質実剛健&生活に根差した逸品が生まれ続ける!ヨーロッパのアウトドア14ブランドの始まりの物語【H~M編】 | アウトドアブランド 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアブランド

    2024.02.10

    質実剛健&生活に根差した逸品が生まれ続ける!ヨーロッパのアウトドア14ブランドの始まりの物語【H~M編】

    1800年代から続く老舗のブランドから、2010年代に誕生したブランドまで、ヨーロッパの文化で生まれた、H~Mで始まる14のアウトドアブランドを一挙ご紹介。

    ホグロフスからマウンテン・イクィップメントまで14ブランドの歴史を紐解く

    ホグロフス 1914年〜 Sweden

    素材の選択を重視した高品質な最先端ギアの数々

    ヴィクトル・ホグロフが自作したパラシュート生地のバックパックがはじまり。アップデートを重ね、2年後には会社として登録し、ヨーロッパで広く知られる存在に。現在はファストハイク&トレイルランニング、クライミング、トレッキング、スノーアクティビティー、アウトドアライフスタイルの5つのラインを展開。北欧らしい無駄のない機能を追求したデザインとサステナブルな素材使いで人気。

    問い合わせ先:RCTジャパン TEL:03(5768)2061

    ロック ダウン フード
    ¥52,800

    大陸別・名門ブランド&名品ギアの誕生モノ語り~ヨーロッパ編1~

    撥水ダウンを使用し、汗や水濡れに強く、保温力の低下を防ぐ。アウターでもインナーでも使用できるサイジング。

    ハイムプラネット 2010年〜 Germany

    ジオデシック構造の超インパクト大なテント

    エアフレームテントのパイオニアブランド。生みの親はステファン・クラウスとステファン・シュルツのふたり。ともにサーファーで、ポルトガルでのサーフトリップ中に浮かんだアイデアをもとに、2年半の構想を経て、エアフレームを持つインフレータブルテントをデビューさせる。コンセプトは"モダンアウトドア"。キャンプで何をするか、キャンプ+αを追求するため、さまざまな環境や状況で機能するアグレッシブなテントを求めた。空気を入れるだけでわずか数十秒〜数分で設営でき、強風でもフレームが折れることがなく、やぶけても修理が可能。

    問い合わせ先:サイドキック TEL:03(6824)0140

    クラウドブレイク 
    予価¥459,800

    クラウドブレイク 

    今年新登場のモデルは、グループやファミキャンに特化して開発。インナーテントで寝室とリビングが分けられ、最大4人が寝泊まりできる。

    ヘリーハンセン 1877年〜 Norway

    海の男たちを守ってきた伝統ある名作ウェア

    ノルウェーの港町モスで商船艦長を務めていたヘリー・ジュエル・ハンセンが防水ウェアメーカーを設立したことに始まる。当時の船乗りたちを苦しめていた寒さや雨、波のスプレーから体を守るため、亜麻仁油を染み込ませ特殊加工を施したオイルスキンジャケットが評判を呼んだ。以来、世界中のプロセーラーやスキーヤー、登山家たちから信頼されるギア作りを続けている。また、ライフジャケットの開発も行なうとともに、着用啓発活動を推進。

    問い合わせ先:ヘリーハンセン原宿店 TEL:03(6418)9669

    オーシャン フレイ ジャケット
    ¥37,400

    オーシャン フレイ ジャケット

    定番セーリングジャケットがリニューアル。生地はリサイクルナイロンを使用した環境配慮型素材。水の入りにくさも向上。

    背面

    ヒルバーグ 1971年〜 Sweden

    インナーとフライを一体にした憧れの高級&高品質テント

    森林管理官だったボー・ヒルバーグ。従来のテントの厳しい条件下での設営に不満をいだいたことから、インナーとフライを同時に張れるテントを考案。’75年にはシリコンでラミネートした特定の種類の生地が、既存のテント生地より6〜7倍も強度があることを発見し、テント作りに導入。2000年になると娘のペトラ・ヒルバーグが、北米でのブランディングを開始。今も高品質なテント作りは続いている。

    問い合わせ先:エイ アンド エフ  TEL:03(3209)7575

    Rogen3 
    ¥246,400

    Rogen3 

    3人用のドームは前室がふたつ。インナーテントには大きなメッシュパネルを搭載。2.5㎏でゆったりしたいデュオにも最適だ。

    Saivo4 
    ¥440,000

    Saivo4 

    ニューモデルは山の要塞のような広々した空間が広がる。構造上重い積雪にも耐え、横風にも強い。インナーテントは正方形。

    フーディニ 1993年〜 Sweden

    環境先進国ならではの素材感が美しい

    過酷な状況にも耐えうる機能性と、いかなる状況でも体の動きを妨げることのない"魔法のような着心地の良さ"を兼ね備えたアウトドアウェアを目指しスタート。フリース素材開発のパイオニアでもあり、クライミング、カヤックなどのエキスパートから寄せられたアイデアを反映している。昨今はコレクションのすべてを100%循環型にするため、リサイクル素材や、生分解性素材を取り入れ、85%を達成中。

    問い合わせ先:フルマークス cs@full-marks.com

    メンズ ダブル ダンフリ 
    ¥72,600

    メンズ ダブル ダンフリ 

    合成断熱材を中綿に採用。今季は中綿の量を2倍にし、保温性をUP。軽量で耐水性に優れる。

    メンズ パワー フーディー 
    ¥33,000

    メンズ パワー フーディー 

    ブランドを代表するアイテムは、ストレッチ性に優れ、ストレスなく体を動かせるフリース。全8色。

    ジャック・ウルフスキン 1981年〜 Germany

    環境に配慮したモノ作りこそ最先端

    ウルリッヒ・ダウズィンがユーコン川を旅していたときに思いついた「オオカミが生まれながらに備える、どんな環境にも耐えうる毛皮のようなウェア」というアイデアを具現化するためにスタート。ブランド名は、彼のヒーローである作家ジャック・ロンドンから借用したもの。

    当初から自然環境を破壊しない高機能なアイテムを作りたいと考えていた彼は、日本の生地メーカーと共同で「TEXAPORE」という防水透湿素材を開発。以降、この素材は進化を続け、ブランドの技術力を象徴するものとなる。現在は持続可能でエコなモノ作りに焦点を絞るとともに、環境保全プロジェクトを立ち上げる活動などもしている。

    問い合わせ先:ジャック・ウルフスキン カスタマーサービス TEL:0120-300-147

    アジアプレライト3Lジャケット  
    ¥36300

    アジアプレライト3Lジャケット  

    170gと超軽量でまるで肌のような3レイヤーライトシェル。高い防水透湿性を誇るTEXAPOREを使用。日本&アジア人の体型に合わせている。今春発売予定。

    フリーマーケット

    1970年代中ごろ、ダウズィン氏はフリーマーケットでさまざまな物を販売し学業資金を貯めていた。

    古い広告

     

    日本独自の環境保全プロジェクト「WOLFUND」を昨年立ち上げ、その一環としてアウトドアイベントを開催している。

    ’80年代初期に発売されたテント

    ’80年代初期に発売されたテント。ウェアも有名なブランドだが、テントやシューズも販売している。

    カリマー 1946年〜 England

    新たなフィールドへ常に挑戦

    パーソン夫妻が英国北西部ランカシャーでサイクルバッグメーカーとして創業。タフで機能的な製品に対する評判は、ほどなくして登山家にも届くこととなり、クライマー向けのアルパインリュックサックを手がけるようになった。ブランドの語源は「carry more」。

    対象となるフィールドで求められる装備一式を過不足なく運べる堅牢性や優れた背負い心地、かつクライミングに対応する機能を盛り込んだカリマーのリュックサックは、クライマーの能力を広げた。今季は、多くのアイテムに機能素材、ギミックを採用し、登山からライフシーンまで、フィールドを超えて活用できるモノ作りに取り組んでいる。

    問い合わせ先:カリマーインターナショナル TEL:03(3221)6883

    WTX LT レイン ジャケット
    ¥31900
    WTX LT レイン パンツ
    ¥22990

    WTX LT レイン ジャケット

    WTX LT レイン パンツ

    山岳向けのレインウェア。耐水圧と透湿性のバランスがとれた高機能3層防水素材を採用。ソフトな風合いで着心地がいい。重量(L)上340g、下257g。

    コントア 27
    ¥25,300

    コントア 27

    背面の調整が可能なSA(サイズアジャスト)システムを搭載。ボトムにアクセスジッパーを設け、物の出し入れが便利。

    クレッタルムーセン 1975年〜 Sweden

    現在進行形で進化し続けるブランド

    北欧最大の山岳リゾートである、スウェーデン・オーレで創業。厳選されたマテリアル、人間工学に基づいたデザイン、独自のディテールにこだわった製品作りが特徴。今年の方向性は"多様性"。これまでは北欧の気候に合う比較的厚手の製品が多かったが、ヨーロッパ各国やアジア各国で販売が始まるにつれ、さまざまな地域から集めたフィードバックがエンジニアリングに活かされ、より薄く涼しいトレッキングシャツやパンツが登場する。新作のヴァンは、生地が分厚いクラシカルなパックが軽量防水になってリリース!

    問い合わせ先:スプートニク https://sputnikshop.jp

    ヴァン ウォータープルーフ 
    ¥70400

    ヴァン ウォータープルーフ 

    背面

    1.3㎏と軽量で防水の新作バッグ。リサイクルナイロンを取り入れ、従来の生地(400デニール以上)に比べ半分の薄さだが耐久性は落とさず、快適さを追求している。

    ローバー 1923年〜 Germany

    ドイツの靴職人が作るトレランシューズ

    ブランド名のLOWAは、創業者のLorenzWagnerから2文字ずつとったもの。ローバーが大事にしている価値観は、"品質""フィット感と快適性"と、それを支える"技術革新"にある。これらを裏付けるようにメイド・イン・ヨーロッパにこだわり続けており、世界中で年間300万足以上の靴を生産している。昨年は100周年を迎え、新たなトレイルランニングシューズの製造にも取り組み始めた。構想から3年の年月を費やし、開発された新しいシューズに要注目!

    問い合わせ先:イワタニ・プリムス TEL:03(6667)0680

    シートックス 
    ¥26,400

    シートックス 

    カーボンを配合したプレートを内蔵し、反発により推進力を上げ、不整地でも足裏を守る。

    アンプルクス 
    ¥25,300

    アンプルクス 

    アッパーメッシュ上にPUを注入し硬化させて成形するという独創的なコーティングでアッパーを補強し、剛性を高めた。

    ラーケン 1912年〜 Spain

    創業から一貫して作られている水筒

    グレゴリオ・M・マルチネスは、1900年代はじめ、フランスに渡りアルミ加工会社で働いていたが、大事な水を運ぶにはアルミが最適と考え、1912年にスペインの街ムルシアで水筒工場を開いた。ラーケンの水筒のボディーは純度99.5%のアルミニウムを引き抜き一体成形により製造されるため、落としても簡単には割れない。また、飲み物に嫌な臭いや味をつけないようポリアミドイミド樹脂コーティングを施す。

    問い合わせ先:イワタニ・プリムス TEL:03(6667)0680

    クラシック1.0L
    ¥1,870

    ラーケンのボトル

    ラーケンその2

    23もの工程を経て、アルミの塊がひとつのボトルに整形される。広口スクリューキャップで氷も入れやすい。

    モーラナイフ 1891年〜 Sweden

    コスパだけじゃない品質重視のナイフメーカー

    400年以上ものナイフ作りの歴史を持つ、スウェーデン中部にあるモーラという街でスタート。当初は木製ソリ工場だったが、同時に作っていたナイフの評判が広まり、やがてナイフ専門メーカーとなった。日本ではとくにコスパの良さが評価されがちだが、じつはナイフメーカーの老舗であり、現在同社が掲げる理念は「Quality takes no shortcuts(優れた品質に近道はなし)」というもので、いまも製品は自社工場で作られている。取扱店のUPI表参道では、ブレードにレーザー刻印するサービスが始まっている。

    問い合わせ先:アンプラージュインターナショナル https://upioutdoor.com/

    withベルトループ(S) 
    ¥4950

    withベルトループ

    折りたたみ式ナイフでは難しいタフな作業ができる「折りたたまないコンパクトナイフ」。ファイヤースターターでの着火にも対応。

    折りたたまないコンパクトナイフ

    マムート 1862年〜 Switzerland

    ロープ工場から、総合ブランドへ成長

    162年前、ドイツに程近いスイスの町で、カスパー・ターナーが創設した、伝統的な手法でハンドメイドするロープ工場がブランドの始まり。1968年には国際山岳協会連盟により、マムートの規格がクライミングロープの安全基準に採用され、マムート製ロープが世界基準となる。その後、ウェアやバックパックなど製品カテゴリーを広げ、現在はアウトドア総合ブランドとして知られるようになった。

    問い合わせ先:マムート スポーツ グループ ジャパン http://www.mammut.jp/

    Convey Tour HS Hooded Jacket AF Men 
    価格未定

     

     

    Convey Tour HS Hooded Jacket AF Men 

    GORE-TEX2.5層を採用。286gと軽量で、常時携帯できるコンパクトさが魅力。

     

    ミレー  1921年〜  France

    トートバッグに始まり世界的パックメーカーに

    ヨーロッパ有数のアルパインブランドとして知られるが、そのはじまりはキャンバス地のトートバッグ作りだった。1934年に開発したフレーム付きバックパックが登山家の間で好評を博し、高峰登山用パックメーカーとして一躍有名になる。さらには’50年、アンナプルナⅠ峰(8,091m)の初登頂という歴史的快挙を成し遂げたフランス隊がミレーのパックを使用していたことで、脚光を浴びることとなった。その後一度は創業家から離れたものの、創業100年を迎えた2021年にミレーファミリーのもとに返り咲き、よりいっそう「先進的で信頼できるブランド」というイメージを確立していくことに。現在はパック以外にアパレル製品も多くラインアップしている。

    問い合わせ先:ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン TEL:03(6417)0492

    アンナプルナ50

    人類史上初の8,000m峰初登頂時にも使われた、「アンナプルナ50」というモデル。

    家業を継いだ一族

    ’45年に家業を継いだレイモンド(左)とルネ・ミレーが、登山用バックパック開発を開始。

    創業者の曾孫

    2021年にCEOに就任した若きリーダーで、創業者の曾孫にあたるロマン・ミレー。

    SAAS
    FEE NX 75+
    ¥49,500

    SAAS FEE NX 75+

    昨年リニューアルされた定番トレッキングバックパックの大型モデル。75+のほか60+、50+も発売予定だ。

     

    マウンテン・イクィップメント 1961年〜 England

    初のGORE-TEXジャケットを開発!

    登山家ピーター・ハッチンソンが考案したダウンウェアや寝袋を起源とするブランド。その後、1969年に米国のゴア社が発見した延伸多孔質ポリマー(ePTFE)をいち早く導入し、’77年に世界初のGORE-TEXジャケットを誕生させたことでも知られる。同社の先進的かつ機能的なダウン製品は、数々の高峰チャレンジに採用されている。

    問い合わせ先:双進 アクシーズクイン事業部 TEL:03(3528)6642

    レトロ・ライトライン・デュベ
    ¥46,200

     

     

     

    レトロ・ライトライン・デュベ1970年代に多くの登山家から好評を得たアルパインダウンジャケットを、当時のデザインに忠実に復刻。

    (BE-PAL 2024年2月号より)

    あわせて読みたい

    アルトラ、バイオライト、コトパクシ…アウトドア大国・北米の14ブランドを一気に紹介!【A~C編】

    ダナー、エディー・バウアー、グレゴリー…アウトドア大国・北米17ブランドの歴史&人気アイテムを紹介!【D~K編】

    エル・エル・ビーン、マーモット、モス…北米の大人気ブランドの歴史を解説【L~M編】

    パタゴニア、ソレル、ザ・ノース・フェイス…北米の人気アウトドアブランド誕生秘話【O~W編】

    日本のアウトドアブランドは名品揃い!躍進する12ブランドの人気の理由【A~F編】

    日本のアウトドアブランドは名品揃いだ!躍進する9ブランドの歴史と人気の理由を紐解いてみた【G~O編】

    個性豊かなギアを次々に生み出す!日本が誇る12のアウトドアブランドヒストリー【P~Z編】

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアブランド 』新着編集部記事

    グリップスワニーの名品グローブ特集!各種類のおすすめポイントも解説

    2024.06.21

    ノースイーグルはコスパ優秀!新作タープからメスティンまでおすすめギアを紹介

    2024.06.20

    GORDON MILLERの魅力とは?おすすめのアイテムも7個紹介

    2024.06.19

    ニュートラルアウトドアのおすすめアイテム10選!お手頃でハイスペックなギア特集

    2024.06.16

    DODのキャンプギア22選|カマボコテントやグッドラックテーブルなど人気アイテム特集

    2024.06.14

    「MOZAMBIQUE」ってブランドを知ってる? 都市生活者のアウトドアを表現し再スタート

    2024.06.11

    夏に着たいシマノの万能ウェア4選!熱中症対策や撥水性などの機能がすごいぞ

    2024.06.09

    大注目のMt.SUMI(マウントスミ)!定番の薪ストーブほかおすすめギアを紹介

    2024.06.08