法は無限!世界一周ヨット旅で子供たちの未来を育みたい

    2022.11.23

    マルチ冒険家 安東浩正さんに聞く「挑戦と無謀の境界線」【動画公開中】

    2022.11.22

    風光明媚な景色!スコットランドの天気用語をクイズ形式で解説

    2022.11.20