【ナイフ・刃物の基本】プロハンター・瀨戸祐介が使う自慢の「鍛造ナイフ」は、安物バールからの手作り! | BE-PAL - Part 2

【ナイフ・刃物の基本】プロハンター・瀨戸祐介が使う自慢の「鍛造ナイフ」は、安物バールからの手作り!

2016.12.03

上はシカの脛 けい 骨 こつ 製ナイフ。刺突に特化した使い方なら十分な性能。 シカ皮もよく剥げる。中央は黒曜石のナイフ。衝撃に弱い欠点はあ るが、切れ味は優秀な金属ナイフ並み。下はフリント製。

上はシカの脛骨製ナイフ。刺突に特化した使い方なら十分な性能。シカ皮もよく剥げる。中央は黒曜石のナイフ。衝撃に弱い欠点はあるが、切れ味は優秀な金属ナイフ並み。下はフリント製。

“原住民”に憧れてきた瀨戸さんは、仕事も暮らしも手づくり主義。くくり罠はホームセンターで部品を買って自作する。くくり罠にかかったシカやイノシシに近寄るときは危険が伴う。銃の免許も持つ人は射殺することが多いが、瀨戸さんはあえて棍棒を使う。

「野生と向き合っている感じがするんです。太古の人と感覚を共有したいというか。それに鉄砲の弾は安くない。使わずに済むならそれがいい」

罠猟に携行する道具。左は自作のくくり罠。獣 が足を踏み込んだ瞬間に輪が締まるしくみ。右は 粘りのあるイチイ材で作った棍棒。くくり罠にか かった獣を昏倒させるためのもの。「大きなイノ シシにはさすがに効きにくいので銃を使います」

罠猟に携行する道具。左は自作のくくり罠。獣が足を踏み込んだ瞬間に輪が締まるしくみ。右は粘りのあるイチイ材で作った棍棒。くくり罠にかかった獣を昏倒させるためのもの。「大きなイノシシにはさすがに効きにくいので銃を使います」

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 採集・ハンティング 』新着ユーザー投稿記事

『 採集・ハンティング 』新着ユーザー投稿写真

『 採集・ハンティング 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。