スキレットで作る「発酵いらずのしらすピザ」

2019.04.07

季節ごとの食をdelivery華表由夏の子どもと作るキャンプ料理「発酵いらずのしらすピザ」

ピザはみんなで作って楽しめる、キャンプ料理の代表的なメニューのひとつです。

生地をこねたりオーブンで焼いたりと、ハードルが高いイメージですが、意外に簡単!

パンのように膨らまなくてもいいので、必ずしも生地を発酵させる必要はないし、オーブンがなくてもフライパンやスキレットひとつあれば作れます。

子供にとってピザは作るのも食べるのも大好物!  野外でなら粉だらけになってもへっちゃらですよね(!?)。

強力粉、薄力粉どちらかだけでもできますが、今回はモチモチかつこねやすい生地にするために両方使いました。

薄力粉のみだと手につきやすいので、子供と作るときには強力粉を混ぜて使うのがおすすめ(強力粉のみだと弾力性が強くのばしにくくなるので要注意)。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

材料

薄力粉 50g
強力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1/2(3g)
塩 ふたつまみ(2g)
砂糖 小さじ1
オリーブオイル 大さじ1
ぬるま湯 75cc(水45cc+熱湯30cc)
マヨネーズ 適量
しらす 50g
ピザ用チーズ 好きなだけ
青ネギ 適量

作り方

ポリ袋に強力粉・薄力粉・バーキングパウダーを入れ、空気を含ませて軽く振ったら、ぬるま湯を加える。

塩・砂糖・オリーブオイルを加える。

袋の上からよくこねる。最初はべたつくが、5分くらいこねるとだんだんまとまってくる。途中から袋から出してこねてもよい。

生地がまとまってきたら、クッキングシートを敷いたスキレットに生地を取り出し、縁までのばす。弱火で焼き、焼き色がついたらひっくり返す。

上面にマヨネーズを塗り、シラス、チーズの順にのせて弱火でさらに焼き、火が通ったら完成。

お好みで青ねぎやのりをトッピングして召し上がれ。

市販のピザソースとチーズでもOK。火が強いと焦げやすいので気をつけて。

生地作りのポイントは、ぬるま湯! 手でさわれる40℃くらいが理想です。

水3:熱湯2で混ぜると簡単にできますよ。ぬるま湯の代わりに牛乳でもOKです。



華表由夏(とりい ゆか)

青森生まれ、東京育ちの35歳。地図好きがこうじて世界の郷土料理を出すお店を営む。その後、飲食店のメニュー監修やレシピ開発、料理教室などに携わる。『こどもDIY部』で子ども向けの教えない料理教室“タベルノクラス”を開催している。

撮影/西山輝彦

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事