キャンプ料理はおいしく簡単に!時短フルコースを召し上がれ | BE-PAL

キャンプ料理はおいしく簡単に!時短フルコースを召し上がれ

2020.09.03

フードコーディネーター華表(といり)由夏さんに、おいしいけれど手軽にできる「時短キャンプ料理」を教えていただきました。ポイントは、下ごしらえと食材選びに工夫あり!

すし酢で簡単ピクルス


【家での仕込み】15分

【現地での調理時間】1分

漬け液の配合が不要のピクルスは、失敗なく野菜をおいしく食べられるそう。

材料

生のまま食べられる野菜…適量
市販のすし酢…適量

作り方

1.野菜をひと口大に切り、ザルに入れ全体に熱湯をかける。

2.表面が温かいうちに容器に入れ、すし酢を野菜が浸るくらいまで入れる。前日の夜か、当日の朝作っておけば現地到着後すぐに食べられる。

時短IDEA

保存容器は密閉性の保存袋でもOK。瓶ならそのまま食卓に出せるし、袋ならすし酢の量が少なくて済む。日持ちするのもうれしい。

のび〜るマッシュポテト アリゴ


【現地での調理時間】3分

フランスの郷土料理アリゴ。粘り気のある食感がSNSなどで人気です!

材料

熱湯…120㏄
牛乳…120㏄
乾燥ポテトフレーク…40g
塩…ひとつまみ(1g)
ピザ用チーズ…50g
ガーリックパウダー(お好みで)…適量

作り方

1.熱湯と牛乳を入れた鍋にポテトフレークと塩を入れ、混ぜる。

2.チーズとガーリックパウダーを加え、弱火にかけてチーズが溶け、全体になじんだら完成。

マッシュポテトとチーズを練り上げたシンプルな料理。チーズを加えるたびに伸びるのが面白い。チーズが溶けたら熱いうちにどうぞ!

時短食材

乾燥ポテトを使って、ジャガイモの下茹で時間を短縮。SNS上で話題になっている、「じゃがりこ」を使うのも手(!?)。

あまったアリゴでたらこパングラタン

【現地での調理時間】10分

トロ〜リとろけたアツアツを、ハフハフしながらいただく。なんとも幸せ気分です。

材料

アリゴ、牛乳、パン、チーズ…適量
たらこパスタソース…1~2袋
あればトッピング用にのり…適量

作り方

1.スキレットにあまったアリゴを入れ、牛乳でのばす。

2.パスタソースを加え混ぜてから、パンとチーズをのせて蓋をし、上火と下火で焼いていく。ぐつぐつしてきたら完成。

 

味つけは市販のパスタソースで手早く。今回はたらこ味を使用。たらこの塩っ気が絶妙にマッチ。大人には明太子味もおすすめ。

薄切り肉の簡単ベーコン


【家での仕込み】10分

【現地での調理時間】20分

憧れの燻製はまずは薄切り肉と百均グッズでお試し。スモーキーな香りにハマること必至。

材料

豚肉(厚み1センチくらいのもの)…好きなだけ
塩…豚肉の1.5%

下ごしらえ

豚肉の水気をキッチンペーパーで拭き、塩を全体にすり込む。脱水シートで挟み冷蔵庫へ入れ、ひと晩ねかす。

作り方

1.下側になるアルミ皿にアルミホイルを敷く。チップを一面に敷き、焼き網をセットする(網に脚がない場合はアルミホイルを丸めて網の下、四隅に置く)。

2.豚肉をのせアルミ皿で蓋をし、飛ばないように重しをのせて火にかける。

肉を並べたら、フタ代わりに容器と同じアルミ皿をかぶせ、重石を乗せて火にかける。

3.煙が出てから15分ほどでようすを見て、良い色になっていたら完成。少し置いておくと香りが落ち着いて美味しくなる。豚の脂が落ちて、火があがってしまうときにはチップの上にアルミホイルをフワッとかぶせるといい。

良い色になったら完成。グラニュー糖を適量入れておくと、色のつきがよくなる。美味しくできたら、次は本格燻製に挑戦だ!

時短IDEA

燻煙にかけるときは食材の表面をよく乾かしてからだが、前日から脱水シートに挟んでおくとその工程がカットできる。

甘辛煮込みのスペアリブ


【家での仕込み】15分

【現地での調理時間】70分

下ごしらえしてくれば、あとはダッチに放り込むだけ。コッテリ和風味はごはんが何杯でもいける!

材料

スペアリブ…1㎏
玉ネギ…2個
ニンニク…6片
ショウガ…2かけ
ウスターソース…200㏄
酢…100㏄
しょう油…50cc
ケチャップ…大さじ3
あれば濃縮トマトペースト…1袋(大さじ1)
砂糖…大さじ1

下ごしらえ

1.スペアリブはキッチンペーパーで水気を拭く。

2.スペアリブ以外のすべての材料をミキサーまたはフードプロセッサーにかける(量が多ければ半分ずつにしてあふれないように)。

3.保存袋にスペアリブ、2.を入れて冷蔵庫でひと晩ねかせる。

作り方

1.ダッチオーブンに漬け汁ごとスペアリブを入れる。

2.中火で熱し鍋全体が温まったら弱火にし30分、火からおろし30分蓋をしたまま置いて完成。火が強すぎると焦げるので注意!

弱火でじっくり煮込んだあとは、しばらくおいて落ち着かせる。分厚い肉は直火で焼くよりも煮込みにすると、ビギナーでも失敗しない。

時短IDEA

肉や魚介は家で漬け込んで下味をつけておくと、すぐに調理にかかれる。野菜も切って持参すると楽。

お手軽カレーディップでワンランクアップ


【現地での調理時間】7分

手軽なコンビニ食材も、炭火で焼くだけで香ばしくなる。人気のカレー缶をディップ代わりに。

材料

焼き鳥…適量
ソーセージ…適量
カレーの缶詰(お好みで)

作り方

1.網の上にカレー缶、焼き鳥、ソーセージを並べ温める。

2.カレーが温まったら付けながら食べる。

手羽先の冷凍ピラフ詰め焼き


【家での仕込み】30分

【現地での調理時間】15分

丸鶏は敷居が高いが、手羽先は気軽にできるうえ、食べやすいのも魅力!

材料

手羽先…10本
冷凍ピラフやチャーハン…適量
青ネギ…適量
塩…適量(手羽先の量の1%くらい)

下ごしらえ

1.まずは手羽先の骨を抜く。手羽先を両手で持ち半分に折る。細い骨と太い骨の間にはさみを入れてから、それぞれの骨に沿ってはさみで肉をはがす。根元まで近づいたら手で折るように引っ張ると骨がはずれる。

ひっくり返しながら弱火でじっくり焼く。炭火の火加減が難しいようなら、スキレットで焼いても問題なし!

2.中に冷凍ピラフを入れ、爪楊枝で閉じる。刻んだ青ネギを入れる場合は塩を少量(分量外)振るといい。

作り方

表面に塩を振り、こんがりと焼き上げる。網、スキレットどちらでもよいが、火が強すぎると表面だけ焦げて生焼けになってしまうので、弱火でじっくりと焼くこと。

時短食材

生米よりも早く火が通るので、お肉が小さいときは便利。チキンライスやチャーハン、野菜など、いろいろ試してみよう。

アボカドのせグリーンカレーライス


【現地での調理時間】10分

ピリッと辛味の効いた本格グリーンカレー。アボカドのせでマイルドなお味になります。

材料(4人分)

ココナッツクリーム…1パック(200g) 
グリーンカレーペースト…1袋(50g)
パームシュガーまたは砂糖…大さじ3(30g)
豚挽き肉…400g
生クリーム…100㏄
ナンプラー…大さじ3
水…450㏄
アボカド…2つ
お好みでフライドオニオン

作り方

1.ココナッツクリームのパックを振らずに開け、上側にあるクリーム部分のみを鍋に入れ1分ほ
ど弱火で焦げないように炒める。

2.グリーンカレーペーストを加え香りが出るまでさらに炒め、砂糖を加え茶色く色づくまで炒める。

3.豚挽き肉を入れ、全体に火が通ったら生クリーム、ナンプラー、水を加える。温まったら完成。アボカドを半分に割り、ドンッと盛り付ける。

お肉は挽き肉を使うと、煮込み時間がいらないので時短になる。砂糖はお肉より先に炒めることでカラメル状になりコクが出る。

時短食材

市販のペースト使いでスパイス作りをカット。ココナッツミルクの代わりにクリームを使うと簡単にコクが出る。

あさりと海老のパスタパエリア

【現地での調理時間】15分

スキレットに材料を並べて火にかけるだけ。パリパリのパスタの食感がクセになる〜!

材料(2人分)

オリーブオイル…大さじ2
ニンニク…1片(みじん切りにする)
ショートパスタ(フィリッジ)…200g
トマト中…1個(1センチくらいの角切りにしておく)
あさり中サイズ…約10個(100gくらい、塩抜きしておく)
赤海老…6尾(ひげをはさみで切り水洗いしておく)
白ワイン…50cc(水で代用可)
水…250㏄くらい
塩…適量(ひとつまみくらい)

作り方

1.スキレットにオリーブオイル、ニンニク、ショートパスタ、トマト、あさり、赤海老の順でのせる。

パスタを敷き、具材を上に並べるだけ。放射線状にエビを配置すると見た目も美しい。冷凍赤エビならコスト削減できる。

2.白ワインを入れ、水をショートパスタが浸るくらいまで入れる。

3.蓋をして、強火にかける。沸騰したら中火にして5分くらいで蓋を取る。この時点で味が薄かったら、鍋のふちから水部分に塩を足す。

4.水分が飛んだらでき上がり。水を飛ばしているときにオイルを足し、底の部分のパスタを少しパリパリさせると美味しい。大体パスタのゆで時間+1、2分で完成。

時短食材

お米の代わりにショートパスタを使うことで炒め時間を短縮。ひと手間増えるがスパゲッティを折って使う手もあり。

翌朝アレンジメニュー
魚介出汁たっぷりの即席スープ

【現地での調理時間】3分

パスタ入りでボリュームがあり、朝食にピッタリ。野菜を加えれば栄養バランスも◎

材料

残ったパエリアの具

ベーコンや野菜…適量

作り方

1.材料をすべて鍋に入れ、火にかける。

2.コンソメや塩で味付けをすれば完成。

冷凍フルーツの果実酒

【家での仕込み】3分

【現地での調理時間】0分

材料

好きな冷凍フルーツ…適量
ワインやウイスキー…適量
※子供が飲むときは炭酸飲料などで代用

作り方

水筒や保存剤に凍ったままのフルーツを入れて、お酒を注ぐ。ひと晩おいたら完成。好みで砂糖を入れても美味しい。

時短IDEA

ひと晩漬け込むこだけで、香り豊かな果実酒に変身。フルーツポンチ風にその場で炭酸飲料を入れれば子供も喜ぶデザートになる。

教えてくれたのは…
フードコーディネーター/華表由夏さん

郷土料理を出すお店を営んだあと、飲食店のメニュー監修やレシピ開発に携わる。子供向けの料理教室も開催。BE-PAL.NETで毎週キャンプ料理の新作を公開中!

※構成/大石裕美 撮影/中村文隆

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。