夏の終わりも大活躍!暑さと紫外線と雨から身を守る最新タープ 7 | タープ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 夏の終わりも大活躍!暑さと紫外線と雨から身を守る最新タープ 7

    2022.08.17

    image

    夏の終わりが見えてきても、まだまだ暑いし紫外線も強烈。そして9月に入れば、やがて秋雨前線がやってきます。快適なキャンプを送るうえで、タープは欠かせない存在です。

    そこで、2022年に登場した新作の中から生粋のキャンプ好きたちがレポート!

    私たちがナビゲートします!

    image

    左から右に、キャンプ民泊NONIWA アオさん(左)。埼玉県ときがわ町で、キャンプ民泊NONIWAを運営。最新キャンプギアの貸し出しから設営まで、レクチャーも行なう。キャンプ民泊NONIWA エリーさん(中)。アオさんと一緒に、夫婦でNONIWAを運営する。アウトドア&ネイチャー系ワークショップを行なうなど、体験プログラムも充実。キャンプインストラクター マオさん(右)。アウトドアギア専門のリユースショップ店長を経て、現在はバンライフ、DIYer、キャンプインストラクターとして活動中。

    BE-PAL流タープ選びのポイント

    1 タープは難燃性、遮光性、アレンジ性能で選ぶ

    2 デザイン、価格も重要なポイント

    タープは雨や日差しを防ぐ屋根だけでは非ず。その下で何ができるか、どう過ごせるかがポイントだ。最新技術が盛り込まれた2022年モデルを見比べて、自分に合った幕を選ぼう。

    おすすめのタープはこちら!

    タープがリビングならば、ハンモックはソファベッド。どちらも、キャンプで快適に過ごすためのアイテムだ。

    布一枚のタープは、シンプルなだけに差が出やすく、買ったあとに後悔することも。選ぶべきポイントとして挙げられるのが、ここ数年、各メーカーが商品開発に力を入れている難燃性と遮光性だ。前者は焚き火の火の粉が飛んできても穴があきにくく、後者は日陰部分の温度上昇がしにくい。夏でも涼しく快適に使えるのが特徴だ。

    ’22年モデルでは、それらふたつにポールの位置をフレキシブルに変えられる、アレンジ性能が加わった。グロメットやループの数が豊富で、人数やシチュエーションによって、スタイルを変えることができる。

    難燃性と遮光性、アレンジ性能のどれが本当に必要か、優先順位を考えて、そのうえで形状や大きさで選ぶと、自分に合ったタープが見つかりやすい。

    一方のハンモックは、これまでのベーシックなスタイルに加えて、個性的なモデルが増えてきた。手軽さを求めるならば従来型。ゆられながら寝泊まりしたいのであれば、ソロテントの形状に近いモデルをチョイスしよう。焚き火の近くで使いたいなら、素材も要チェックだ。

    明るくて涼しい!
    多彩なアレンジも魅力

    ogawa/フィールドタープ レクタT/C 
    ¥35,200

    image

    張りやすくてカタチがきれい!

    居住スペースが広く、アレンジ性能に優れたレクタタープ。TC素材を採用しているので、日差しを遮りつつ、適度な通気性が気持ちいい。「明るくて開放感もありますね」(エリー)

    サイズ/350×420cm、
    収納サイズ/70×15×15cm、
    重量/約3.5kg
    ※ポールは別売り
    問い合わせ先:キャンパルジャパン TEL:0800-800-7120

    グロメットが豊富で、ポールの位置を変えれば多彩なスタイルが可能。テントとの連結も◎。

    暑い夏でもこれなら安心!

    コールマン/ヘキサライト+ 
    ¥17,800

    image

    ダークルームテクノロジーで、夏の強い日差しをブロック。涼しく快適に過ごせる。「コンパクトに収納できるのも魅力です」(マオ)

    サイズ/約420×420×220cm、
    収納サイズ/約直径17×44cm、
    重量/約4.6kg
    問い合わせ先:コールマン カスタマーサービス TEL:0120-111-957

    話題のダークルームテクノロジーは90%以上の日光を遮断するほど強力。

    UVカット、難燃、遮光、全部入り!

    ロゴス/プレミアム ソーラーヘキサタープ L-BB 
    ¥35,000

    image

    UVカット、遮光にも優れるソーラーブロック加工を施した、難燃ヘビーポリオックス生地を採用。「ワイドな形状でプライベート感が演出できます」(アオ)

    サイズ/約570×500cm、
    収納サイズ/約40×10×30cm、
    重量/約3.8kg
    ※ポール、ロープ、ペグは別売り
    問い合わせ先:ロゴスコーポレーション・コンシューマ係 TEL:0120-654-219

    メイプルリーフの柄パターンが、角度によって見え隠れする、おしゃれな仕様。

    薄さと強さを両立!
    機能にも優れた軽量ヘキサタープ

    ミニマルワークス/マンゴーシェード ヘキサタープ EX 
    ¥37,400

    image

    設営しやすいのもポイントです!

    軽くて引き裂きにも強いリップストップ生地は、薄さも相まって、取り回しが良好。なおかつ、遮光性が高く暑い夏でも過ごしやすい。「ピンと張ったときのルックスがとてもきれい」(アオ)

    サイズ/420×370cm、収納サイズ/33×13cm、
    重量/1.3kg ※ポールは別売り
    問い合わせ先:アンバイ ジェネラルグッズストア https://www.unby.jp/

    「この薄さで遮光性バッチリなのには驚きました」(エリー)。
    UVカットも申し分なし!

    ソロキャン、ハイクに便利な小型タープ

    テラノヴァ/アドベンチャータープ2 
    ¥7,920

    image

    おすすめはお座敷スタイル!

    コンパクトかつ、軽さが魅力のソロ用タープ。軽量ながら、中が透けて見えることもなく女性でも安心。ポールの位置を変えれば多彩なアレンジも。

    サイズ/290×248cm、
    収納サイズ/15×15×7cm、
    重量/671g ※ポールは別売り
    問い合わせ先:ケンコー社 TEL:06(6374)2788

    日差しも他の人からの視線もブロック!「女子ソロで、重宝しそう」(エリー)

    サッと取り出しすぐに設営
    バックパッカーの心強い相棒

    ニーモ/スカラー 
    ¥25,300

    image

    ヘッドクリアランスも良好!

    500mLのペットボトルよりも軽く、豊富な設営スタイルが魅力。フロアレスシェルターとしても使え、マットやローコットをひけば、快適空間のでき上がり。バックパックに入れて持ち運びたい。

    サイズ/320×260cm、
    収納サイズ/25×直径12cm、
    重量/460g
    ※トレッキングポールは別売り
    問い合わせ先:イワタニ・プリムス TEL:03(3555)5605

    ツートンカラーがデザインのアクセントに。「フィールドになじみますね」(アオ)

    火の粉に強く、ハードに使いたくなる!

    ホールアース/アース ケープ 
    ¥34,100

    image

    16か所ものグロメットとループが付いており、テントサイトやキャンプスタイルに応じて変形できる。「焚き火と合わせて、ブッシュクラフト的な使い方が楽しそう」(マオ)

    サイズ/約290×290cm、
    収納サイズ/約39×18×18cm、
    重量/約2.8kg ※ポールは別売り
    問い合わせ先:FDRカスタマーセンター TEL:0120-000-813

    タープの中央にループが付いており(2か所)、ロープで引っ張ることも可能。

    ※構成/早坂英之 撮影/山本 智

    (BE-PAL 2022年5月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 タープ 』新着編集部記事

    モンベルの新作「マルチシェード」は冬のソロキャンならLがいいかも!

    2022.12.30

    “ヘキサ”と”レクタ”ってどう違う?意外と知らないタープの基本と選び方

    2022.11.26

    ホーボージュンが推す!ソロキャンに合う無骨なシェルター&タープ

    2022.10.25

    キホンのキだけど奥が深い。初心者必見のタープポールの選び方

    2022.09.27

    CHUMS(チャムス)/ブービーバードタープ

    2022.08.10

    夏キャンプが快適になるタープ。ソトラボ「コカゲウィング」を徹底レビュー

    2022.05.14

    z