029「星のや竹富島」旅行記【Vol.8】-「目覚めの音」考-

2019.03.22 (閲覧数) 708

「目覚めの音」がある。「目覚ましがわりになる音」をこのように名付けることにする。

普段は、iPhoneの「ベッドタイム」で設定している「水滴」の音で目覚めることが多い。NHK「ガッテン!」で紹介された「“小さな音”でスッキリ目覚める方法」を実践している。おかげで寝起きは快適である。食事を準備する家族の言わば生活音で目覚めるときもある。

「所変われば品変わる」というが、おもしろい体験をした。東京の友人宅に泊めてもらった時のことである。けたたましい音で目が覚めた。その音は、大量のガラス瓶を燃えないゴミ用のカートンに捨てる音であった。東京の繁華街らしい音だと思った。

一方、週末移住先の古民家。雪が積もると「無音」になる。雪が音を吸収するせいもあり、真の「静寂」とはこのことを言うのかと納得した。だから音では目覚めない。これが、夏になると目覚めの音が変わる。住民が、朝飯前に草刈りをする草刈り機のエンジン音になる。

川原のキャンプでは、川のせせらぎの音が子守歌になり、目覚めの音にもなる。海辺のキャンプでは波の音がそれだ。

さて、「星のや竹富島」の「目覚めの音」は何だったのか。
何か自宅とは違うと思った。それは、車の音がしなかったことである。日常生活を振り返ってみると車の音がしない場所は、ほとんどない。新鮮な発見であった。

新たな「目覚めの音」に出会えるかと期待していたが、「目覚めの音」は同行した家族の動く音であった。

客室の照明は、外も中も最小限におさえられている。

南側の屋根にはシーサーが鎮座している。幸福を吸い込むといわれ口を大きく開けている。

南側の戸が大きく開いているのは、幸せを運ぶといわれる「パイカジ(南風)」を導きいれるためである。

西欧風のバスタブ。シャワー室が隣接している。

一弛庵さん

もっと見る

この記事をシェアしよう!

一弛庵さんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事