夜のキャンプを楽しくするためのコツとは?

2015.07.17

夜のキャンプを楽しくするためのコツ、それはひとつの灯りだけではなく、いろんな色の灯りを組み合わせて全体を包むこと。

アウトドアのセレクトショップ「バンブーシュート」店長の甲斐一彦さんは、
「灯油、ガスなどさまざまなタイプをバランスよく配置。仲間とキャンプに行くときには、ひとりが何個も持っていくよりもみんなで持ち寄ったほうが味のあるサイトに」と言う。

明るすぎない小さな灯りを選ぶのがリラックス空間をつくるのにオススメだそうだ。

 

灯り
コールマン/ルミエールランタン

¥5,000
マントル不要のキャンドル風ランタン。「テーブルの上でゆらゆらと揺れる炎がいい雰囲気で、お気に入りです」(甲斐さん)。230gのカートリッジで約28~38時間燃焼可能。

 

灯り
ロゴス/メイプルデコレーションライトWP
¥3,280
10個のメイプルリーフが暖色に光る。長さは約620㎝あり、小さいタープならグルっと囲んで飾れる。テントの目印にもなるので便利だ。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプの知識・テクニック 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプの知識・テクニック 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプの知識・テクニック 』新着編集部記事

おすすめ記事