キャンプで残った冷やご飯を簡単にアレンジ! 醤油せんべいに変身させちゃうぞ | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2024.03.08

    キャンプで残った冷やご飯を簡単にアレンジ! 醤油せんべいに変身させちゃうぞ

    キャンプで残ってしまう冷やご飯。

    捨てるのはもったいないし、持ち帰ると悪くなるかも…と困ってしまったことはありませんか?

    そんな時は、フライパンで焼いておせんべいにしちゃいましょう。帰り道の小腹が空いた時にも気軽に食べられますし、美味しすぎてもっとご飯が炊きたくなってしまうかも。

    今回は、冷やご飯でできるおせんべいレシピを、子どもと一緒に作ってみた体験談とともに紹介します。

    材料と道具

    材料はこれだけ!

    材料と道具は以下です。

    <材料>

    • 冷やご飯1カップ
    • 醤油大さじ1
    • 砂糖大さじ1
    • ゴマ 適量
    • 油(今回は米油使用)適量

    <道具>

    • ガスコンロ
    • フライパン
    • ラップ、またはクッキングシート
    • フライ返し

    油はごま油などにすることにより、風味が出て一段と香ばしくなります。アレンジを楽しんでみましょう。

    醤油・砂糖の量は、甘めが好きな子供達にはぴったりの分量だと思います。

    しょっぱい系のおつまみとして作る場合は、醤油大さじ1砂糖小さじ1くらいがおすすめです。

    作り方の手順

    作り方はシンプル。冷やご飯に味付けをし、フライパンで焼いていくだけです。

    今回は、醤油ごませんべいのレシピを紹介します。

    冷やご飯に味をつける

    まぜまぜします。

    まずは、シェラカップ1杯分の冷やご飯に醤油大さじ1と砂糖大さじ1、そして白ゴマを加えてよく混ぜます。

    残ったご飯が入っている飯盒などの中で行えば、洗い物も減るのでおすすめです。

    おせんべいの形作り

    手でギュッと押します。

    サランラップ、またはクッキングシートを敷きます。

    自分の作りたいおせんべいの大きさを決めたら、ご飯をのせます。ラップを被せ、手でギュッと押し潰していきます。

    ここでしっかり押し潰して、お米とお米をくっつけておくことがポイントです。隙間が空いていると、フライパンでひっくり返す際に、バラバラと崩れてしまいます。

    優しくふんわり潰すのではなく、思いっきり押し潰しましょう!

    お米を乾かす

    表面を乾燥させます。

    形を作ったおせんべいを、乾かします。筆者は冬場は、1時間程度そのまま広げておいてます。

    こうすることで水分が蒸発し、おせんべいが作りやすくなります。

    フライパンを温める

    フライパンを中火で熱し、少量の油をひいて温めます。

    ご飯を焼く

    焦がさないようにじっくり!

    中火〜中弱火でご飯(形を作ったおせんべい)を焼いていきます。

    約5分間、片面がカリッとするまで焼いていきます。焼きすぎに注意し、焦げないようにします。

    厚いおせんべいは火が通りにくいので、作ったおせんべいのサイズによって、焼き時間を調整してくださいね。

    両面を焼いたら、風味豊かなごま味の醤油せんべいの完成です!

    おせんべいを何度もひっくり返して確認すると、崩れてしまいます。そのため、じっくり焼いて「若干焼きすぎかな?」くらいでひっくり返すのがおすすめです。

    ちなみに、焼き時間が短いとソフトなおせんべいになり、ぬれおかき風になります。

    焼き時間が短くても、長くても食感の違いで楽しめます。いろいろ試してみてくださいね!

    おいしく楽しく作るコツ

    どーーーん!と大きく一枚も楽しい!!

    おせんべいは、できるだけ薄く作るのがおすすめです。火を入れる時間も少なく済み、短時間で焼き上がります。

    小さいサイズをいくつも作るのが面倒な場合は、大きなおせんべいをどーーん!と作っちゃいましょう。パリパリ割って食べるのも楽しい時間ですよ。

    焼きすぎて硬くなってしまった場合は、お茶の中に入れて“お茶漬け風”として楽しむこともできます。

    今回は冷やご飯を使用しましたが、炊きたてご飯でも作れないことはありません。ただし、炊きたてご飯は水分が多いのでソフトな仕上がりになる上、焼き時間もかかります。短時間で作るには、やはり冷やご飯を使う方がおすすめです。

    おせんべいのアレンジ方法

    青のりで風味よく。

    冷やご飯のおせんべいはちょっとしたアレンジで、さまざまな味や風味を楽しむことができます。

    のりのおせんべい

    醤油や砂糖の代わりにのりを使って、シンプルな塩味の効いたのりせんべいを作ることができます。

    塩の風味がご飯の旨みを引き立ててくれます。

    胡椒味のおせんべい

    醤油や砂糖と一緒に胡椒を使えば、ピリッとした風味のおせんべいを作ることができます。

    胡椒の香りが食欲をそそります。醤油ではなく、柚子胡椒を使うのもおすすめです!

    チーズ味のおせんべい

    お好みのチーズを細かく削って混ぜ込めば、チーズのコクと塩味が加わったおせんべいを作ることができます。

    チーズ好きにはたまらない一品です。ベースにケチャップを混ぜるとピザ風に変身!

    唐辛子味のおせんべい

    お好みの唐辛子や唐辛子の粉を使えば、スパイシーなおせんべいを作ることができます。

    辛味がアクセントになり止まらなくなりそうです。

    自分好みのオリジナルおせんべいを見つけるのも、楽しくなりそうですね!

    残り物でおせんべいを作ってみよう!

    小腹が空いたらつまめる!

    キャンプでご飯が余ったら、味付けして焼くだけで楽しめるおせんべい作り。

    白ごはんのままだと残りがちだけど、ちょっと一手間かければ、みんなパクパク止まらない!

    是非、残りの冷やご飯を使って楽しんでみてくださいね。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    ムスカリ
    経験ゼロスタートの2児の母キャンパー。アウトドアブログ“ブッシュクラフトLIFEWORK”を運営する傍ら、アウトドアインストラクターのアシスタントとしても活動中。アウトドアで人生が変わる!をモットーに子どもと一緒にファミリーキャンプ&ブッシュクラフトキャンプを満喫。焚き火とキャンプ飯、そしてモノづくりが好きで、アウトドアグッズを商品化するのが夢。

    あわせて読みたい

    アウトドアで食べたい!焚き火とダッチオーブンで作るスイートポテトのレシピ

    余ったマシュマロを再活用!一粒で二度美味しい「キャラメルポップコーン」の作り方

    ラムネの作り方知ってる?クエン酸と重曹でしゅわしゅわお菓子作りに挑戦

    暑い夏を乗り切ろう!見た目も涼しげな、自家製ハーブウォーター3選

    野外で優雅なティータイム!子どもと作る簡単チョコスイーツのレシピ

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    スープにポテトに!ネットで話題の「淡路島オニオンスパイス」で作るおすすめキャンプ飯2選

    2024.04.20

    野菜好きも肉好きも喜ぶ簡単アメリカンタコスレシピ!

    2024.04.19

    業務スーパーのおすすめチーズは?今買えるチーズを徹底的に解説!

    2024.04.15

    ホットサンドだけじゃない! 食パンで作る「キッシュトースト」のレシピを紹介

    2024.04.15

    焚き火での「べっこう飴」の作り方! 奥が深くて楽しいぞ~

    2024.04.14

    ブラウン初のグリル調理家電「マルチグリル7」は火起こしが苦手なBBQ初心者におすすめ!

    2024.04.14

    魚好き必見!魚料理専用「フィッシャーマンズスパイス」で作る簡単キャンプ飯レシピ2選

    2024.04.13

    汁なしカレー南蛮を100年前のレシピで作ってみた!【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.10】

    2024.04.12