【不思議の国ブータン5】ブータンでもっとも重要な聖地、タクツァン僧院まで登ってみた | BE-PAL

【不思議の国ブータン5】ブータンでもっとも重要な聖地、タクツァン僧院まで登ってみた

2016.07.27

bhutan0501

パロの北東の山中にある、ブータンでももっとも重要な聖地の一つ、タクツァン僧院。チベットやブータンに仏教をもたらしたとされる伝説的な密教行者グル・リンポチェ(パドマサンバヴァ)は、かつて忿怒の姿で虎に乗ってこの地に飛来し、断崖絶壁にある洞窟で瞑想を行ったと伝えられています。「タク」は「虎」、「ツァン」は「隠れ家」という意味なのだそうです。

標高約3000メートルの場所にあるタクツァン僧院に行くには、山の麓から6、700メートルほどの高低差のあるトレイルを歩いて登る必要があります。さほど急峻な道ではないので、個人差はあると思いますが、高尾山に登れる程度の体力がある人なら大丈夫でしょう。

bhutan0502

タクツァン僧院まで自分の足で歩いて登る自信のない人は、途中にあるレストハウスまで馬に乗せてもらうこともできます。ブータンの馬たちはとても小柄なので、乗せてもらうにはちょっと気が引けるかも。

bhutan0503

森の中を歩いていると、一羽の鳥がまるで道案内をしてくれるように、行く手をぴょんぴょん跳ねながら飛んでいきました。

bhutan0504

山道をしばらく登っていて、ふと見上げると、たなびく雲の隙間に、ちらりと見えてきました……タクツァン僧院の姿が。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。