ヨーロッパ最高地点の鉄道駅ユングフラウヨッホへ最速!アイガー・エクスプレス誕生! | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ヨーロッパ最高地点の鉄道駅ユングフラウヨッホへ最速!アイガー・エクスプレス誕生!

    2021.02.25 西村志津のスイス便り

    私が書きました!
    日本山岳ガイド協会認定登山ガイド&スキーガイド・ヨガ講師
    西村志津
    スイス在住、2児の母。スイスの山岳観光地やアクティビティ、ギア、トレンド、文化をお伝えします!ヨガを通して心と体のメンテナンス方法もお届けし、より快適な山行のお手伝いができれば嬉しいです。美味しいものとカフェ巡りが好き。スイスと日本の架け橋となる活動に努める。オンラインにて「スイスツアー」や「登山者のためのヨガ」を発信中!

    アイガー北壁とアイガー・エクスプレス。©Jungfrau.ch

    迫力あるアイガー北壁の景色

    スイス・ベルン州に位置するユングフラウ地方。ここに昨年の12月、ヨーロッパ最高地点の鉄道駅ユングフラウヨッホへと繋ぐロープウェイ「アイガー・エクスプレス」がオープンした。

    ロープウェイの窓からはヨーロッパ三大北壁3970mのアイガー北壁の迫力ある景色を堪能することができる。

    新設されたターミナル駅を起点に、2019年末リニューアルしたメンリッヒェンのロープウェイと、アイガー・エクスプレスの路線がVの形となるVバーンプロジェクトの一環だ。

    夏はハイキングや高所登山、マウンテンバイク、冬はスキーやソリ、スノーシューなどのアクティビティーが充実するエリアだ。

    左手がチケットカウンター。右手奥が乗り場。

    空港のように開放的なターミナル駅。お土産物、スポーツショップやレンタル、カフェ、スイスチョコレートのリンツ、スーパーマーケットなどのお店があり、ここに来るだけでも楽しめる場所である。

    標高差1377mを約15分で繋ぐ

    ターミナル・アイガーグレッチャー・ユングフラウヨッホを結ぶ。

    赤いラインがアイガー・エクスプレス。新設されたグリンデルワルト・ターミナル駅とアイガーグレッチャー駅まで全長6,483mの乗車時間はなんと15分。

    以前は登山列車でグリンデルワルト駅から出発してクライネシャイデック駅で乗り換え、アイガーグレッチャー駅まで47分。今まで以上に大幅に短縮された。

    26人乗りのゴンドラ!

    椅子のシートは温かくなるシステム。寒い日はありがたい。

    3本のワイヤーを使い安定性が向上した最新のシステムを利用し、風に強く揺れが少ない26人乗り。実際に強風の日に乗ってみると高い安定感を感じた。

    スキーを立てる場所はゴンドラ内。

    スキーはゴンドラ内に立てる穴があり、スノーボードは手持ちとなる。

    新設されたアイガーグレッチャー駅

    右のゲートを通ってユングフラウヨッホへ。

    1912年に全線開通したユングフラウ鉄道に乗り換え、ユングフラウヨッホ駅を目指す。

    ゲートの緑は予約あり、黄色は予約なし、紫が10名以上のグループとなる。繁忙期は個人でも予約することをおすすめする。

    新しく増設されたホーム。

    外に出ることなくスムーズに下の階のホームへ移動。全長約7キロのトンネルを通り乗車時間26分で3454mに位置するユングフラウヨッホへ。

    アイスメーア駅からの絶景。

    トンネル内の途中駅3160mのアイスメーア駅からはシュレックホルンの絶景が広がる。

    「シュレック」とはドイツ語で恐怖、「ホルン」は角を意味する。尖がっている恐山といったイメージ。ディズニー映画の『シュレック』から連想できるだろう。

    世界遺産に認定・アレッチ氷河の絶景

    スフィンクス展望台から見るアレッチ氷河。

    全長約24km、アルプス最大・最長の氷河。コンコルディアプラッツという4つの氷河が合流するポイントは深さが900mとも言われている。

    夏には山岳ガイドとザイルで繋ぎアイゼンを履いて歩き山小屋で1泊してヴァレー州へと抜けていくツアー、冬には山岳ガイドとツアースキーで登って滑走することが可能。

    クレバスが潜むので、リスクマネージメントやクレバスレスキューができる国際山岳ガイドと一緒に行くことを強くおすすめる。

    スフィンクス展望台とメンヒ。

    3571mのスフィンクス展望台からは4107mのメンヒが目の前に迫る。

    木彫りのドーム。

    陽気なメロディーに合わせて木彫りの人形たちが動き出す。ライトの色も様々に変化し綺麗だ。

    氷の宮殿。

    20m下に作られた神秘的な氷河の中につくられた氷の宮殿・アイスパレス。常にマイナス2度を保っているので、防寒が必要だ。

    プラトーから眺めるユングフラウ。

    1年を通して万年雪の上を歩くことができる雪原・プラトー。4158mのユングフラウが間近に迫る。

    ラクレット。

    登山列車で下り、アイガーグレッチャー駅で下車。レストラン「アイガーグレッチャー」にてランチタイム。

    オーダーしたのは伝統料理のラクレット。大きなチーズの断面を直火で温め、溶けたところをナイフで削ぎ、茹でたジャガイモと一緒に頂く。

    付け合わせにはピクルスを、チーズが冷えて固まる前の熱々のうちに食べること。

    チーズと相性が良いのは白ワイン。スイス産のワインをぜひ味わっていただきたい。

    ボリュームたっぷり。

    筆者がいつもここで食べるのがクレームシュニッテ。たっぷりのクリームとサクサクのミルフィーユが絶品。こってり濃厚なのでハーブティーをチョイスすべし。

    スキーエリアからアイガー北壁とメンヒを望む。

    お得に鉄道を利用できるスイストラベルパスを使い、ロープウェイと登山鉄道を組み合わして移動すれば、今まで以上にユングフラウ地方を効率よく快適に過ごす時間が充実するだろう。

    ゴンドラを使い最速で行くもよし、電車でゆったりと車窓を楽しんで行くもよし。目的地とアクティビティーで交通手段の使い分けをし、楽しみ方の選択肢が増えた。

    現状は海外旅行が当分難しい状況ではあるが、写真を通じてスイスからの雰囲気を少しでも感じて頂き、癒しのひと時となれば何よりだ。

    ユングフラウエリア情報 https://www.jungfrau.ch/en-gb/

    お得な交通パスの情報 https://www.myswitzerland.com/ja/planning/transport/tickets-public-transport/

    スイス旅行情報 https://www.myswitzerland.com/ja/
     
    協力/スイス政府観光局、ユングフラウ鉄道

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    憧れの「氷河特急」に乗る冬のスイス旅!ツェルマットからサンモリッツへ

    2023.01.31

    崖とアートが好奇心をくすぐる!オーストラリア・ブリスベンのリバーウォークめぐりの楽しみ方

    2023.01.30

    リバーウォーキングがエンターテインメントになった!オーストラリア・ブリスベンの楽しい仕掛け

    2023.01.28

    佐藤ジョアナ玲子、2023年最初の旅はアウトドアのパラダイス・ニュージーランドへ!

    2023.01.27

    マングローブ遊歩道にアボリジナルアート も!ブリスベンのリバーウォークは見どころがいっぱい

    2023.01.24

    オーストラリアの川の街・ブリスベン「摩天楼ボードウォーク」と植物園を歩く

    2023.01.24

    z