スノーシューハイクとは?初心者におすすめの理由やギアを紹介 | スキー・スノーボード 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    スキー・スノーボード

    2024.02.26

    スノーシューハイクとは?初心者におすすめの理由やギアを紹介

    冬にも雪山に出かけたい人に向けて、スノーシューハイクを紹介します。スノーシューハイクがおすすめな理由や、用意したいギアも解説します。季節を問わず山と向き合いたい人は、ぜひスノーシューハイクに挑戦しましょう。

    スノーシューハイクがおすすめな理由

    スノーシューハイクは、初心者でも気軽に楽しめることから、アウトドア好きにおすすめのアクティビティです。その理由を詳しく見ていきましょう。

    初心者でも雪山を気軽に楽しめる

    スノーシューハイクとは、スノーシューを履いて雪山を散歩するアクティビティです。スノーシューとは、雪上を歩くときにシューズに装着する器具のことであり、接地面積を増やして浮力を高め、雪山を歩きやすくしてくれます。

    スノーシューハイクは通常の登山と異なり、必ずしも山頂を目指すわけではありません。それよりも、白銀の世界を散歩したり動物の足跡を見つけたりと、雪のフィールドならではの楽しみを見いだすことを目的としています。

    そのため、登山初心者でも楽しみやすく、冬ならではのおすすめのアクティビティなのです。

    ツアーに参加すればギアのレンタルも可能

    「スノーシューを持っていないとできないの?」と思った人もいるかもしれませんが、心配はいりません。

    スノーシューハイクはツアーが開催されており、スノーシューを持っていなくても、ツアーに参加すればレンタルできることがほとんどです。初心者も多く参加しており、気軽に挑戦できます。

    また、いきなりスノーシューを買うのに抵抗がある人も多いでしょう。レンタルならスノーシューを購入する前に、使用感を確かめられるのもメリットの一つです。

    スノーシューハイクは初心者向けといえども、雪山は危険も多く1人での行動はNGです。その点、ツアーなら経験豊富なガイドが付いてくれるので、安全面でも安心できるでしょう。

    スノーシューハイクにおすすめのスノーシュー

    これから本格的にスノーシューハイクに取り組みたい人は、スノーシューを買うのもおすすめです。初めて購入する人でも失敗の少ない、定番のモデルを三つ紹介します。

    アトラス「ヘリウム TRAIL 23」

    穴を開けることで軽量化を実現したスノーシューです。さまざまな雪面でもしっかりとグリップするための工夫が、随所に施されています。

    爪先部分のデッキは『ヘリウムデッキ』と呼ばれ、羽板状に成形することで雪をデッキに残さず、まるでヘリウムのような軽い歩き心地を実現します。

    足裏部分の鍵歯状のトラクションレールは、安定したグリップ力を発揮できるよう、足の近くに設置されているのもポイントです。傾斜を登る際に、アキレス腱・ふくらはぎへのストレスが少ないヒールリフトも付いており、初めて挑戦する人でもスムーズな歩行をサポートします。

    • 商品名:アトラス「ヘリウム TRAIL 23」
    • 公式サイト:商品はこちら

    アトラス
    ヘリウム TRAIL 23

    重量(ペア):1.40kg 全長サイズ:59.0cm 


    MSR「ライトニングアッセント」

    MSRスノーシューのフラッグシップモデルです。360度に張り巡らされたトラクションフレームと、2本のクロスメンバーが雪道をしっかりとつかみ、勾配のきつい斜面やトラバースでも安定した歩行を可能にします。

    着脱がしやすい『パラゴンバインディング』を採用し、休憩時に着脱するときのストレスを軽減します。カラーはブラックとコバルトブルー、サイズは22インチと25インチから選択が可能です。

    • 商品名:MSR「ライトニングアッセント」
    • 公式サイト:商品はこちら

    MSR
    ライトニングアッセント

    サイズ:20×56cm 重量(ペア):1.84kg


    TUBBS「FLEX VRT W CORAL」

    『フレックストーションデッキ』により関節への負担を軽減し、長距離の走行でも疲れにくいレディース用モデルです。足全体にわたってスムーズな動きをサポートし、ストレスなくスノーシューハイクを楽しめるでしょう。

    また、テールトラクション搭載のFLEXテールが、足の動きをしっかりサポートするので、下り坂でも快適に歩けます。本格的な装備を備えたスノーシューであり、これからスノーシューハイクに打ち込みたい人におすすめです。

    TUBBS
    FLEX VRT W CORAL

    重量: 1.94Kg/ペア


    スノーシューハイクにおすすめのウェア

    スノーシューハイクでは、通常の登山と同じく3層のレイヤリングが基本です。各レイヤーのおすすめウェアを紹介するので、チェックしましょう。

    ザ・ノース・フェイス「フューチャーライトウィンターランダージャケット」

    40デニールの『ストレッチFUTURELIGHT』素材を採用しており、どんな動きにも柔軟に対応するしなやかな着心地を実現したアウターです。まるで第二の皮膚のような感触で、長時間のアクティビティでも快適さが持続するでしょう。

    ザ・ノース・フェイス独自開発の『FUTURELIGHT』素材は、ナノレベルの繊維を用いることで、水を通さず空気は通すという機能を持っています。

    さらに、ポケットはヒップハーネスに干渉しない高位置に配置されており、左胸のポケットには鍵などを取り付けられるループが付いています。スノーシューハイクを最大限に楽しむために、ぜひ検討したいアイテムです。

      • 商品名:ザ・ノース・フェイス「フューチャーライトウィンターランダージャケット(メンズ)」
      • 公式サイト:商品はこちら

    ザ・ノース・フェイス
    フューチャーライトウィンターランダージャケット(メンズ)

    重量:約460g(Lサイズ) サイズ:XS〜XL


    • 商品名:ザ・ノース・フェイス「フューチャーライトウィンターランダージャケット(レディース)」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ザ・ノース・フェイス
    フューチャーライトウィンターランダージャケット(レディース)

    サイズ:S〜XL


    ファイントラック「ポリゴンアクトジャケット」

    ミドルレイヤーにおすすめのジャケットです。軽量で動きやすく、厳冬期にも対応する保温性を備えています。優れた汗処理性能により、汗をかいてもウェア内はドライに保ちます。

    体の動きに合わせたストレッチ素材と抗菌防臭加工で、長時間のハイクでも動きづらさや臭いを感じにくく、ストレスを軽減してくれるでしょう。体温調節をしながら、アクティビティも邪魔しない縁の下の力持ちのようなジャケットです。

    • 商品名:ファイントラック「ポリゴンアクトジャケット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ファイントラック
    ポリゴンアクトジャケット

    サイズ:S〜XL 重量:370g


    パタゴニア「キャプリーン・エア・クルー」

    シームレスな3Dニット構造のインナーです。ニュージーランド産の高品質メリノウールとリサイクル・ポリエステルを51:49の割合で混紡し、保温性と快適性の絶妙なバランスを実現しました。

    袖口と裾には柔軟なエラスティックを編み込み、長く使っても弾力が落ちにくくなっています。

    吸湿発散性・速乾性・防臭効果を兼ね備えており、汗をかいたときの不快感も軽減してくれます。冬でも汗をかくことの多いスノーシューハイクでは、この速乾・防臭シャツが活躍するでしょう。

    • 商品名:パタゴニア「メンズ・キャプリーン・エア・クルー」
    • 公式サイト:商品はこちら

    パタゴニア
    メンズ・キャプリーン・エア・クルー

    革新的な縫い目のない3Dニット構造を採用したキャプリーン・エア・クルーは、驚くほどの広範囲で温かさと快適さを提供。責任ある方法で供給されたメリノウール51%/リサイクル・ポリエステル49%を混紡した通気性に優れた素材は、吸湿発散性と速乾性と防臭効果を発揮


    • 商品名:パタゴニア「ウィメンズ・キャプリーン・エア・クルー」
    • 公式サイト:商品はこちら

    パタゴニア
    ウィメンズ・キャプリーン・エア・クルー

    革新的な縫い目のない3Dニット構造を採用したキャプリーン・エア・クルーは、驚くほどの広範囲で温かさと快適さを提供。責任ある方法で供給されたメリノウール51%/リサイクル・ポリエステル49%を混紡した通気性に優れた素材は、吸湿発散性と速乾性と防臭効果を発揮

     

    スノーシューハイクにおすすめのギア

    通常の登山と違い、雪山を歩くには手先を守るグローブと、雪の反射光から目を守るサングラスが必要です。それぞれのおすすめアイテムを紹介します。

    ノルテック「RUNNING GLOVE TECH」

    手首部分にカバーが内蔵された、山岳行動用のグローブです。カバーは超はっ水・防風性を備えており、手が冷えたときには装着することで効果的に温められます。

    腕時計に干渉しないよう、収納ポケットは手首の内側に設けられているのがうれしいポイントです。スノーシューハイクだけでなく、ランニングやクロスカントリーなど幅広い場面で活躍します。用途が広いため、1双持っておくのもおすすめです。

    • 商品名:ノルテック「RUNNING GLOVE TECH」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ノルテック
    RUNNING GLOVE TECH

    サイズ:XS〜XL


    オークリー「Radar EV Path」

    世界トップクラスのアスリートとの協力と、10年間の研究の成果を結集した珠玉の1本です。レンズを縦に広げ、広い視界を確保しました。

    オークリーは、スポーツ用アイウェアブランドとして名高く、サングラスは高い耐衝撃性を誇り、厳しい条件下でも瞳を守ります。

    可視光線透過率は約12%と、まぶしい雪山でしっかりと光をブロックし、クリアな視界が得られます。度付きレンズにすることも可能なので、眼鏡をかけている人でも1本で使用可能です。

    オークリー
    Radar EV Path

    サイズ:38 高さ:4.8cm フレームの長さ:15cm 柄:12.3cm


    まとめ

    参考記事「クライム&スライドが幼児のスノースポーツだ!」

    スノーシューハイクは、初心者でも気軽に楽しめるウィンタースポーツです。ツアーが多く開催されており、スノーシューはレンタルもできます。白銀の世界を眺めたり、動物の足跡を見つけたりするのは、冬ならではの楽しみです。

    ただし、雪山には危険が多く、事故が毎年絶えません。そのため、1人での行動は避け、ツアーに参加するならインストラクターの指示に従いましょう。

    あわせて読みたい

    「アトラス」の新作スノーシューが上陸。ダイヤル式「Boaシステム」で着脱がカンタン!

    「アトラス」の新作スノーシューが上陸。ダイヤル式「Boaシステム」で着脱がカンタン!

    「雪中キャンプ」の基本、教えます!

    【キッズ冬ウェア】子どもの雪遊びに大活躍!コロンビアのシューズとウェア

    【キッズ冬ウェア】子どもの雪遊びに大活躍!コロンビアのシューズとウェア

    【冬に訪れたい絶景温泉】北海道・十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」

    【冬に訪れたい絶景温泉】北海道・十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」

    【新時代を切り拓く革命的道具】MSRの牙城を切り崩せるか!?アトラス山岳モデルに待望の22インチ登場

    【新時代を切り拓く革命的道具】MSRの牙城を切り崩せるか!?アトラス山岳モデルに待望の22インチ登場

    スノーシューかチェインスパイクか…スノーアクティビティを支える最新ギア、どっちを選ぶ?

    クライム&スライドが幼児のスノースポーツだ!

    クライム&スライドが幼児のスノースポーツだ!

    スノーキャンプの魅力と持ち物を解説。女子キャンプで挑戦した冬遊びや防寒具も!

    スノーキャンプの魅力と持ち物を解説。女子キャンプで挑戦した冬遊びや防寒具も!

    スノーシューを履いて、雪原を歩く。冬のアラスカに潜む生命の気配

    スノーシューを履いて、雪原を歩く。冬のアラスカに潜む生命の気配

    スノーボードがパカっと真っ二つに!「スプリットボード」で楽しむバックカントリー

    ノンスキーヤーでも1日中遊べる!「⽩⾺岩岳スノーフィールド」が今季も楽しそう!

    バックカントリー初心者にオススメ!栂池高原からアクセス簡単な鵯峰を紹介!

    NEW ARTICLES

    『 スキー・スノーボード 』新着編集部記事

    北海道各地に点在する「ローカルゲレンデ」をめぐる旅

    2024.04.02

    スキーツーリングほか、北欧のスキーの楽しみ方をスウェーデンのアウトドアガールが解説!

    2024.03.21

    3月24日まで楽しめます!家族で行くならキッズパークもおすすめの「妙高杉ノ原スキー場」

    2024.03.13

    バックカントリーとはどんなスポーツ?魅力や注意点、持ち物を解説

    2024.03.01

    お手頃価格の小物も多数登場!「H&M Move」のスノーウェアコレクション

    2023.12.22

    ボードウェアのおすすめ11選!おしゃれなウェアでスノボを楽しもう

    2023.12.13

    冬のほかほかキャンプ飯46選!簡単にできる鍋、煮込み、ラーメン、デザートまで

    2023.11.17

    フェニックスとホンダがコラボしたスキーアイテムがめちゃカッコいい!

    2023.09.17