なぜ、旅時計といえば「プロトレック」なのか?

撮影/斉藤正史

  • 撮影/斉藤正史
  • リストバンドが2種、標準装備。ゴムの替えバンドは、厚手なアウターの上からでも装着できる。
  • 16方位をグラフィック表示してくれる。角度はもちろん360度!
  • 気圧計。「気圧傾向インフォメーションアラーム」が付いていて、気圧急降下も教えてくれるからにわか雨対策もバッチリ。
  • 登山やバックカントリースキーやスノーボードの行動に便利な標高計測
  • 世界48都市の時刻を表示

アウトドアにはやっぱり、アウトドアウォッチがいちばん!

 

中途半端なアウトドアウォッチなんていらない。

ガチな時計がほしいんだというアナタには〈CASIO〉の〈PRO TREK〉

山や川に行かなくたって、ピクニックやキャンプでも自然と向き合っていきたい。

陽の光や風を肌に感じながら「晴れてくるかも」とか、

古傷のヒザが痛むから「低気圧接近中」なんてわかる人はいいけど、

僕はすべてテクノロジーの力に頼っちゃう(笑)

さあ、機能を見ていこう。

 

 

天気予報によると、午後から北風が吹くそうだ。どれどれ、北はどっちかな。それによってタープの向きを考えよう。だから方位が重要なんだ。16方位をグラフィック表示してくれる。角度はもちろん360度!

 

 

気圧を測ってみたら「1003ヘクトパスカル」だったので、とりあえず雨は降らなそう。雨具や防水関係は出さなくていいね。しかも「気圧傾向インフォメーションアラーム」が付いていて、気圧急降下も教えてくれるからにわか雨対策もバッチリ。

 

このキャンプ場は標高82メートル。知らないうちに車で上ってきたんだな。歩いた軌跡の標高を記録できるので、山登りのときに便利。計測範囲は-700メートルから10,000メートルなので、世界中の山は大丈夫。大気圏外に出るときにも測れる!?

 

 

そうだ、ニューヨークの友だちにメールしなくては! ニューヨークはいま、8:42。朝食でも食べている頃かな。こちらはベーコン焼いてるよ。世界48都市の時刻を表示してくれるからワールドワイドなアウトドアマンにオススメ。

 

 

 

秋冬で一番の問題点は、時計にスムーズにアクセスできないこと。せっかく高機能のプロトレックをしているのに、すぐに標高や気温を調べられないなんて意味がない。でも、ゴムの替えバンドを装備しているコイツは、厚手アウターの上からでも装着できる。

 

 

偶然にも、この日の撮影は2人も「プロトレック」をプライベートで使用中。新旧揃い踏み!

 

CASIO|プロトレックPRW-3100G-3JR