おんなひとり、お遍路しながら88の煩悩について考えてみた―煩悩③ 3番礼所「金泉寺」 | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

おんなひとり、お遍路しながら88の煩悩について考えてみた―煩悩③ 3番礼所「金泉寺」

2018.01.20

聖武天皇(724〜749年)が行基菩薩に勅願して開基した「金泉寺」。810年頃、日照りが続いて村民たちが苦しんでいたところ、この寺に弘法大師が訪れ井戸を掘った。そこから湧き出た水が長寿になれるという霊水で、「黄金の井戸」とされたことから寺の名前が「金泉寺」と名付けられた。境内にはいまでも井戸があり、井戸を覗いて自分の姿がくっきりと見えれば長寿に、ぼんやりと見えれば短命と言い伝えられる。

2番礼所の「極楽寺」から約3km、徒歩で約30分ほどの「金泉寺」。道中にはたくさんの道標が建っており、迷うことなく来れる。アスファルトだけでなく、「へんろ道」と言われるお遍路のためのトレイルもある。

「金泉寺」の仁王門。仁王像の白眼部分は通常なら白いが、ここでは金泉寺だけに金色が塗られている。ご本尊は釈迦如来。

本堂。本堂左は護摩堂で、その格天井には花鳥が描かれている。扉越し少し見える。

大師堂の中。左側に入り口があり、中に入れる。1582年の長曽我部元親の兵火で金泉寺の大半は消失したが、大師堂だけは燃えずに残った。

弘法大師像。左後ろにちらっと見えているのは八角観音堂で、勝運観音がまつられている。運の強い観音様で、平家追い討ちの際に源義経が戦勝開運を祈願し、戦いに勝ったと言われる。

倶利伽羅龍王(くりからりゅうおう)という不動明王の化身。3つの代表的な煩悩である「貪・瞋・癡(とん・じん・ち)」を打ち破ると言われる。貪はむさぼる心、瞋は怒りや妬みの心、癡は愚痴や無知の心。不動明王が炎とともに怒った顔をしているのは、煩悩を焼き払う仏様だから。

歩き疲れて休んでいると、商店の店主が出てきてミカンをくれた。こんな「お接待」がお遍路中はところどころで受けられる。ありがたや〜。
 
煩悩③
清潔な服を着たい
 
歩き遍路中は、自分が背負えるだけの荷物しか持てない。一番かさ張るのが衣服なので、最小限にしようと思うと、何日も同じ服を着なくてはいけない。洗濯機や乾燥機付きの宿に泊まれば、洗濯したてのきれいな服を着れるが、そんなことはそうそうない。お金がないからだ。汗で汚れ、くさくなった服を着るのかと思いながら一日をはじめるだけで、気持ちが萎える。これも日常生活を送っていると気づかないこと。毎日清潔な服を着ることが、どれだけ幸せなことか。不便を経験すると、日常に感謝できるようになるから、たまにはいいのかも。
(つづく)
 
            ☆プロフィール☆
           重野友紀(しげの ゆき)
 フォトグラファー。ハンで押したような日常生活が苦手で、常に変化を求めている。安住の地はいずこ……。

HP:https://www.yukishigeno.com
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。