【写真家・角田明子さんに聞く:前編】まっさらなワクワク目線で楽しむチェンマイへの旅

2016.03.09

chiangmai0103

書籍や雑誌、航空会社の機内誌、広告など、さまざまな分野で活躍する写真家の角田明子さんは、2012年から『REGENBOGEN』(ドイツ語で「虹」の意味)という小さな旅の写真集シリーズを個人で制作・販売しています。その最新刊となるタイ・チェンマイ編の刊行を前に、角田さんが今回の写真集に込めた思いと、取材で訪れたタイ北部の街チェンマイでのエピソードについてお話を伺いました。

——『REGENBOGEN』は、どういうコンセプトの写真集シリーズなんでしょうか?

角田明子さん(以下角田):『REGENBOGEN』で提案しているのは、パッケージツアーではないけれど、バックパッカーの方々の旅でもない、でも現地の方々の暮らしや文化を肌で感じることのできる、スーツケースで行ける気軽な旅です。私自身、良い意味でミーハーな旅人でいようと思っていますし。初心で、常にワクワクしながら世界を見ていたいんです。もちろん、深く入り込まなければ見えないものもあるでしょうけど、まずは行ってみようよ、ガイドブックにはそんなに詳しく載ってなくても、こんなに素敵なところだよ、というのを伝えたいんです。

——最新刊で取り上げる場所として、タイ北部のチェンマイを選んだのは、どんな理由で?

角田:きっかけは、タイ北部の山岳民族が織った古布を使った財布と出会ったことでした。その財布は、チェンマイの郊外で、身寄りのない孤児たちとHIVに母子感染した子供たちが生活している孤児院「バーンロムサイ」のスタッフの方々が作って販売したものだったんです。その財布があまりにも素敵だったので……きっかけは物欲からです(笑)。使われていた古布も本当に素敵で、こんなに美しいものを作るのは、どんな人たちなんだろうと。私は基本的にハンドクラフトがすごく好きで、それは『REGENBOGEN』のテーマの一つでもあるので、いつかチェンマイに行ってみたいと以前から思っていました。これまでなかなか行く機会がなかったんですが、『REGENBOGEN』を一緒に作っているデザイナーさんや編集者さんと新しい号の打ち合わせをした時に「チェンマイに行きましょう!」と言ってもらって、それに後押しされる形で行くことを決めました。

——角田さんのお宅には、同じくカメラマンをお仕事にされているご主人や、お子さんたちもいらっしゃいますよね。一人で旅に出ていいかどうかは、家族会議とかで決めるんですか?

角田:ありますよ、家族会議。でも最近は、一年くらい前から少しずつ説得の準備をしますね。家族のスケジュール帳に「ここはお母さんはタイ」と入れたり、タイのガイドブックを本棚の見える場所に置いたり。そのガイドブックがやがて机の上に移動して、私がそれを読み込むシーンがあり……みたいにして、刷り込んでいくんです(笑)。でも最近は、どうせ行くんでしょ?という雰囲気になっている気がしますが(笑)。

——相当に用意周到ですね(笑)。チェンマイへは、何人で?

角田:今回はデザイナーさんと編集者さんと3人で旅をしました。チェンマイを拠点にして、4泊5日。お二人ともとても忙しい方ですが、デザイナーさんは特にこの時期のスケジュールがタイトなのにもかかわらず日にちを調整してくださって、ロイクラトンのお祭りを見るために2泊3日で参加してくれました。

chiangmai0102

——ロイクラトンというのは、毎年11月頃の満月の夜にタイの各地で、川にクラトンという灯籠を流したりする行事ですよね。チェンマイではその時期、メージョー大学の敷地内でコームローイという熱気球を一斉に空に放つ行事が、特に有名だと聞いたことがあります。

角田:そのコームローイを空に上げる行事への参加は、スケジュールが直前にしかわからない地元の人用と、1年くらい前から予定が出る旅行者用があって、旅行者用はチケット制なんですよ。当日、会場の大学に行ったら、民族衣装を着た学生さんたちが、ブースでいろんな民族や織物の紹介をしていたり、伝統的な料理や飲み物を出してくれたりしていて。手作り感があって、楽しかったです。ゆるキャラまでいたりして(笑)。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事