農家さんの朝活で自分リセット!山形県村山市の『こめやかたゲストハウス』

2016.11.01

広大な、なす畑。さすが、専業農家さんは規模が違う

広大な、なす畑。さすが、専業農家さんは規模が違う

朝活は季節や日によって内容が変わってくる。この日は、なすの収穫。ハサミの持ち手部分に長さの目盛りが記されている。その基準より大きいモノを収穫するのだそう。それ以外は規格外。傷が付いているモノはB級品として別箱に入れる。

 kome013

“形が良いモノを選ぶ”つまり、それはスーパーに商品として並ぶモノ。スーパーの店頭に華々しく並ぶか、B級品へと格下げになるか。自分の見極めで、なすの運命も出荷する数も変わってくるのかと思うと、農作業体験と言えども、責任感がふつふつと沸いてくる。良い意味での緊張感が全身にピキーンと行きわたる。同時に、中腰での作業で足腰にも違う意味のピキーンが走る運動不足気味な私・・・痛い(汗)。これまた、自分の日常生活を反省しまくりなのである。

なすをもぎ始めて1時間ほど。遠くの山にかかる霞んだ雲の隙間から、うっすらと日の光がさし、次第に夜が明けはじめた。寒さも足腰の痛さも、ひんやりと心地いい明け方の空と空気に溶けていく。

kome014

近頃、自分をリセットしたくなった時は、きまって、この時の景色と頬にあたる空気を思い出す。朝活をしに『こめやかたゲストハウス』へ行けば何か変わるんじゃないかと思えてしかたない(しょっちゅうリセットしたいと思ってます・・・はい)。

カエルも、なす畑の中でお目覚め

カエルも、なす畑の中でお目覚め

日々、悶々としたいろんな気もちが自分の中にある方や、そうでない方も、『こめやかたゲストハウス』の朝活へ一度訪れてみませんか? すべて、サラッと流れ出て、新しいスタートがきれるかも!

農作業の後は、みんなで『こめやかた(komeyakata)』の「k」ポーズ! 左から、育美さん、松鳥、サムさん、奈緒さん、創さん、陽一郎さん

農作業の後は、みんなで『こめやかた(komeyakata)』の「k」ポーズ!
左から、育美さん、松鳥、サムさん、奈緒さん、創さん、陽一郎さん

 

『こめやかたゲストハウス』

住所:山形県村山市楯岡鶴ヶ町2-2-6
TEL:070-5326-5663
料金:2,500円/泊(素泊まり)
アクセス:JR村山駅から徒歩約20分
URL: http://komeyakata-gh.wixsite.com/komeyakataguesthouse

 

松鳥むう

◎イラスト・文・写真/松鳥むう(まつとり・むう)
イラストエッセイスト
離島とゲストハウスをめぐる旅がライフワーク。今までに訪れたゲストハウスは100軒以上、訪れた日本の島は76島。その土地の日常のくらしに、ちょこっとお邪魔させてもらうコトが好き。著書に『島旅ひとりっぷ』(小学館)、『ちょこ旅沖縄+離島』『ちょこ旅小笠原&伊豆諸島』『ちょこ旅瀬戸内』(いずれも、アスペクト)などがある。http://muu-m.com/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事