全国の人気ショップに徹底調査!タープ&シェルターのベストバイ結果発表 | タープ・シェルター 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • タープ・シェルター

    2023.02.17

    全国の人気ショップに徹底調査!タープ&シェルターのベストバイ結果発表

    プロが選んだ2023年新製品の"買い"はコレ! 本当に推したいタープ&シェルターを大発表!全国アウトドアショップの店員さんが"本当に推したいギア"を徹底調査した結果を紹介します。

    日差しや雨から身を守る、タープ&シェルターのベストバイ!

    多くのショップに支持されているのは、なんといっても手軽に設営できるウイングタイプ。ソロキャンパーや焚きビストが急増しているため、軽量モデルや火の粉に強いTC素材製も人気だ。

    第1位
    圧倒的な人気を誇る大型モデル

    MSR/ランデブーサンシールド200ウィング
    ¥66,000

    image

    550×480㎝の7角形シートを2本のポールでシワなく美しく張れる。有効面積が広く、ポールを追加して張るアレンジも容易なモデルだ。シートの差し色に合わせたポールもGOOD!

    問い合わせ先:モチヅキ 0256(32)0860

    推しのコメント

    「オリジナルから継承された美しさ。タンカラーでより"らしさ"を増した、今買うべきタープです!」
    (GOOD OPEN AIRS myX)

     

    第2位
    変幻自在に張れる軽量タープの決定版

    パーゴワークス/ニンジャタープ 
    ¥19,800

    image

    2辺に紐が仕込んであり、四隅のアジャスター調整でシートを自在に絞り込めるユニークな機能を搭載。約30通りもの張り方ができる汎用性の高さが好評だ。
    ※写真のライトグレーはオンライン限定カラー

    問い合わせ先:パーゴワークス 042(312)2865

     

    第3位
    山岳テントに広い前室をプラス!

    ライペン/トレックタープBeyond 
    ¥11,770 ※ポール別売り

    image

    テントに連結して使うために開発されたが、単独使用も可能。軽量かつコンパクトなので、万一に備えるツエルト感覚でバックパックに常備するのにも最適だ。

    問い合わせ先:アライテント 04(2944)5855

    推しのコメント

    「携行しやすいコンパクトなサイズ感と340gの軽量性で、山岳用テントとの相性が抜群です!」(さかいやスポーツ エコープラザ)

     

    第4位
    さまざまな張り方が楽しめる!

    ローベンス/タープ4×4 
    ¥52,800 ※ポール別売り

    image

    ガイラインポイントが16か所もあるため、工夫次第でいろいろな張り方ができるのが特徴。シートは独自開発のポリコットン素材。

    問い合わせ先:トレイルヘッド https://www.robens.jp

    第5位
    火の粉に強い焚きビスト向け

    テンマクデザイン/ムササビウイング13ft. TC 焚き火バージョン 
    ¥18,480 ※ポール別売り

    image

    ポリエステルとコットンの混紡素材を採用した、焚きビスト御用達モデル。シャープかつ美しいカーブを描いたシルエットも印象的だ。

    問い合わせ先:カンセキWILD-1 028(651)0570

     

    第6位 ラブ/シルタープ プラス ソロ
    第7位 ヒルバーグ/タープ10UL
    第8位 ゼインアーツ/ゲウ
    第9位 ムラコ/ヘキサ ウルトラ スパーク
    第10位 コールマン/インスタントバイザーシェード/M+

    ライター坂本 注目!!

    シワなくビシッと張れる純国産タープ

    sunsetclimax/Tarp 02 
    ¥99,000 ※ポール別売り

    image

    ストレッチ性、防水・耐水性、UVカット性に優れた独自の再生素材を使用。気持ちイイほどキレイに張れるモデルだ。

    問い合わせ先:sunsetclimax info@sunsetclimax.com

    シェルターの結果発表!

    寝室としてのインナーテントがないフロアレスのシェルターは、リビングスペースとして重宝するアイテム。最近は冬もキャンプする人が増え、薪ストーブをセットできるタイプも増えてきた。

    第1位
    強風下でビクともしない剛性がスゴい!

    ノルテント/ギャメ8-ARCTIC
    ¥247,500

    image

    φ432×H216㎝の巨大な半球形。5本のポールが7か所で交差しているので剛性もバツグン。撮影時は強風が吹き荒れていたが、形が崩れることなく頼もしい限り。設営も意外と簡単だ。

    問い合わせ先:アブレイズ 045(810)1815

    推しのコメント

    「経年劣化に強く、局地的な悪天候にも最高レベルで対応。薪ストーブでリラックスできます!」
    (アウトドアライフストアWEST新潟店)

     

    第2位
    ファミリーユースの定番的シェルター

    スノーピーク/リビングシェル 
    ¥145,200

    image

    サイドウォール、前後の出入り口に開閉可能な大きなメッシュパネルがあり、通気調節がとても楽にできる。裾全周にスカートが付き、冬場のキャンプにも対応。

    問い合わせ先:スノーピーク 0120-010-660

     

    第3位
    デイキャンプや車中泊に最適!

    ogawa/カーサイドシェルターⅡ 
    ¥46,200

    image

    SUVやミニバンとの相性がバッチリなモデル。2本のポールで組み上げたシェルターの上部2か所を、付属の強力な吸盤でルーフにセットするだけでOKだ。

    問い合わせ先:キャンパルジャパン 0800-800-7120

    推しのコメント

    「別売りのポール・ロープを用意すれば自立も可能で、汎用性が高いアイテムです!」(スーパースポーツゼビオビバモールさいたま新都心店)

     

    第4位
    剛性に優れた風に強いフレームワーク

    スノーピーク/ランドロック
    ¥217,800

    image

    4〜5人で使えるインナールームが付いた2ルーム仕様。インナーを装着しても幅405×奥行き約310㎝ものリビングが確保できる。

    問い合わせ先:スノーピーク 0120-010-660

     

    第5位
    ULトレッカーに最適な軽量タイプ

    MSR/フロントレンジ
    ¥57,200 
    ※ポールは付属しません

    image

    バックパッキングやBCスキー、スノーボードでのツーリング時に便利なワンポールシェルター。生地は経年劣化しにくい独自素材。

    問い合わせ先:モチヅキ 0256(32)0860

    第6位 ムラコ/ZIZ テントシェルター ブラック
    第7位 ノルディスク/レイサ6
    第8位 AOD/AOD-2
    第9位 ニーモ/ヘキサライト 6P
    第10位 テンティピ/ジルコンCP

    編集部 梶原 注目!!

    コールマン初のツインポールシェルター

    コールマン/VC2ポールシェルター 
    ¥70,000

    image

    アルペンアウトドアーズとの限定コラボ。ダルゴールドが映えるシンプルな構造で、跳ね上げ用のサポートポールも付属する。

    問い合わせ先:コールマン カスタマーサービス 0120-111-957

    ※構成/坂本りえ 撮影/中村文隆 協力/影山盛太、木村泰河

    (BE-PAL 2023年2月号より)

    NEW ARTICLES

    『 タープ・シェルター 』新着編集部記事

    ヒルバーグのタープに注目!超軽量モデルやアレンジ自在の大型タイプも

    2024.07.15

    おすすめのワンタッチタープを厳選紹介!日差しや突然の雨にも負けないタープ

    2024.07.15

    コールマンのヘキサタープ特集!カンタン設営や遮光性バツグンのモデルも紹介

    2024.07.14

    【おすすめタープテント4選】ワンタッチで簡単設営&保管も便利

    2024.07.08

    レクタタープのアレンジ方法を解説!基本的な張り方やおすすめタープも紹介

    2024.07.06

    サンセットクライマックス特集!注目の純国産タープ&テントを紹介

    2024.07.06

    おしゃれなタープテント4選!お庭でもキャンプでも活躍するおすすめモデル

    2024.07.01

    スノーピークの人気「メッシュシェルター」を解説!連結できるエントリーパックもおすすめ

    2024.06.30