2017.07.15

初めに持つべき刃物は、大ぶりの「シースナイフ」だ!

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

1本のナイフで、薪を小割りに裂き、魚をさばき、寝床を作る。便利なギアがないから、自分の頭で考え、いろいろと試行錯誤してみる。そうしていくことで、自然により深く入り込み、さまざまな知識を
得ていく。

ナイフ1本でアウトドア遊びを完結したとき、オーバーではなく、生き物としてひとつ強くなった感覚を得られるはずだ。

モノがあふれる今だからこそ、あえて便利なギアを手放して、1本のナイフを手にしてみる。いままでとはまったく別種の、充実したアウトドア時間を過ごすための鍵。それは1本のナイフなのだ。

初めて、ナイフを持つときお勧めなのは、「シースナイフ」だ。シースナイフとは、ナイフブレード(刃)とハンドルが一体構造になっているもの。そのため、頑丈な作りで、バランスよく握れて扱いやすいのが特徴で、ベルトに通せる「シース」(鞘)で携帯する。削る作業から、たたき切る、割るといった大きな力を加える作業まで、これ一本でこなせてしまう汎用性の高さが魅力。野遊びサバイバル術のいちばん基本の道具だ。

オススメのシースナイフ

ICカット/V金10号
ダマスカスシースナイフ

ブレードは、ステンレス鋼を重ねたダマスカス鋼。切れ味は鋭利で持続性もいい。切る、削るなどの軽作業から獲物の解体まで、幅広く活用できる。カリン材ハンドルは木目が個性的で、しっかり握れる形状だ。レザー製シース付属。
◎宗正刃物総本社 http://munemasa.co.jp/


サヤはベルトなどに通す
シース(鞘)という名前のとおり、使わないときは鞘に収納。取り付け位置は腰の真横。前に付けるとしゃがんだときに干渉するし、後ろに付けると座ったときに下敷きにしてしまうからだ。


●衝撃に強く、たわみにくいフラットグラインドを選べ!
シースナイフは可動部がないぶん、頑丈な作りになっている。汎用性の高さを重視するなら、ブレード断面がV字になっている「フラットグラインド」がおすすめ。ブレードに厚みがあるので、たわみにくく、衝撃にも強い。セレクトする際には、重心や握りやすさにも注意したい。

◎監修/荒井裕介 ◎イラスト/西田真魚 
◎構成/櫻井 卓、鶴田康男 撮影/高橋和幸

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket