デイキャンプだけじゃもったいない!ちゃんと泊まれるコールマンの新作カーサイドテント | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • デイキャンプだけじゃもったいない!ちゃんと泊まれるコールマンの新作カーサイドテント

    2021.02.20

    私が書きました!
    大森弘恵
    フリーランスのライター、編集者。主なテーマはアウトドア、旅行で、ときどきキャンピングカーや料理の記事を書いています。https://twitter.com/utahiro7 

    車中泊をサポートするカーサイドテント

    気軽に出かけて気に入った場所で寝泊まりする車中泊の旅が注目されているが、クルマを自分好みの隠れ家に仕上げたバンにせよ、プロの知識が詰まったキャンピングカーにせよ、車内だけで暮らしを完結させるのは結構大変。そんな悩みを解消するのがカーサイドテントだ。

    広げるだけでクルマのすぐそばに開放的なリビングが生まれるし、車内でベッドを作るときはちょっと荷物を外に出しておける。フルクローズタイプなら着替えだってお手の物。カーサイドテントがひとつあると、プライベート空間を大幅に拡充できるのだから。

    市場には多くのカーサイドテントが販売されていて、その多くがフロアレスなのだが、この春、コールマンがリリースした「カーサイドテント/3025」(36182円+税)は、なんとインナーテント付きでドームテント並の居住性を誇るという。その噂は本当なのか?さっそく試してきた。

    カーサイドテント/3025はカーシェア派にも使いやすい

    収納サイズはφ23×73cm、重量約10kg。インナーテントが同じ広さの「タフドーム/3025+」の収納サイズはφ24×76cm、重量11.5kgだからややスリムになっているが、持った感じはほぼ同じ。

    屋根にFRP製ポールを通し、アルミポール2本とクルマのルーフで支える仕組み。「タフドーム/3025+」よりも約1.5kg軽くなった最大の理由は、ポールの数が減っているためだろう。

    ルーフのポールは端っこが袋状になっているので組み立てている途中に不用意に抜けることがないので、ひとりでも迷うことなく設営できる。とはいえ、風に煽られるとやっかいなので、車両やテントが密集するイベント会場ではトラブルを避けるためにもパートナーにサポートしてもらうほうが安心だ。

    コールマン「スクリーンキャノピージョイントタープⅢ」などと同じで、本体にあらかじめ装備されている樹脂のジョイントパーツにルーフ用と脚となるポールを差し込む。まっすぐのポールを素直に真下に伸ばせばいいので不安はない。また、張り綱を脚となるポールに巻きつけるため、風によるたわみを軽減できるのも頼もしい。

    吸盤はお世辞にも強力ではないので、吸盤を取り付けるグロメットに手持ちのポールを取り付けて支えるほうが早いかも。それに、手持ちのポールを使えば自立するので、設営後に出かけやすいという利点もある。

    設営でもっとも悩ましいのがクルマへの取り付け位置だ。今どきのクルマは曲線が多く、なかなか吸盤が効く場所が見つからない。テント本体にはいくつか吸盤の取り付けグロメットがあるので、最初はいろいろな位置で試すしかない。

    カーサイドテント/3025は3面すべてにメッシュ付きドアパネルを持ち、どの面でも張り上げOK、出入りも自由。裾にはスカートが装備されているので真夏も肌寒い季節も心地よく過ごせる仕様だ。

    本体サイズは330×325×H210cmで、車高160195cmのクルマに対応する。一部のハイルーフ車を除き、アルファード、ヴェルファイア、ランクル、セレナ、デリカほか多くのミニバン、SUVに対応する汎用性の高さも自慢。クルマを買い替えても使い続けられるし、カーシェア派、飛行機+レンタカーの旅でも使いやすい。

    テーブルとコットを置いても余裕の広さ。背も高く、フルクローズにしても圧迫感がない。自由度が高いフリーサイトであればドアパネルを張り出してもっと広々過ごしてもよさそう。

    インナーを取り付ければほぼドームテント

    カーサイドテント/3025はうれしいことにインナーテント付き。フックで引っ掛ければいいので夜になってから準備しても焦ることはない。

    気をつけたいのがインナーテントは前後非対称だということ。コールマンのテントは、通常、テントのドアパネルにランタンマークがあるほうが外側になるわけだが、カーサイドテント/3025はクルマ側のドアパネルにランタンマークが描かれている。慣れている人こそ、最初の設営では注意が必要だ。

    インナーテントは300×250×H185cmで、見た目はドームテントそのまま。家族45人が車内で眠るには2段ベッドにでもしないと窮屈なのだが、カーサイドテントがあれば、リビングそしてベッドルームを大きく拡張できるのがいい。

    フロアレスのカーサイドテントはマット&寝袋のほかにコットも必要だが、カーサイドテント/3025であればコット不要。寒い時期はクルマの下からの風を防ぐシートがほしいが、それでもインナーなしに比べると随分あたたかい。 

    カーサイドテント/3025は、自分でバンを改造する自信がないけれど気軽な車中泊の旅にあこがれている人、バンコンや軽キャンパーはあるけれど荷物が増えがちでもっとゆとりがほしい人にぴったりの道具。また、雨の日はテントとクルマの連結に頭を悩ませるが、その心配もない。車中泊派でなくても利用価値は高い。

    【問い合わせ先】コールマン ジャパン https://www.coleman.co.jp

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    春キャンプに向けてリサーチ! ogawaの2023年新作テントをひと足早くご紹介

    2023.01.06

    ツールームテントの決定版!ogawa「アポロン」愛用者が魅力を徹底解説

    2022.12.22

    CHUMS(チャムス)/ブービーキャビンテント4

    2022.12.10

    テントはワンポールかドームか!? 両方愛用中だからこそわかるメリットと注意点

    2022.12.06

    グランパー垂涎の美しすぎるモスのコットンテント『OPTIMUM 200』が新設キャンプ場に!

    2022.12.05

    見た目クラシカルなのに機能は最新!? ロゴスの新作テントが気になるっ

    2022.11.23

    z