キャンプに持っていくと役に立つ雨対策の道具5選。急な雨でも困らないよう対策を | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプのコツ

    2021.07.01

    キャンプに持っていくと役に立つ雨対策の道具5選。急な雨でも困らないよう対策を

    年間を通して雨の多い国である日本。キャンプを続けていく上で、雨キャンプは避けることができません。雨キャンプは、晴れた日とは違い、しっかりと対策をしておかないと、不快な思いをすることがあります。

    そこで今回は、雨キャンプに持っていくと役に立つ身近な道具をご紹介したいと思います。

    雨キャンプに持っていくと役に立つ身近な道具

    大きめのごみ袋やドライバック

    大きめのごみ袋。

    雨キャンプでは、撤収時にも雨が降り続いていることがあります。雨の中での撤収では、晴れの日のようにテントを丁寧に畳んで収納する余裕はありません。

    濡れたものをとりあえず詰めることができる。

    大きめのごみ袋やドライバックがあれば、濡れて泥だらけのテントやタープを丸めて、とりあえず詰めることができます。

    雨キャンプでは、テントやタープ以外に、濡れた衣類なども持ち帰ることになります。なるべく大きめのサイズのごみ袋を多めに持っていくようにしましょう。

    また、濡れたまま持ち帰ったタープやテントは、時間を置かずに、晴れた日に広げてしっかりと乾燥させましょう。

    吸水性のあるタオルやふきん

    マイクロファイバー製のふきん。

    雨キャンプにはマイクロファイバー製などの吸水性が高いタオルや、ふきんがあると便利です。キャンプ中に濡れてしまったギアや、テント内に侵入した水滴を拭き取ることができます。テント内に入る際に足を拭くことにも使えます。

    濡れたギアを拭くのに便利。

    筆者の場合は自分の体を拭く用、テントや椅子の足などの汚れ物を拭く用、机の上やギアなどを拭く用にわけて、3枚以上は吸水性の高いふきんやタオルを用意します。大活躍しますので沢山あれば安心ですよ。

    長靴やサンダル

    アウトドア用サンダル。

    雨キャンプでは、キャンプ地の地面がぬかるんでいることも多いため、足元は必ず濡れることになるでしょう。サンダルや長靴を用意しておけば安心です。

    長靴があれば足元を気にせず、快適に過ごすことができます。特に、寒い時期のキャンプでは、雨で足元を冷やすことは身体を壊す原因になりかねません。長靴は必須の道具です。

    夏場ならば、長靴は蒸れるので、サンダルのほうが快適でしょう。ぬかるみに足を取られても脱げないので、足をしっかりとホールドするタイプのアウトドア用サンダルがおすすめです。

    ブルーシート

    ブルーシート。

    雨キャンプではブルーシートも大活躍します。設営、撤収時に荷物が濡れないように包んだり、地面に敷いたりすることができます。

    ブルーシートはテントの下に敷いて、グラウンドシートの代用品としても使用できます。ただ、テントの下が水たまりになってしまうような大雨の場合。グラウンドシートとテントの間に水が溜まってしまい、逆効果になってしまうので注意が必要です。

    テントの下が水たまりになってしまうような大雨の場合は、浸水は避けられません。その場合は、テントの内側にブルーシートを敷くのが効果的ですよ。

    ブルーシートは薄手のものと厚手のものが販売されています。防水性が高い厚手のものを選びましょう。

    スコップやシャベル

    激しい雨が続くと、テントサイトが水たまりになることも。

    多少の雨ならば問題はありませんが、激しい雨に遭遇すると、雨水が地面に浸み込むよりも速く溜まってしまいます。その場合は、水はけをよくするために、テントの周りに溝を掘るのが有効です

    スコップで溝を掘る。

    溝の掘り方をご説明します。

    基本は、テントの周りを一周するように溝を掘ります。テントの周辺に降った雨が流れ込むことで、テント周りが水浸しになるのを防ぎます。

    ただし、激しい雨が長時間降る場合は、テント周りに溝を掘るだけでは不十分です。溝から水路をつくり、水の逃げ道を作る必要があります。当然のことですが、テント周りの高い側から低い側へ水路をつくりましょう。

    キャンプ場によっては、区画内に穴を掘るのを禁止しているサイトもあるので、事前に確認してから行なうようにしましょう。また、キャンプ場のサイトは来た時と同じ状態にして返すのがマナーです。撤収時に溝は必ず埋め戻すようにしましょうね。

    さいごに

    近年ではキャンプ中に突然のゲリラ豪雨に遭遇することも少なくありません。雨が降った時に慌てないように、今回ご紹介した道具を参考にして、雨対策を万全にし、アウトドアを満喫してくださいね。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    のまどう
    行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子供とのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。

    NEW ARTICLES

    『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

    バーベキューで使う炭には種類がある?必要な量から火の付け方まで解説!

    2024.07.18

    ギアレンタル0円、宿泊0円…キャンプにまつわる無料トピック集めました!

    2024.07.03

    このキャンプギアすべて0円!愛媛・松山市青少年センターの無料レンタルがすごっ

    2024.07.03

    夏キャンプは暑さが最大の敵?対策法からおすすめのグッズまで紹介!

    2024.06.26

    キャンプの語源はラテン語から?目的別のキャンプの楽しみ方も合わせて解説!

    2024.06.23

    棒結びの結び方!手順や注意点から活用方法まで解説!

    2024.06.20

    パラコードを使う際の結び方!キャンプで活躍する7つの方法を紹介

    2024.06.08

    キャンプに行く際の服装は?最低限必要なものとおしゃれなコーデまで解説!

    2024.06.03