アークテリクスのおすすめジャケット9選!選び方も徹底解説 | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドアウェア

    2024.04.21

    アークテリクスのおすすめジャケット9選!選び方も徹底解説

    高級感がありかっこいいデザインの、アークテリクスのジャケットを買おうと思っている人は、多いのではないでしょうか?アークテリクスのおすすめジャケットを、9個紹介します。商品名のアルファベットの意味も解説するので、ぜひチェックしましょう。

    アークテリクスのジャケットの種類と選び方

    アークテリクスのジャケットは、種類×生地×機能性で分かれているのが基本です。具体的には、商品名が『ギリシャ文字+アルファベット』で表されているケースが多くなっています。

    それぞれの種類や、記号が表す意味を解説します。

    ジャケットのタイプは3種類

    アークテリクスのジャケットは、以下の3種類に分かれています。

    • シェルジャケット
    • インサレーテッドジャケット
    • フリース

    シェルジャケットは、雨や風をブロックする『殻』の役割を果たすジャケットです。アウトドアでの汎用性が高く、迷ったらシェルジャケットを買えば失敗しないでしょう。

    シェルジャケットはハードとソフトに分かれており、ハードには防水性の高さで有名なゴアテックスが採用されています。ソフトは通気性に優れており、着心地のよさがポイントです。

    インサレーテッドジャケットは中綿が入っており、保温性に優れています。水ぬれに弱いダウンの弱点を解消した『コアロフト』という化学繊維を採用している、機能性が抜群のジャケットです。

    起毛生地で作られたフリースも保温性に優れており、ミドルレイヤーとして広く好まれています。フリースは、タウンユースでも使えるフットワークの軽さが魅力です。

    生地の種類はアルファベットに注目

    アルファベットは生地の種類を意味し、以下の4種類があります。

    • SV
    • AR
    • LT
    • SL

    SVは『シビア』を意味しており、過酷な環境にも耐えられるよう厚手の生地を採用し、耐久性を高めています。最上位モデルに位置しており、その分価格も高めです。

    ARは『オールラウンド』を意味し、アウトドアからタウンユースまで幅広く着こなせる便利なモデルです。迷ったらARを買うのがよいでしょう。

    LTは『ライト』の略で、文字通り軽量設計のモデルです。軽量ながら必要最低限の機能性は備えており、身軽に行動したい人におすすめです。

    SLは『スーパーライト』の意味で、ライトよりも軽量性を追求しています。強度はやや落ちますが、携行性は抜群なので、体温調節用に持っていくのがおすすめです。

    機能性はギリシャ文字に注目

    商品名のギリシャ文字は、ジャケットの機能性や着丈を表します。それぞれの文字と機能は、以下の通りです。

    • アルファ:軽量・コンパクトで登山向き。お尻がぴったり隠れるくらいの着丈
    • ベータ:重ね着がしやすく、さまざまなシーンで使えるオールラウンドモデル。お尻が半分隠れるくらいの着丈
    • シータ:防水・防風性を重視したモデル。お尻が完全に隠れる着丈
    • ガンマ:通気性と耐水性・ストレッチ性に優れたモデル
    • アトム:中綿入りで保温性に優れたモデル

    アルファ・ベータ・シータは着丈にも特徴があり、シータが最も着丈が長くなっています。求める機能に合わせて選びましょう。

    サイズは1サイズ下がおすすめ

    アークテリクスはカナダ発祥のメーカーであるため、サイズ規定は欧米人に合わせたものになっています。そのため、日本のサイズよりも1サイズ小さいものを選ぶとちょうどよいでしょう。

    日本でMを着ているならSを、Lを着ているならMを選ぶイメージです。日本サイズと同じ感覚で選ぶと、ぶかぶかになってしまう可能性があります。細かいサイズ感は、各商品ページのサイズ表をチェックしましょう。

    アークテリクスの人気シェルジャケット

    まずは、アークテリクスで人気のシェルジャケットを三つ紹介します。ギリシャ文字にも注目しながら、それぞれの特徴を見ていきましょう。

    ベータ ジャケット

    登山における、さまざまなアクティビティに適したジャケットです。防水・防風性に優れたゴアテックス素材を使用し、シェルとして高い機能性を実現しています。

    さらに『ゴア C-KNIT』の裏地技術により、柔らかな着心地と高い透湿性も兼ね備えています。解剖学に基づいた立体構造パターンで動きやすさを追求し、脇下のガゼットにより活動中もジャケットの裾が上がりにくいのも魅力です。

    スリムなフードは簡単に調節可能で、トリムフィットのデザインは肌寒い季節のレイヤリングにぴったりです。4色のカラーバリエーションがあり、自然との一体感を体験できるアイテムです。

    • 商品名:アークテリクス「ベータ ジャケット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    アークテリクス
    ベータ ジャケット

    重量: 350g サイズ:XS〜XL


    アルファ ジャケット

    登山中に想定される、数々のコンディションに対応するジャケットです。生地には『ゴアテックス プロ Most Rugged』を採用して劣化しやすい部分を強化しつつ、『Hadron』の表面素材も使うことで軽量化と通気性を両立しました。

    レギュラーフィットで快適さと動きやすさを両立し、脇下のガゼットは活動中の裾の上がりを防ぎます。ヘルメットごとかぶれるストームフードや、RECCOリフレクターが安全性を高め、ベンチレーション機能により高い換気性を確保できます。

    外側には水をはじくウォータータイトジップ付きのプリーツ胸ポケットを備え、内部のジップ式ポケットと併せて重要な物品を収納可能です。軽量で耐久性に優れ、多様なアウトドア活動に対応する万能アイテムです。

    • 商品名:アークテリクス「アルファ ジャケット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    アークテリクス
    アルファ ジャケット

    重量:430g サイズ:XS〜L


    ラッシュ ジャケット

    バックカントリー向けに開発されたジャケットです。軽量でありながら、『Most Rugged』テクノロジーを用いた『ゴアテックス プロ』素材で耐候性と耐久性を高めています。

    レギュラーフィットで動きやすく、立体構造パターンが自由な動きを支えます。ストームフードはヘルメットに対応しており、ウォータータイトピットジップにより細かな体温調節ができるでしょう。

    防水・防風機能と透湿性を兼ね備え、動きの激しいバックカントリーをサポートします。DWR(耐久はっ水)仕上げで水をはじくため、どんな天候下でも頼れる一着です。

    • 商品名:アークテリクス「ラッシュ ジャケット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    アークテリクス
    ラッシュ ジャケット

    サイズ:XXS〜XXL


    アークテリクスの人気インサレーテッドジャケット

    保温性を重視する人には、インサレーテッドジャケットがおすすめです。アークテリクスの人気インサレーテッドジャケットを、二つ紹介します。

    アトム ヘビーウェイト フーディ

    アトムシリーズ随一の暖かさを誇るフーディです。厳しい気候に対応するため、高断熱の『コアロフト』合成素材を採用して暖かさを確保します。

    『Tyono 30』シェルの軽量で防風・はっ水性能を備えているほか、『Permeair』パネルでスムーズな換気が可能です。単体でも、ミッドレイヤーとしても活躍するでしょう。

    ヘルメットにフィットする断熱フードがさらなる保温性を発揮し、動きやすいレギュラーフィットで、あらゆる動きをサポートします。

    隠しジッパー付きハンドポケットや、ジップ付きインナー胸ポケットなど、機能性に富んだ設計も特徴です。DWR仕上げで急な悪天候にも対応し、アウトドアでの活動を全面的にサポートする一着です。

    • 商品名:アークテリクス「アトム ヘビーウェイト フーディ」
    • 公式サイト:商品はこちら

    アークテリクス
    アトム ヘビーウェイト フーディ

    サイズ:S〜L


    サーミー パーカ

    冬の厳しい寒さと天候から体を守るジャケットです。ゴアテックスが持つ耐候性と高品質なグースダウンの保温性を組み合わせ、重量たった約991gで750フィルパワーの驚異的な保温性能を発揮します。

    湿気がこもりやすい部分にはコアロフト合成素材を配置し、防水・防風性に加え、耐久性も確保しているのがポイントです。

    ドローコードで調節可能なストームフードや、袖口のガスケットが暖かさを閉じ込め、すきま風を遮断します。各種ポケットも充実しており、機能性とデザイン性を兼ね備えたモダンな一着です。

    • 商品名:アークテリクス「サーミー パーカ」
    • 公式サイト:商品はこちら

    アークテリクス
    サーミー パーカ

    サイズ:S〜L


    アークテリクスの人気フリースジャケット

    アークテリクスの人気フリースジャケットを、二つ紹介します。普段着としても着用できるため、利用シーンを思い浮かべながら見ていきましょう。

    カイヤナイト フーディ

    単体でもミドルレイヤーとしても着用できる、薄手のフリースです。4方向への伸縮性と耐摩耗性を持つ『ポーラテック Power Stretch Pro』素材を使用し、身軽な動きをサポートします。

    起毛仕上げの内側が暖かさを保ちつつ、透湿性にも優れているためドライな着心地を実現しています。レギュラーフィットで重ね着しやすく、薄型フードでさらなる保温性をプラスしました。

    ラミネート加工されたジッパー付きハンドポケットは、小物の安全な収納に便利です。ハイキングやスキー、日常の寒さ対策など、幅広いシーンに対応する一着です。

    • 商品名:アークテリクス「カイヤナイト フーディ」
    • 公式サイト:商品はこちら

    アークテリクス
    カイヤナイト フーディ

    サイズ:S〜XL


    リセル フーディ

    ハイキングや山岳でのアクティビティに、おすすめのジャケットです。『ポーラテックPower Air』素材を採用し、柔らかな肌触りと熱効率の高さを発揮します。

    この素材は毛玉ができにくく、マイクロプラスチックの流出も抑えているため環境に優しいのもポイントです。黒一色のシンプルなデザインにより、単体で着ても様になるでしょう。

    レギュラーフィットと立体構造パターンが自由な動きをサポートし、隠しジッパー付きポケットは必需品の安全な収納に役立ちます。

    • 商品名:アークテリクス「リセル フーディ」
    • 公式サイト:商品はこちら

    アークテリクス
    リセル フーディ

    サイズ:S〜XL


    アークテリクスの人気レディースジャケット

    アークテリクスからは、レディースモデルも多く販売されています。レディース用で人気のジャケットを二つ紹介します。

    ベータ LT ジャケット

    軽量でオールラウンドに着用できるジャケットです。軽量性・耐久性・快適性の3拍子を兼ね備えたゴアテックスを使用しており、あらゆる天候下での保護性を発揮します。

    ヘルメット対応のストームフードは視界を遮らず、ピットジップにより高い通気性を実現しました。動きやすさを保ちながら体の線にフィットするため、レイヤリングもしやすいでしょう。

    ウォータータイトジップ付きのハンドポケットには、小物を安全に収納できます。汎用性と機能性を追求したデザインで、アウトドアから日常使いまで幅広く対応する一着です。

    • 商品名:アークテリクス「ベータ LT ジャケット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    アークテリクス
    ベータ LT ジャケット

    サイズ:XS〜M


    ニタ シェルジャケット

    リゾートでのスキー・スノーボードに、ぴったりなジャケットです。ゴアテックス素材が高い防水性・防風性・透湿性を実現し、どんな天候でも快適に過ごせるでしょう。

    立体構造パターンが動きやすさを保証し、複数のポケットが利便性を高めています。レギュラーフィットで、レイヤリングもしやすいのが魅力です。

    スノーアクティビティ用に特化した機能としてRECCOリフレクターを搭載し、遭難時の備えもできます。DWR加工により水をはじくため、スキー・スノーボードを一日中快適に楽しめるでしょう。

    • 商品名:アークテリクス「ニタ シェルジャケット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    Arc’teryx (アークテリクス)
    ニタ シェルジャケット ウィメンズ

    サイズ: XS – XL 重さ: 505g

     

    まとめ

    アークテリクスは、その洗練されたデザインで、高級ウエアとしての地位を確立しています。商品名にはアルファベットやギリシャ文字が登場しますが、それぞれがジャケットの特徴を表しているので、覚えておくと便利です。

    アークテリクスのジャケットは、エントリーモデルからハイエンドモデルまで抜群の機能性を誇り、アウトドアシーンをサポートしてくれます。お気に入りのジャケットを見つけ、思い切りアウトドアを楽しみましょう。

    あわせて読みたい

    「アークテリクス」の新作バックパックは使い方自由自在。さぁ、どこへ行こう?

    「アークテリクス」の新作バックパックは使い方自由自在。さぁ、どこへ行こう?

    2位はモンベルとアークテリクス、1位は…?アウトドア店で売れてるレインウェア16選

    2位はキャラバン、1位は…? ショップで売れているトレッキングシューズ15選

    BE-PAL編集部員の自腹ギア大公開!買って良かったキャンプギア&アウトドア用品30選

    「ゴアテックス SNTIAGO DE COMPOSTELEAの旅」その5 ネイチャーフォトグラファー柏倉陽介さんの道具

    「ゴアテックス SNTIAGO DE COMPOSTELEAの旅」その5 ネイチャーフォトグラファー柏倉陽介さんの道具

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    「DOD」「niko and …(ニコアンド)」人気ブランド同士のスペシャルコラボが帰ってきた!

    2024.05.25

    「ユニクロ」で登山服はそろえられる?コスパ抜群のアイテムも紹介!

    2024.05.24

    大定番VS最新製品どっちがおすすめ?ウィンドシェルをプロがチェック

    2024.05.18

    春夏の登山にうれしい!finetrackのベースレイヤーに新色&半袖タイプが登場

    2024.05.18

    大雨にも耐える耐水圧10000㎜!GRIP SWANYのレインウェアで雨の日もソト遊びを楽しもう

    2024.05.17

    プリマロフトはどんな素材?特徴やおすすめジャケット・手袋を紹介

    2024.05.11

    アウトドアウェアはおしゃれで機能的!人気ブランド11選&おすすめアイテムを紹介

    2024.05.09

    【決定!】2024年7月7日(日)「BE-PAL SUV試乗会」をPICAさがみ湖で開催します

    2024.05.09