プロに聞く 失敗しない天体望遠鏡選びのポイント3 | BE-PAL - Part 2

プロに聞く 失敗しない天体望遠鏡選びのポイント3

2015.07.17

■初心者でも簡単に観測を楽しめる天体望遠鏡の選び方

[ポイント1]
鏡筒は手入れしやすい屈折式を選ぼう

アイピース等光学系にあたる「鏡筒」は、メンテナンスのしやすい「屈折式」がおすすめ。使用中にレンズにホコリがついてしまったときも、筒先から吹き飛ばしてすぐに清掃ができる。

[ポイント2]
操作がしやすいのは経緯台式の架台

鏡筒を支える架台は、「経緯台式」が扱いやすい。鏡筒を上下左右、見たいところに自由に動かすことができる。視界のブレを防ぐために、なるべく頑丈な作りの架台を選ぶと、さらに観測しやすい。

[ポイント3]
倍率と口径の関係に気を付けよう

天体を見るときは、倍率(見たものの拡大率)と、対物レンズ(望遠鏡の前側にある大きなレンズ)の口径のバランスが大切。倍率の目安は、口径の2.5倍程度。大きすぎると像がぼやけてしまうので注意。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿写真

『 自然観察 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。