【ナイフ・刃物の基本】プロハンター・瀨戸祐介が使う自慢の「鍛造ナイフ」は、安物バールからの手作り! | キノコ・ハンティング 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 3
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キノコ・ハンティング

    2016.12.03

    【ナイフ・刃物の基本】プロハンター・瀨戸祐介が使う自慢の「鍛造ナイフ」は、安物バールからの手作り!

    毛皮もなめす。下はシカ皮。上はキツネの毛皮 の矢筒。弓はカシと水牛の角、腱を膠で貼り合わ せた。日本では弓矢による猟は禁止だが、弓矢の 機能を知ることも狩猟者の教養のひとつと考える。

    毛皮もなめす。下はシカ皮。上はキツネの毛皮の矢筒。弓はカシと水牛の角、腱を膠で貼り合わせた。日本では弓矢による猟は禁止だが、弓矢の機能を知ることも狩猟者の教養のひとつと考える。

    世界の民族が使った狩猟具を再現し、性能実験もしている。人間という動物が本来持っていた可能性を知りたい。瀨戸さんの心を衝き動かしているのは、そんな好奇心だ。

    「ガンストッククラブ」。アメリカ先住民が狩りや戦闘に使った道具。 で狩猟に使われた。銃床型の棍棒に刃が取り付けられている。頭骨に貫通させると大型のイノシシも一撃!

    「ガンストッククラブ」。アメリカ先住民が狩りや戦闘に使った道具。 で狩猟に使われた。銃床型の棍棒に刃が取り付けられている。頭骨に貫通させると大型のイノシシも一撃!

    扌投 とう 槍 そう 器。槍を乗せて振ると 強力な遠心力が働き、腕だけ で投げるよりもはるかに飛ぶ。 その発想の中には科学の原点 を見ることができる。オース トラリアをはじめ、世界各地 扌アメリカ先住民が狩りや戦闘に使った道具。 で狩猟に使われた。

    ウーメラ」という名の投槍器。槍を乗せて振ると強力な遠心力が働き、腕だけで投げるよりもはるかに飛ぶ。その発想の中には科学の原点 を見ることができる。オーストラリアをはじめ、世界各地 で狩猟に使われた。

     

    猪鹿庁(瀬戸さんが講師を務める狩猟学校)http://inoshika.jp/

     

    ◎構成/鹿熊 勤 撮影/大槗 弘

    NEW ARTICLES

    『 キノコ・ハンティング 』新着編集部記事

    梅雨から夏に出会える和製ポルチーニ「ヤマドリタケモドキ」の秘密

    2023.06.07

    オランダの国立公園に日本の牡蠣が自生していた!? おいしい恵みをいただく特別な体験

    2023.01.08

    松茸も見つかる!美味しいきのこを探しに行くアメリカの森のハイキング

    2022.10.29

    アルプスの森で見つけた、おいしいポルチーニ茸と散策の楽しみ

    2022.10.06

    ハイキング=食材探し!アラスカで山菜を採って食べてみた

    2022.06.15

    こんな生き方もあるのか…!ドキュメンタリー映画『Game Hawlker/鷹匠』トークイベントでわかった、鷹匠の日常

    2022.05.18

    鷹匠が大集合!ドキュメンタリー映画『Game Hawker/鷹匠』公開記念トークイベント

    2022.05.02

    罠猟とは?免許申請の流れから試験内容、注意点まで解説

    2021.12.29