スクリーンタープおすすめ4選|人気モデルを厳選!選び方のポイントも解説 | タープ・シェルター 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    タープ・シェルター

    2024.03.23

    スクリーンタープおすすめ4選|人気モデルを厳選!選び方のポイントも解説

    スクリーンタープは、屋根部分だけでなくサイドにも壁が付く。雨風のほか、夏場の日差しや虫、冬の寒さなどを防いでくれ、年中活躍する便利なギアだ。ほかのアイテムを併用して寝転ぶこともでき、中にはテントと連結できるものも。そんなスクリーンタープのおすすめモデルを、人気アウトドアブランドから厳選。同じような使い方ができるシェルターもあわせてチェックしよう。

    スクリーンタープの特徴

    スクリーンタープは、床なしで設営し、幕が四方を地面の近くまで覆うものを指す。別名フロアレスシェルター、フロアレステントとも呼ばれ、四方を幕で囲えることが、通常のタープとの違いと言える。

    1年を通して楽しめる

    スクリーンタープは汎用性が高く、夏でも冬でも状況に応じて工夫することで、さまざまな楽しみ方が考えられる。夏はコットを設置して寝転んで過ごしたり、日除けとしても利用できるため、熱中症や食材の傷みなどの対策にも便利だ。

    設営バリエーションが豊富

    スクリーンタープはキッチンやリビング、寝室としても使え、汚れ物を置くこともでき、設営の仕方次第でバラエティーに富んだ使い方ができる。例えば、半分は地面のままチェアを置き、もう半分はグランドシートを敷く。コットを設置して寝室として使ったり、インナーテントを入れたりしてもいい。

    また、床のないシンプルな構造だから、設営や撤収が比較的簡単にできることもメリット。急な悪天に見舞われても素早い撤収ができる。

    プライベートな居場所ができる

    スクリーンタープなら、プライベートな居場所が作れることも見逃せないメリット。食事中などに周囲からの目線を遮ることもできる。

    ▼参考記事
    フロアレスシェルター・テントのおすすめは?床面がないメリットと選び方
    ソロキャンプにおすすめのタープを厳選!メリットや選び方も解説

    スクリーンタープの選び方

    スクリーンタープ選びでは、他のテントやタープを選ぶときと同じく、まず用途を明確にし、形状やサイズ、素材、機能性などを吟味しながら用途に合った最適なモデルを選ぼう。

    サイズを確認

    スクリーンタープは、ソロ向けの小型モデルからファミリーキャンプに適した大人数が収容できるものまである。人数や荷物、キャンプのスタイルなどを考慮し、最適なサイズを選ぼう。

    素材や機能をチェック

    メッシュ付きのスクリーンタープはクローズ時でも風通しがよく、熱気がこもらない。虫対策をしながら通気性も確保できるため、夏のキャンプにはメッシュ付きモデルもおすすめだ。また、夏場はタープが熱中症予防にもなるため、遮光性の高さも重要。素材では、コットンやポリコットンが遮光性が高い。

    秋冬のキャンプでは、タープの隙間から吹き込む寒気や、地面からの冷気をいかに遮断するかがポイント。肌寒いフィールドでも、冷たい空気の侵入を防げるスカート付きのスクリーンタープなら、より快適に過ごせるだろう。焚き火をする場合やタープのそばで調理する場合は、コットンやポリコットンなど難燃性の高い素材なら、火の粉がついても燃え広がりにくいため安心だ。

    また、耐水圧の数値もチェックしておこう。耐水性のある生地なら、急な雨でもタープに入って、雨をしのぐことができる。耐水圧は、1000~1500mm程度が目安。

    ▼参考記事
    フロアレスシェルター・テントのおすすめは?床面がないメリットと選び方
    ソロキャンプにおすすめのタープを厳選!メリットや選び方も解説

    定番人気!コールマン「タフスクリーンタープ/400」

    Coleman(コールマン)
    タフスクリーンタープ/400

    アシスト機能付きのため、大型ながらひとりでも簡単に設営可能なスクリーンタープ。ドームテントとの連結もスムーズにできる。

    ●サイズ:360×400×H210cm
    ●収納サイズ:26×74cm
    ●重量:約12.5kg
    ●素材:タープ/75Dポリエステルタフタ、ポール/アルミ合金(直径約16mm)、ジョイントフラップ/FRP(直径約7.9mm)

     

    ドームテントとの連結も簡単

    ドームテントと連結。

    フルメッシュにすると、開放感がありながらも外部から虫が入りづらく、虫が苦手な人もゆったりと過ごせる。

    キャノピーの壁面はファスナーで開閉して巻き上げることでより開放的な使い方も可能。また、コールマンのドームテントとの連結も簡単で、2ルーム仕様での利用もできる。付属のジョイントフラップで連結部分をぴったりと覆うことで、隙間からの雨漏れを防ぎ快適な住空間を作ることができる。

    フルクローズになるので、突然の雨風も安心。

    強風に強いアルミ合金製メインポールがしっかりと支え、サークルベンチレーションシステムが室内空気の循環を促す。フルメッシュにすると、風通しがよく暑い夏でも快適に過ごすことができ、虫の侵入も防ぐ。冬場はフルクローズで暖かいプライベート空間の完成だ。


    360×400×210という広いリビングは、テーブルやチェアの配置を考えるのも楽しい。

    ▼関連記事
    Coleman (コールマン) / タフスクリーンタープ/400

    4シーズン対応!スノーピーク「リビングシェル」

    Snow Peak(スノーピーク)
    リビングシェル

    春夏秋冬一年中活躍する4シーズン対応4人用シェルター。ファミリーキャンプのリビング空間用として大定番、大人気のモデル。

    ●サイズ:415×455×H210cm
    ●収納サイズ:76×28×33cm
    ●総重量:13.2kg
    ●素材:本体/75Dポリエステルタフタ・70Dナイロンタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム(ルーフ部)・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム(ウォール部)・UVカット加工・テフロン撥水加工、マッドスカート/210Dポリエステルオックス・PUコーティング、フレーム/A6061(直径16mm+直径19mm)

     

    ファミリーユースの定番的シェルター

    テントと組み合わせてリビングルームとして活用できる、床のないシェルター。サイドウォール、前後出入り口に開閉可能な大きなメッシュパネルがあり、通気調節が思いのままにできる。

    裾全周にスノースカートが付いているので冬場のキャンプにも対応。付属のアップライトポールで大きなドアパネルを張り出せば、さらに開放感満点なリビングスペースになる。

    同社のテントと連結できる仕様になっている。

    ▼関連記事
    Snow Peak (スノーピーク) / リビングシェル

    ▼参考記事
    全国の人気ショップに徹底調査!タープ&シェルターのベストバイ結果発表

    組み立てスムーズ!モンベル「ソレイユ スクリーン」

    mont-bell(モンベル)
    ソレイユ スクリーン

    家族や仲間で集うのに最適な4~6人用の自立式タープ。ドーム式ながら、立体的に設計された5本のポールの形状により壁面がほぼ垂直に立ち上がり、天井高が215cm、奥行き400cmと多人数でも伸び伸びと過ごせる大空間を実現している。

    ●サイズ:390×400cm
    ●重量:10.7kg(11.6kg) ※本体重量はポールを含む重量。( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量
    ●素材:75D ポリエステル タフタ

     

    ポール形状により大空間が実現

    天井高210cmと圧迫感のない広い空間。

    天頂部と側面でポールの固定方法を使い分け、少人数でも素早い設営・撤収が可能。対応するポールとポール受けのカラーが同じなため、スムーズに組み立てられる。虫や隙間風を防ぐマッドスカート付き。

    別売りのタープポールで庇(ひさし)を跳ね上げればさらに広い空間を作ることができる。

    前後の入口と側面の窓は、本体生地とメッシュ地の二重構造。メッシュ窓にすれば風通しがよくなり、虫の侵入も防ぐ。

    インナールームの取り付けが可能

    別売りの「ソレイユ スクリーン インナールーム」。

    別売りのインナールームをソレイユ スクリーン内部に取り付ければ、4名まで寝ることができ、長さ190cmのコットを2台入れることも可能。インナールームのフロア部分には耐久性に優れた生地を使用。2か所の出入り口は透けにくい生地と通気性に優れたメッシュ地の二重構造で、暑い時期のキャンプなどに最適な仕様となっている。

    また、ハーフサイズの「ソレイユ スクリーンハーフインナールーム 」を使用すれば、ソレイユスクリーン内部の半分に2名まで寝られる居住空間に、残りの半分のスペースに荷物置き場にすることができる。

    ▼関連記事
    mont-bell (モンベル) / ソレイユ スクリーン

    ▼参考記事
    居住性が向上したモンベルの大型テントに注目!「キャンプ&アクティビティ」を楽しもう

    キャンプデビューにもぴったり!ロゴス「neos クイックジオシェルター」

    LOGOS(ロゴス)
    neos クイックジオシェルター 490-BD

    組立てや撤収を簡単でスピーディーにできるQUICK SYSTEM搭載。オープンにすることもできる大型メッシュ窓を配置している。フルマッドスカート仕様で、冷気や雨水、虫の侵入などを防ぐ。専用の収納バッグ付き。

    ●収納サイズ:(約)縦21×横100×高さ21cm
    ●総重量:(約)8.4kg
    ●耐水圧:フライシート2000mm
    ●主素材:フレーム/ソリッドグラスファイバー+グラスファイバー、フライシート/難燃性ポリタフタ、メッシュ/ポリエステル

     

    開口部も広い!デイキャンプ用ドーム型シェルター

    今回発売されたシェルターは、折りたたまれたフレームを伸ばしてロックするだけのQUICK SYSTEMが搭載されているので、組立てや撤収が簡単でスピーディー。シートとフレームが一体化しているので、パーツを紛失する心配もない。専用の収納バッグ付きなので、持ち運びもラクラク。


    開口部の幅は約5m、背面は大きなメッシュ窓だから、通気性と開放感も抜群だ。

    幅約5mで4人分のテーブルとチェアをセッティングしても広々。

    4人分のテーブルとチェアをセッティングしても広々と使え、メッシュ窓をオープンするとストレスなく出入りができるので、快適なデイキャンプを楽しめる。


    背面には大型メッシュ窓を配置し、風の抵抗を軽減。メッシュ窓はオープンにすることができて出入りが可能だ。

    冷気や雨水、虫の侵入も防ぐ仕様で、おしゃれなデザイン

    地面からの冷気や雨水、虫の侵入を防ぐことができるフルマッドスカート仕様で、タープまわり下部の全面をガードしてくれる。

    地面からの冷気や雨水、虫の侵入を防ぐフルマッドスカート仕様。フライシートはメイプルリーフでエンボス加工済。

    フライシートには、表面が滑らかで軽量かつ、燃え広がらない「難燃性ポリタフタ」生地を採用。メイプルリーフのエンボス加工で、デザイン性も高い。天井内側にはランタンを吊り下げられるフックも装備されている。

    天井内側にはランタンフックも装備。

    ▼参考記事
    組立と撤収が3分でできる…!キャンプデビューにぴったりのドーム型シェルターがLOGOSから登場

    あわせて読みたい

    フロアレスシェルター・テントのおすすめは?床面がないメリットと選び方

    【2024年】キャンプで人気のシェルター8選!アウトドアプロの推しを厳選

    コールマンの人気タープを一挙紹介!シェードのおすすめモデルもチェック

    ワンポールテント(ティピーテント)を使いこなそう!魅力と選び方、おすすめ商品一覧

    軍幕「パップテント」のおすすめは?ワイルドでこなれた佇まいが人気

    NEW ARTICLES

    『 タープ・シェルター 』新着編集部記事

    スクエアタープの張り方をシーン別に最適なものを解説!おすすめの商品まで紹介

    2024.04.22

    ロゴスのサンシェードは30秒で設営・撤収!生地の裏側はUV-CUT率99.9%以上、遮光率100%

    2024.04.13

    タープの張り方はこれでマスター!基本的なやり方から注意点まで解説

    2024.04.12

    DDタープを楽しもう!タープ泊・自転車ツーリング…さまざまな張り方をチェック

    2024.04.11

    シンプルギアだからこそ美しさにこだわりたい!編集部が張ってわかったタープおすすめ5選

    2024.04.06

    開放感とアレンジ性に注目して選ぼう!編集スタッフが試してわかった便利なシェルター厳選4

    2024.04.05

    レクタタープおすすめ6選。人気のTC素材も!大型からソロ向けまで紹介

    2024.03.30

    MOSS TENTS (モス) / パラウィング 19ft

    2024.03.18