夏休みの自由研究

2019.08.14 (閲覧数) 198

スノピの「たねほおづき」を付けるポールを枝で作り、そろそろ取り付けようかなぁと、ポールの所に来てみると…

セミの幼虫が、よじ登っていました。

背中が割れるところから、羽を伸ばす一部始終を見れたのは初めてで、子供の頃、孵化開始のセミを見つけようと夢中になってた事を思い出しました。

お腹の部分だけで身体を支えている時は、落ちないかハラハラしていましたが、時折、身体を小刻みに振るわせながら、約1時間掛けて、出てきました。

因みに、「空蝉(うつせみ)」という言葉は、このセミの脱け殻から来ています。

黒目の間の3つの赤い点は、単眼だそうです。
それと、セミは、カメムシ目(半翅目)・頸吻亜目・セミ上科に分類されるそうです。
カメムシ目って…
てっきりセミはセミ目セミ科だと思っていました。
あと、成虫になってからの寿命は、1〜2週間程度と言われてきていましたが、最近の研究では、1ヶ月程度生きることが分かったそうです。
昔は、セミの飼育が難しいことや、鳥などに捕食されることから、1〜2週間と言われていたそうです。

脱皮が始まって、完全に羽が伸びるまでに、1時間30分くらいは掛かったと思います。
スマホの電池残量が少なかったので、最後まで動画が撮れるかどうか心配でしたが、とても神秘的な時間を過ごす事が出来ました。

けいすけさん

福岡県で薪ストーブのある家に住んでいます。 最低月1キャンプを決行中! 今年は、愛犬のボーダーコリーを連れて行きたいかな… ホーボージュンさんのような旅に憧れてます! 昨年は、休暇と天候が合わず雪中キャンプできませんでした。 今年こそは!と思っているところです。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

けいすけさんの新着ユーザー投稿写真

新着ユーザー投稿写真

『 自然観察 』新着編集部記事

おすすめ記事