釣り糸「PEライン」って何? メリット・デメリットと使用上の注意を解説 | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海・川・カヌー・釣り

    2024.05.19

    釣り糸「PEライン」って何? メリット・デメリットと使用上の注意を解説

    釣り糸の進化は釣りそのものの進化と言え、その影響力は竿やリール以上と言っても過言ではありません。特に、PEラインがもたらしてくれた恩恵は計り知れず、PEラインの登場により、ルアーフィッシングは飛躍的に進化しました。

    この記事では、PEラインの魅力と、使用する上での注意点を解説します。

    PEラインとは?

    ナイロンラインとPEラインの拡大写真

    ナイロンラインとPEラインの比較。

    PEラインとは、ポリエチレン製の糸を複数本撚って(よって)作られた釣り糸です。

    2024年現在では糸を4本または8本撚ったものが主流で、一部ハイグレード品に12本撚りがラインナップされています。

    糸の本数が多いほど断面が真円に近くなり、また直線強度が増す特徴があります。

    代用の効かない魅力

    PEラインが持つたった2つの魅力が、釣りを大きく進化させたといっていいでしょう。

    今回は、最も標準的であらゆる釣りに使用されるナイロンラインと比較した際のメリットを紹介します。

    伸び率の少なさによる絶大な感度

    伸び率とは、ラインを引っ張って、切れる瞬間にラインがどれほど伸びていたかを示す割合です。

    また、ルアーを動かすといった負荷のかからない場面でもラインが伸び縮みをしやすいかどうかを、伸び率は示してくれます。

    ナイロンラインを引っ張り、伸ばしてみたところ

    ナイロンラインは手で引っ張るだけで伸び縮みすることが分かります。

    ナイロンラインの伸び率は、30%前後です。

    PEラインの伸び率は4%前後なので、ナイロンラインと比べると「桁違いに伸びない」と言えます。

    糸電話を想像してください。てください。伸びやすい糸よりも張っている硬い糸の方が、音の伝達はいいですよね?

    これと同様に、伸び率の少ないPEラインは非常に感度が良くなり、水中の情報が手元によく伝わります。

    これにより、数十メートルも遠方のルアーの動作や、魚のわずかなルアーへの反応を感知できるようになります。

    釣果への影響はもちろん、感度は釣りそのものを面白くしてくれる要素となっています。

    極めて高い直線強度

    直線強度は、ラインに結び目がない状態で引っ張り、どのくらいの負荷で破断するかを示します。

    同じ強度のPEラインとナイロンラインの比較写真

    PEライン0.6号(左)と、ナイロンライン3.5号(右)、同等の直線強度です。

    なんと、PEラインの直線強度はナイロンラインの3~6倍にもなります。

    これは見方を変えれば、同じ強度のラインにおいては、PEラインの方が圧倒的に細いラインを使用できるということになります。

    ラインを細くするとキャスト(ルアーを投げた)時にラインが受ける風の抵抗が減り、ガイド(竿に取り付けられたラインが通るリング)の抜けも良くなり、結果飛距離が大きく向上します。

    PEラインが登場した現在では、ルアーによっては100m以上も遠投できるようになり、ナイロンラインでは釣れなかった魚を釣ることができるようになりました。

    実はデメリットも……

    擦れに弱い

    PEラインの原糸の拡大写真

    擦れると極細の糸があっという間に切れてしまいます。

    魚とのやり取りで、水中の岩などにラインが擦れたとします。

    ナイロンラインでは「ある程度摩耗しながらも切れずに耐える」という場面でも、PEラインの場合は擦れるとほぼ同時に破断してしまいます。

    繊維の集合体であるPEラインは、擦れると細い繊維の1本1本が瞬く間に切れてしまうのです。

    著しく弱い結束強度

    ルアーに直結されたPEライン

    このようにPEラインを直接ルアーなどに結ぶのはご法度とされています。

    結束強度は、ラインを結んだ状態で引っ張り、結び目がどのくらいの負荷で切れるかを示します。

    直線強度に優れたPEラインですが、実は結び目を作ると簡単に切れてしまいます。

    PEラインの結束強度は、ナイロンラインのおよそ50%ほど。簡単に言えば、ルアーなどをPEラインで結ぶと、強度は半分以下に低下してしまうことになります。

    デメリットを補うショックリーダー

    フロロカーボン製とナイロン製のショックリーダーと

    ショックリーダー

    代用の効かない大きなメリットのあるPEラインですが、一方で上記のデメリットは釣りをする上では致命的と言えます。

    しかし、そのデメリットは緩衝用のラインであるショックリーダーを使用することによって補うことができます。

    ショックリーダーの長さの例

    ナイロン製、または耐摩耗性に優れるとされるフロロカーボン製が主流。PEラインの先端部に1mほど結びつけて使用します。

    PEラインに代わってショックリーダーをルアーと結ぶことで結束強度を補い、結んだ長さの分だけ岩などへの擦れに備えることができます。

    PEラインとショックリーダーのノット(結び方)は数えきれないほど考案されてきましたが、今回はその中のひとつを紹介します。

    10秒ノット

    「10秒で結べる」というと少し大げさですが、比較的簡単に結ぶことのできるノットが「10秒ノット」です。

    写真では、見やすいように毛糸などで代用して解説します。

    ショックリーダーとPEラインに見立てた太線

    ショックリーダー(白)、PEライン(赤)。

    ループを作ったショックリーダー(白)に、折り返したPEライン(赤)を添えます。

    ショックリーダーにPEラインを巻き付ける

    巻き付け部同士が重ならいように気を付ける。

    PEラインを、ショックリーダーに10回程度巻き付けます。

    この巻き付け部の摩擦力が、結束強度を発揮します。

    巻き付け部が重なると「結び目ができた状態」となり、強度が弱くなってしまうので気を付けましょう。

    ショックリーダーのループにPEラインを通す

    巻き付けがほどけないように注意。

    ショックリーダーのループにPEラインを通します。

    各ラインを引っ張り締め付ける

    PEラインは2本同時に引っ張ります。

    PEラインとショックリーダーを引っ張り、締め付けます。

    ハーフヒッチを5回ほど繰り返す

    ハーフヒッチ。

    ハーフヒッチ(ひと結び)を5回ほど繰り返します。

    あくまで結束の強度を発揮するのは巻き付けたPEラインで、このハーフヒッチは巻き付け部がほどけないための補強です。

    ハーフヒッチを施すPEライン本線は直線になっていて、結び目はできていないことがミソです。

    余分を切って完了

    余分を切る。

    仕上げに余分なラインを切って完了です。

    実際にPEラインを使用した際の結び目

    実際のPEラインの結び目。

    実際のラインで結んでみると上の写真のような感じになります。

    メリットの多いPEライン、使ってみよう!

    PEラインは初心者の方にとっては少し難しく感じるかもしれませんが、他のラインでは代用の効かない魅力があります。

    より優れた道具を使用することは、初心者にとってステップアップの近道です。ぜひお試しください。

    https://www.bepal.net/wp-content/uploads/2024/02/KIMG1184_0216100208.png
    私が書きました!
    釣りの探究者
    志田 こうたろう
    30代、2児の子育て中の釣り大好きパパ。 幼少から釣りに触れていたものの、”趣味としての釣り”をするようになってからは10年を越えたところ。 子どもたちの成長と共に少なくなる一方の釣行を、可能な限り有意義なものにしようと奮闘中。 シーバス、ライトソルト、渓流・本流トラウトなどのルアーフィッシングを楽しみ、夏は特に好きな鮎の友釣りで川に入り浸る。
    Youtubeチャンネルあります。

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    渓流ルアーの注目株!スミス「D-コンタクト」の魅力とは?

    2024.06.13

    キビナゴの大産卵を見つけた!海中が真っ白な雲に包まれる…?

    2024.06.12

    釣った魚を美味しく食べるために、鮮度を保って保存・持ち帰る3つの方法

    2024.06.06

    初心者にもわかりやすいルアースナップの種類、選び方を解説。意外なメリットもあり!

    2024.06.02

    タモ網、フィッシュグリップ…釣り初心者必携のランディングツール3選

    2024.05.24

    1万円以下でそろえる!イカ釣りの基本と仕掛けなどのおすすめギア

    2024.05.16

    釣りで大切な「リールに巻くラインの適正量」って? 下巻きを実践してトラブルを減らそう

    2024.05.14

    日本の折り紙から発想された、話題の折りたたみ式カヤックがUPIで買えるぞ!

    2024.05.08