【田舎のヒット商品】 生産者に人気のヒミツを聞きました! 岡山県倉敷市「今吉商店」の花ござ | BE-PAL

【田舎のヒット商品】 生産者に人気のヒミツを聞きました! 岡山県倉敷市「今吉商店」の花ござ

2016.12.11

11-92-1近ごろ、民芸品を取り扱う店でよく見かけるのが、ござ。畳の部屋を持つ家が少なくなった日本において、夏場に床の上に敷いて涼をとるのに売れているそうだ。値段はピンキリだが、高級とされるのが岡山県倉敷市の名産品、「花ござ」。花など美しい文様を織り込んだござだ。

明治時代は、花ござが絹や綿などと並んで日本の5大輸出品といわれていた。イグサの産地である岡山県の繁栄ぶりは、「岡山」を表わす手話がイグサを織り込む様子を表現しているほど。今となっては、イグサ商品のニーズはぐっと減ってしまったが、それでも名品を生み出し続ける職人は残っている。

、畑で刈り取ったばかり のイグサの長さをそろえカット する。材料のていねいな準備こそが、いいイグサ製品の要となる。

畑で刈り取ったばかり のイグサの長さをそろえカット する。材料のていねいな準備こそが、いいイグサ製品の要となる。

11-92-5

木の板に三角状のコ マをはりつけ、独自の 「紋板」とよばれる模 様の設計図をつくる。 「青海波」「麻の葉」など 日本古典文様もある。

木の板に三角状のコマをはりつけ、独自の「紋板」とよばれる模様の設計図をつくる。「青海波」「麻の葉」など日本古典文様もある。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿写真

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。