ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2024.01.26

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    人気ブランド、ベアボーンズから、編集部イチ押しのアイテムをセレクト。ここでは包丁感覚でスムーズに切れるフィールドナイフをご紹介!

    刃長15㎝の手頃なサイズ。料理にもバトニングにも

    フィールドナイフ

    切りやすい、のせやすい幅広のブレード

    ベアボーンズの「No.6 フィールドナイフ2.0」は全長26.6cm、刃長15.2cm。シースナイフとしては一般的な大きさのナイフである。刃幅が3.5㎝とちょっと広めなのが特徴で、菜切包丁や三徳包丁とまではいかないものの、食材を均一な厚さに切りやすい。また、切った食材をその幅広の面にのせて鍋などに入れることができる。家庭の台所では無意識のうちにこの作業をやっているが、アウトドア用の幅の狭いフォールディングナイフだと、これができずにまごついてしまう。幅が広いということは、料理において大きなメリットといえる。

    リンゴを切る

    刃幅が広いので、まっすぐに切り下しやすい。菜切包丁と違って刃先がカーブしているので、肉を切ったり魚をさばいたりする作業にも向いている。親指がかかる場所には溝が切ってあり、滑らないようになっている。

    フルタングなのでバトニングの薪割りにも

    刃厚は3mm。刃が薄いほうが野菜の繊維をつぶさずに切ったり、肉を薄切りにしたりできるから(三徳包丁は1.8~2mmくらい)、料理では薄いほうが使いやすいが、フィールドナイフとして木を削ったりすることを考えると、ある程度の厚さがあったほうがいい(鉈は5mm前後)。3mmというのは、スムーズに料理ができて、木の加工をしても刃こぼれしない、というちょうどよいところを狙った絶妙の厚さといえる。また、このナイフはフルタング構造なので、少々の打撃にも耐えられるように作られている。杉の薪をバトニングで小割りにしてみたが、問題なく割ることができた。

    背から

    ブレードの素材がハンドルの末端まで貫通しているフルタング構造。

    薪割り

    バトニングでの薪割り。細く割って焚き付けが作れる。ブレードの素材は硬度にすぐれた高炭素鋼。

    削る

    手頃なサイズ、重さ(318g)なので、小刀を使う要領で親指で押して削ることができる。

    珍しいキャンバス製、クリップ付きのケース

    最後にデザイン面にも注目してみよう。ハンドルはぬくもりを感じさせる天然木(ウォールナット)。ケースは革でも樹脂でもなくキャンバス製なので、大げさな感じがせず、腰に下げたときにウェアとよくなじむ。ケースの裏にはクリップが付いているので、ベルトなしのズボンにも装着でき、この工夫もありがたい。

    ケース

    温かみのあるウォールナットハンドルとキャンバス&革のケース。ナイフのハンドルを革ベルトで固定できる。ケースはワックスを塗っているので撥水性がある。

    ケース裏

    ケース裏のクリップ。

    ※この商品は[通販サイト]「小学館百貨店」から購入できます。

    No.6 フィールドナイフ2.0/ベアボーンズ 11,000円(税込み)
    https://lifetunes-mall.jp/shop/g/gA55402007/

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12

    ノルウェーの「ヘレナイフ」からアウトドアシェフナイフ登場!鋭い切れ味と洗練されたデザインに感動

    2023.12.26