極北ラップランドでウインターアクティビティー【第3弾】酷寒人間川下り | BE-PAL

極北ラップランドでウインターアクティビティー【第3弾】酷寒人間川下り

2016.01.08

ついにラップランドでのウインターアクティビティーも今回がハイライトである!

予定表に書かれていた表記は『Floating the rapids』。直訳すれば“急流に浮く”……もうみなさん想像はつきますね。
日本でもポピュラーになったアドベンチャースポーツ“キャニオニング”の極寒版ですよ!

 オレね、アウトドアは少ないが、なぜか川系アドベンチャースポーツだけは何故か色々やってんだよ。
キャニオニングはもちろん、下るんじゃなくて登ってく“シャワークライミング”も初級コースだけどやったし、足にフィンを付けてボディボードに乗って渓流を下る“ハイドロスピード”というフランス発祥のヤツもやったことある!

でもそれはみんな春から秋にかけての体験だ!
気温が零下のラップランドでやったら凍死しちまうぞど思いつつ、やってまいりました、Floating the rapidsの現場となります“KITKA”川上流。

前回の第2弾でレポートした“雪中ハイキング”を終えた足でこの場所にやってきた我々を待ち構えていたのは、雪中ハイキングをガイドしてくれた“RUKA ADVENTURE”のバン。その中に用意されてたのは、ウェットスーツならぬドライスーツ!
日本だとオホーツクの流氷ウォークくらいでしか着るチャンスないんじゃないすかね、水中に入っても体が水で触れないように全身を覆ったスーツ。
一応手首と顔だけが出てる状態になっております。

手首と顔回りをギュッと締めるドライスーツ。この時点では開いてる胸のジッパーを締めて完全防 水となる

手首と顔回りをギュッと締めるドライスーツ。この時点では開いてる胸のジッパーを締めて完全防水となる

ただこのドライスーツの締め付け感覚が、もう拘束レベル。雪中ハイキングでも着てた防寒ツナギの上に着用するんだけど、何故かオレの防寒ツナギだけフードの取り外しができないタイプでしてね。
オレだけ、そのフードを肩の裏に押し込んでドライスーツを着たんで肩回りのキツキツ感がハンパない! 
みなさん、ドライスーツの下に着る防寒つなぎは必ずフード取り外し可能モデルを選んでね!

さらにこのドライスーツの上にライフジャケットを着て、ヘルメットもかぶって川へと赴く。

一歩一歩川へと足を踏み入れる。もちろん防水なんだけど、ドライスーツを通して川の冷たさが感じられる。写真の奥の方を見れば判ると思うけど、なにしろ川の水も、流れの淀んでる所は氷結してますから

一歩一歩川へと足を踏み入れる。もちろん防水なんだけど、ドライスーツを通して川の冷たさが感じられる。写真の奥の方を見れば判ると思うけど、なにしろ川の水も、流れの淀んでる所は氷結してますから

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。