ランタン特集!編集部おすすめの逸品

2018.11.12

キャンプの夜を灯すランタン。ガスやキャンドル、LEDなど、さまざな種類がありますが、アウトドアメーカーの製品ならば、どれも雰囲気たっぷり、使い勝手バッチリです。ビンテージランタンが存在するような定番ものを選ぶもよし、長時間使用が魅力の新製品を選ぶもよし。自分の使い方に合ったものを選びましょう。

LEDランタン

明るさ重視のものや、ムード重視のものなど、個性豊かなLEDランタンが数多く登場しています。ランタンの灯りも暖色系のものが多く、キャンプでの雰囲気もバッチリです。

スノーピーク(snow peak)

ほおずき(Hozuki)

風が吹くとロウソクの炎のように明かりがゆらぐ「ゆらぎモード」と、周囲が静かになると自動的に薄明かりになる「おやすみモード」を搭載。●サイズ:直径10.7×8.7cm ●重量:165g(電池別) ●明るさ:100lm ●電源:単3形アルカリ乾電池×3本 ●耐水性:IPX4v

 

ガスランタン

スノーピークのリトルランプ ノクターンや、コールマンのルミエールランタンが人気です。燃料はアウトドアガス缶を利用するのでお手軽かつ簡単。マントルの必用がないのも魅力です。

スノーピーク(snow peak)

リトルランプ ノクターン(Little Lamp Nocturne)

小さな炎を愛でながら夜の帳を楽しむ。1時間7gのガスで灯りがともる高効率ランプ。煙突効果でスムーズに着火でき、操作性にもすぐれる。小さな炎ながら、テーブル上を照らすには十分。落ち着いた夜のひと時に。


コールマン(Coleman)

ルミエールランタン

やわらかな明かりの、元祖キャンドル風ガスランタン。マントル不要で初心者にも扱いやすい。ホヤに模様が入ったインディゴレーベルバージョンも。

オイルランタン

燃料に灯油を利用するもの。ケロシンランタンとも呼ばれます。ホワイトガソリンよりも安く済むのでコスパが良好です。古くからの定番のランタンなので、ビンテージ製品も多々出回っています。

ペトロマックス(Petromax)

HK500

ケロシンランタンのなかでもっとも明るいランタンのひとつ。200以上の細かなパーツから構成されたデザインは秀逸で、世界中に愛好家が多い。

キャンドルランタン

キャンドル式のランタンは、ゆらめぐ炎でリラックス効果が期待できます。明るさは他のランタンよりかは劣りますが、モード演出にはもってこいです。

ペガサスキャンドル

ブリキランタン「角」

レトロな雰囲気を醸し出すデザインとブリキ素材が印象的。キャンプの夜をムーディに演出してくれること間違いナシのランタンだ。●サイズ=10×10×高さ17cm


ユーコ(UCO)

キャンドルランタンキット

バックパッカーの夜の友──ともいえる、コンパクトな大定番モデル。明かりを拡散するリフレクターと緩衝素材製専用ケース付き。●サイズ:使用時/直径5×16.5cm、収納時/直径5×10.6cm ●総重量:240g

 

関連記事

キャンプ、車中泊の必需品!「ランタン」のおすすめ厳選6モデル

アウトドア道具を一生モノに!古いランタンを「自分仕様」に育ててみませんか?

キャンプの達人に聞いた夜キャンプ用ランタン「お気に入り6」

古い道具を「自分仕様」で楽しむ!スイス軍払下げのランタン【竹村吉史さん編】

ビーパルが選んだ“家でも使える”アウトドアランタン3選

軽量、防水、コンパクトなソーラー充電式ランタンに注目!

古いランタンを「自分仕様」に育ててみませんか?「DILL eat,life.」山戸浩介さん編

ゆらめく明かりの心地よさ。ドイツの名品『フュアハンドランタン』に火を灯してみました!

キャンプ、車中泊に必携! MADE IN USAの「攻殻機動隊」形ランタン。

お花見や、フェスやキャンプで活躍!?「8色に変色するソーラーランタン」が素敵すぎる!

【モーションセンサー搭載】クルッと回せば調光できる!近未来型ランタン降臨

優しい「灯り」と美しい「音楽」の融合! 音楽が聴けるポータブルランタンに一目惚れ

山下穂尊のカイモノガカリ・ビンテージランタンの魔境、ビブラントに潜入!

心を奪い去ったのはピッグだった……!? 山下穂尊のカイモノガカリ・ビブラント【後編】

キャンプにも、お風呂タイムにも良し! 画期的なLEDランタン「ソーラーパフ」。

伸びる頭と動く脚。変幻自在!コンパクトランタン

夜のキャンプを楽しくするためのコツとは?

防災グッズとしても大活躍! 膨らんで水に浮かぶランタン

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿写真

『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』