カナダBanff国立公園でのTrail Rideガイド体験: その3[読者投稿記事] | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • カナダBanff国立公園でのTrail Rideガイド体験: その3[読者投稿記事]

    2020.06.15

    バックカントリーを満喫できる、Trail Rideキャンピングコースの続きです。

    4〜6日間のキャンピングコースでは、ゲストは通常Mt. Norquay Corralを出発して最初の夜をStoney Creek Campで過ごし、 Flints Park Camp、前回紹介したMystic Campの順番で巡ります。

    トレイル途中には、まさに大自然の絶景が待ち受けています。

    何万年という時を刻む地層が剥き出しの川縁。

    昔、elk(エルク=大型の鹿)を捕まえる大掛かりなトラップを仕掛けてあった場所。木の柵はその痕跡。

    Packers(荷物運搬係)と遭遇。

    山奥のキャンプサイトに食料や日常必需品、そしてゲストの荷物などを運ぶのが彼らの役目です。荷物運搬用にはラバが使われていました。カウボーイ曰く、ラバの方が大人しくて賢いそうです。

    まもなくFlintsです。

    Flints Park Campサイト。

    写真では分かりませんが、キャンプサイトの周りには高電圧のフェンスが引かれていて、野生動物の侵入を防いでいます。

    駐在しているスタッフの話によると、巨大なGrizzly Bear(灰色熊)も近くによく姿を現していたそうです。

    Flintsキャンプのキッチンテント。

    キャンプ近くの湖で馬も人ものんびりと過ごす。。

    こうして写真を見ていると、懐かしさと同時に改めて貴重な体験をさせてもらったなと、当時出会った人々とBanffの自然そのものに感謝の気持ちが込み上げてきます。

    あの頃はそんな貴重さをしっかり意識していなかったのと、まだデジタルカメラが無かったことで、あまり写真を残せなかったことに強く後悔です。

    蛇足ですが、Parks Canada (カナダ公園管理局)が当時出していた、Banff National Park: Horse Users Guideという、Banffで乗馬を楽しむためのガイドブックがあったのですが、1998年度の挿絵を私が担当させて頂きました。

    以上が、私のTrail Rideガイド体験談です。

    現在も、オーナーは変わりましたが、ビジネスの概要はそっくり引き継がれているようです。

    トレイルは、先人が残した足跡の集大成。ほんの僅かながらも、その足跡を辿る体験ができたことをとてもありがたく思います。


    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    Namikさん

    1993年カナダに渡り、Banffで2年間Trail Rideガイドとして働く。
    1998年カナダ移民権取得。
    以後、Vancouver在住。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    自転車冒険家 シール・エミコさんに聞く「がんを乗り越えるという冒険」【動画公開中】

    2022.10.05

    素人だけど挑戦!セーリングヨットで楽しむ「世界一周家族旅行」

    2022.09.30

    パブリック・フットパスなら自由自在!イギリスの田舎を歩いてみよう

    2022.09.20

    ディフェンダーの特装車で、南アフリカ動物保護区のアニマルウォッチングへ

    2022.09.17

    セルビアの大空を人生初のパラグライダーでフライト。ドナウ川カヤック旅から夢の空の旅へ!

    2022.09.16

    いつかは行きたい、世界最大の氷河原を見に行くロードトリップ!

    2022.09.12