イスラーム教徒の街カルギルから、ザンスカールを目指す | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • イスラーム教徒の街カルギルから、ザンスカールを目指す

    2018.01.24 インドラダック山本高樹

    ラダック・ザンスカールの旅4

    ラダックの西の果て、インドとパキスタンの間の停戦ラインからわずか10キロほどの場所に、カルギルという大きな街があります。ラダックの中心地レーからは約250キロ離れているこの街の一帯に暮らす人々は、ほぼ全員、イスラーム教徒です。

    カルギルの街の中心部、メイン・バザールを歩いてみると、ラダックのレーとはかなり雰囲気が違うのがわかります。のんびりおおらかな雰囲気ではあるのですが、ほんのちょっと、目には見えない緊張感のような気配が漂っているというか。それは、パキスタンとの停戦ラインにほど近い街ならではの気配なのでしょう。1999年のカルギル紛争の折には、この街にも砲弾が飛んできたのだとか。それほど遠い昔の話でもありません。

    街の空き地に連なる露店街で、荷車の上で串焼きのケバブを売っていた男性。僕がカメラを手に眺めていると、「撮るか?」とドヤ顔でポーズをキメてくれました(笑)。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    インドの旅・最終回~喧騒の首都デリーで名店めぐり

    2022.12.10

    ファミリーでヨット世界一周の旅~サステナブルな楽園、サンタカタリナ島を訪れて~

    2022.12.09

    自転車女子1人旅は続く。野宿のちモーテル泊。タイのジャンクフードを満喫し国境を越えてカンボジアへ

    2022.12.09

    キナウルの中心地レコン・ピオから、かつての夏の首都シムラーへ

    2022.12.03

    チベット文化圏スピティの村で遭遇した、収穫祭と神託の儀式

    2022.11.29

    知られざるインドのチベット文化圏、スピティへ

    2022.11.24