滑らないスノーブーツ18選!人気ブランドのおすすめモデルを紹介 | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドアウェア

    2024.01.21

    滑らないスノーブーツ18選!人気ブランドのおすすめモデルを紹介

    雪のアクティビティや、降雪エリアでのタウンユースにも必須のスノーブーツ。スノーブーツ選びでは、滑らないことはもちろん、防水性や保温性なども要チェックだ。人気アウトドアブランドのおすすめモデルから、自分にぴったりなスノーブーツを見つけよう。

    スノーブーツの選び方

    滑らないためにはソールをチェック

    滑りにくいスノーブーツを選ぶためには、ソールを要チェック。

    アウトソールにおすすめの素材として、ラバーが挙げられる。滑りにくいだけでなく、摩耗に強い特徴もあって耐久性も高い素材。滑りにくさを重視するなら、EVAやヴィブラムソールもチェックしよう。

    ソールの形状としては、しっかりとした凹凸が高いグリップ力を発揮する「ラグソール」がアウトドアに向いている。モデルによっては、スパイクが付いているものも少なくない。スパイクが付いていれば、凍った道を歩くときに転倒を防止してくれて安心だ。

    用途に合った丈を選ぶ

    スノーブーツの丈は、大まかに分けてショート・ミドル・ロングの3種類。

    ショートは脱ぎ履きがしやすく、取り回しのよさが特徴。テントに出入りすることが多い場合には便利だ。ただし、ほかの丈に比べて雨や雪が内部に入りやすくなっている。

    ミドルはショートとロングのいいとこどりをしたようなモデル。ふくらはぎの半分くらいが埋まる長さで、脱ぎ履きのしやすさと、雨や雪への耐性を両立している。初心者はミドル丈のブーツを買っておくと、失敗しにくい。

    ロングはひざ下までしっかりカバーするタイプ。寒冷地やウインタースポーツに出かける際に活躍する。ただ、足の大部分がカバーされることにより、ほかの丈に比べて動きにくい。

    防水性や防寒性も大事なポイント

    スノーブーツである以上、防水性・防寒性といった機能面は見逃せない。防水性については、ゴアテックス素材を使ったものがおすすめだ。ゴアテックスは防水性と透湿性を両立しており、長時間履いていても蒸れないのが特徴。独自の防水機能を有しているメーカーもある。

    豪雪地帯を歩くなら、長靴のようにソールと本体が一体になっている完全防水タイプがいいだろう。

    防寒性については、インナーの素材に注目しよう。動物の毛のような見た目のボアは、オシャレさと保温性を兼ね備えた素材。ウェアで使われる発熱素材をインナーに使ったモデルもある。

    ▼参考記事
    スノーブーツはどのブランドがおすすめ?アウトドアモデル6選

    Columbia(コロンビア)

    Columbia(コロンビア)
    SAPLAND II CHUKKA WP OH INFINITY
    (サップランド ツー チャッカ ウォータープルーフ オムニヒートインフィニティ)

    保温性とグリップ力で選ぶならブーツタイプがおすすめ。手袋をしたままでも脱ぎ履きが簡単にできるチャッカタイプで、スピードシューレース、ヒールタブが付いているのもポイント。

    ●サイズ:23.0cm~29.0cm(ユニセックス)

     


    Columbia(コロンビア)
    SAPLAND II LO WATERPROOF
    (サップランド ツー ロウ ウォータープルーフ)

    同シリーズのスニーカータイプ。気軽にカジュアルに履きこなしたいなら、こちらが最適。ナイロン素材でストレッチ性のある履き口はとても快適だ。

    ●サイズ:23.0cm~29.0cm(ユニセックス)

     

    札幌市とポートランドのコラボ「サップランド」


    コロンビアの発祥の地であるアメリカ・オレゴン州ポートランド(PortLand)と、その姉妹都市である札幌市(Sapporo)の名前を掛け合わせた、その名も「SapLand(サップランド)」。路面凍結や降雪など冬の厳しさが似ている両都市で快適に暮らせるようにと作られたウィンターシューズだ。

    雨にも雪にも強い! 悪天候でも安心して履ける

    CORDURA(R) fabric:独自の生地設計技術で摩耗強度、引裂き強度、引っ張り強度が優れたファブリックを開発。

    表地には耐久性に優れた「コーデュラファブリック」を使用。雨にも雪にも強い防水構造なので悪天候でも快適に履くことができる。

    Vibram ARCTIC GRIP:細かい突起付きのラグ(凸部)が、どんな状態でも摩擦力を得て、安定したグリップ力を発揮する。

    さらにアウトソールには、-20℃でも硬化せず、濡れた氷上から氷点下まで安定したグリップ力を発揮できるヴィブラム社のオリジナルソール「アークティックグリップ」を採用。この驚異的なグリップ力により、氷上でも滑らずに履くことができるのだ。

    極寒の地でも温かさをキープして快適!

    Omni-Heat Infinity:暖かいのに、蒸れにくい熱反射ゴールドを採用。

    コロンビア独自の熱反射保温機能「オムニヒートインフィニティ」機能により、シューズ内の温度をキープ。クッション性と通気性に優れた「オーソライト」というインソールを採用し、長時間履いても疲れず、快適に過ごすことができる。

    ウィンターブーツとスニーカー、あなたはどっち派?

    がっつり冬仕様を求めるならブーツタイプ、カジュアルにタウンユースするならスニーカータイプ、アウトドアシーンだけでなく毎日の生活でも活躍する「サップランド」シリーズは、この冬必見シューズだ。

    ▼参考記事
    コロンビアの「サップランド」は、驚きのグリップ力と保温力で冬の足元を支えてくれる!


    Columbia(コロンビア)
    YELLOWTAIL BOOT ADVANCE WP OHI
    (イエローテイル ブーツ アドバンス ウォータープルーフオムニヒートインフィニティ)

    YELLOWTAILは、コロンビアの定番ウィンターブーツをアップデートしたモデル。保温、防水、防滑という3つの機能を兼ね備えている点が特徴。こちらは保温性の高いロングブーツタイプ。

    ●サイズ:23.0cm~29.0cm(ユニセックス)
    ●重量:目安重量414g(27.0cm)、336g(24.0cm)

     


    Columbia(コロンビア)
    YELLOWTAIL SHORTY ADVANCE WP OHI
    (イエローテイル ショーティー アドバンス ウォータープルーフ オムニヒートインフィニティ)

    同シリーズの汎用性の高いショーティータイプ。

    ●サイズ:23.0cm~29.0cm(ユニセックス)
    ●重量:目安重量392g(27.0cm)、312g(24.0cm)

     

    保温、防水、防滑のほかにも扱いやすい工夫

    コロンビア独自の熱反射保温機能「オムニヒートインフィニティ」を搭載することで、効率よく体温を反射、瞬時に暖かさを提供する。また、表地には防水素材を採用しているため、雨や雪の日でも快適に過ごせる。

    ミッドソールはEVAの厚みを増すことで、軽量ながらも高いクッション性を実現。アウトソールにはヴィブラム・メガグリップを採用、耐久性に優れ、濡れた路面でも強いグリップ力を発揮する仕様になっている。

    ほかにも、バンジーコードで足首周りのフィット感を高められたり、アジャスターをつけることで手袋をはめたままでも調整できたりと、扱いやすい工夫が随所に施されている。

    ▼参考記事
    こんなウィンターブーツがほしかった!コロンビアの「YELLOWTAIL」はアウトドアからタウンユースまで余裕で使えるぞ

    THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

    THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
    ヌプシブーティ ウォータープルーフ Ⅶ

    暖かい中綿入りで防寒性バツグンな冬のド定番。濡れても保温性が低下しにくい化繊綿「THERMOLITE EcoMade」を封入。アウトソールには低温によるラバーの硬化を抑えてグリップ力を維持する、ヴィブラム社の「Icetrek」が採用されている。

    ●サイズ:US6~11(1インチきざみ/24~29cm) 

     

    ▼参考記事
    寒いフィールドを歩くための最高の相棒とは?おすすめウォームシューズ&ブーツ29選


    THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
    ヌプシブーティ ウォータープルーフ ロゴ ショート SE

    濡れても保温性が低下しにくい化繊綿「THERMOLITE EcoMade」を封入したスノーブーツ。アウトソールには低温によるラバーの硬化を抑えてグリップ力を維持する、ヴィブラム社の「Icetrek」が採用されている。

    ●サイズ:US6~11(1インチきざみ/24~29cm)

     

    ▼参考記事
    寒いフィールドを歩くための最高の相棒とは?おすすめウォームシューズ&ブーツ29選


    THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
    スノーショット プルオン

    保温材「THERMOLITE EcoMade」を封入。万一濡れたときでも機能が低下しにくく、保温力の信頼度はバツグン。爪先にはゲーターフックが付いているので、雪深いフィールドにも履いていける。

    ●サイズ:US6~11(1インチきざみ/24~29cm) 

     

    ▼参考記事
    寒いフィールドを歩くための最高の相棒とは?おすすめウォームシューズ&ブーツ29選

    mont-bell(モンベル)

    mont-bell(モンベル)
    コルチナブーツ Men’s

    寒冷地への旅行や日常使いに向くショートタイプ。雪が付着しにくいアッパーと、濡れに強いポリエステル綿「エクセロフト」の組み合わせ。ブーツ状の防水透湿素材が内蔵されているので、防水性もバッチリだ。雪面、凍結路に強いアウトソールを搭載。

    ●サイズ:24~29cm(1cmきざみ)

     

    ▼参考記事
    寒いフィールドを歩くための最高の相棒とは?おすすめウォームシューズ&ブーツ29選


    mont-bell(モンベル)
    アスペンブーツ Men’s

    コードロック付きシューレースを採用することで、編み上げる手間もなくスピーディーにフィッティングできる。雪上で優れたグリップ力を発揮する独自開発のアウトソール「アイスグリッパー」を採用。保温材はシンサレート。

    ●サイズ:24~29cm(1cmきざみ)
    ●片足重量:約570g(26cm)

     

    ▼参考記事
    モンベルから、スノーシューや冬の低山トレッキングに最適な一足ほか[ あったかアウトドアブーツ図鑑 ]


    mont-bell(モンベル)
    ネージュウォーカー Men’s

    雪が付着しにくいアッパー素材を採用した、シンサレート保温材内蔵タイプ。内側には暖かいフリース素材がライニングされ、薄手ながらも保温性はバッチリ。スノーシューや冬の低山トレッキングに最適な一足だ。

    ●サイズ:24.0~29.0cm(0.5cmきざみ)
    ●片足重量:約510g(25.5cm)

     

    ▼参考記事
    モンベルから、スノーシューや冬の低山トレッキングに最適な一足ほか[ あったかアウトドアブーツ図鑑 ]

    KEEN(キーン)

    KEEN(キーン)
    HOODコレクション
    フッドロメオ ウォータープルーフ 

    リサイクルPETから作られる独自の保温材「KEEN WARM」100gを使用したモデル。ホールド感を高めるストラップ付き。

    ●サイズ:25.0~28.0cm(0.5cmきざみ)、29、30cm 

     

    ▼参考記事
    寒いフィールドを歩くための最高の相棒とは?おすすめウォームシューズ&ブーツ29選


    KEEN(キーン)
    GLIESER TALL WP(グリーザー トール ウォータープルーフ)

    ビンディングのない木板で雪の斜面を滑る、ウィンターアクティビティ・雪板のパイオニア「芽育”MAKE”雪板研究所」の五明淳氏がディレクションした、ハイカットデザインのウィンタースニーカー。街から雪寒地まで、天候やシーンの境界線を越えてウィンターシーズンをアクティブに快適に過ごせる。

    ●サイズ:25.0~29.0cm

     

    防水、防寒機能は万全


    このウィンタースニーカーは環境負荷を低減した、なめし加工を行なっているLWG(レザーワーキンググループ)認証のスエードレザーのアッパーに施した撥水加工と、独自の防水透湿素材KEEN DRY(キーン・ドライ)で防水機能は万全。

    また、独自の保温素材KEEN WARM(キーン・ウォーム)を100g使用し、マイナス20度Cまで快適な保温性をキープし、サーマルヒートシールドフットベッドが地面からの冷気を遮断して足室内を暖かくドライに保つことができる。

    スケートボードにも、ウィンターシーズンの街歩きにも


    スケートボードや雪板での着用も想定し、ヒールとアッパーのフィット調整を自在にするKONNECTFIT(コネクトフィット)機能を搭載。板乗り時にも足裏の感触を感じる厚みのソフトなアウトソール設計を採用している。

    ウィンターシーズンの街歩きのときにも。

    雪山でスノーボードや雪板に興じるときの足元は暖かく。

    ▼参考記事
    早く雪山に出かけたい!「KEEN」からハイブリッド・ウィンタースニーカー誕生


    KEEN(キーン)
    アンカレッジブーツⅢ

    すっきりとしたシルエットがかもしだす上品さが魅力のサイドゴアブーツ。アウトドアシューズメーカーのウィンターブーツだけあって、グリップ力のあるアウトソールなど、肝心なところは重厚にできているが、全体の上品さは損なわれていない。オンでもオフでも履ける出番の多いブーツだ。

     

    独自の保温素材を採用


    インナーにはポリエステルに竹炭を混ぜた「KEEN.WARM」という保温素材を採用し、竹炭の遠赤外線効果で保温性を高めている。


    フットベッドが地面からの冷気を遮断する。

    ▼参考記事
    上品さと重厚さをあわせもつウィンターブーツの定番

    MERRELL(メレル)

    MERRELL(メレル)
    THERMO OVERLOOK 2 MID WATERPROOF
    (サーモ オーバールック 2 ミッド ウォータープルーフ)

    氷の上で滑りにくいだけでなく、厳しい環境での保温性もあわせ持ったブーツ。イタリアのシューズソールメーカー ヴィブラム社とメレルが共同開発したVIBRAM ARCTIC GRIP(シリーズヴィブラム・アークティック・グリップ)を搭載したシリーズだ。安定感抜群で滑りにくい。

    ●サイズ:25.0~28.0、29.0、30.0cm

     

    驚異的なグリップ力


    安定感抜群の滑りにくいソールVIBRAM ARCTIC GRIP。シロクマの肉球をモデルにしたという細かい凹凸が特徴的で、濡れた氷の上でも高い摩擦力を維持。しっかりと地面を捉えてくれるので滑りにくい。

    透湿防水生地と保温素材で、足元も暖かい

    防水性能にも優れており、真冬の冷たい雨の日でも抜群の保温力を誇る。防寒着のように200gの保温素材が入れられており、メレル独自の透湿素材やインソールがシューズ内を快適に保ってくれる。

    ▼参考記事
    メレルのミッドブーツに新パターンが登場!驚くほど滑らないグリップ力を体感しよう

    HI-TEC(ハイテック)

    HI-TEC(ハイテック)
    ORNIS HI(オルニス ハイ)

    ガラス繊維を配合した防滑ラバー「グラスクロウ」を搭載。アッパーには、高い透湿性能を持つ透湿防水メンブレン「ドライハイ ストーム」を採用しているほか、保温性の高いインナーなど、本格的な冬シーズンに最適の機能を多数備えている。

    ●サイズ:22.5~28.0 29.0cm

     


    HI-TEC(ハイテック)
    ORNIS CHUKKA(オルニス チャッカ)

    同シリーズのスニーカータイプ。

    ●サイズ:22.5~28.0 29.0cm

     

    凍結した路面でも安心な防滑ラバー「グラスクロウ」

    「ORNIS HI (オルニス ハイ)」「ORNIS CHUKKA (オルニス チャッカ)」は、ガラス繊維を配合した防滑ラバー「グラスクロウ」を搭載。特に、凍結した路面で優れたグリップ力を発揮する。

    アッパーには、高い透湿性能を持つ透湿防水メンブレン「ドライハイ ストーム」を搭載。ソール接着面から漏水しにくいデザインも採用し、雪だけでなく雨の日でも十分な機能を発揮する。

    シューズ内の快適性をキープするインナー素材


    インナーには、空気層を多く含み、足全体を包み込んで暖かさが持続する「サーマルパック」を搭載。さらに、「マイクロフリース」も採用し、シューズ内の湿気を吸収して乾燥させる機能も備えている。

    ▼参考記事
    多機能ウィンターブーツ「ハイテック」2023年モデルは暖かさ長持ち、湿気も吸収!

    SOREL(ソレル)

    SOREL(ソレル)
    カリブー ウォータープルーフ

    ヌバックレザー製のアッパーと、ラバー製のボトムが印象的なスノーブーツ。マイナス40度Cまで耐えられる、きわめて優秀な保温性が特徴。

    ●サイズ:25~30cm(メンズ)、22~26cm(ウィメンズ)
    ●重量:片足901g(27cm)

    教えてくれたのは…
    アウトドアライター
    斎藤純平さん

    キャンプに関する記事を中心に執筆しているアウトドアライター。趣味はキャンプ・国内旅行・バイク・スキューバダイビング。温泉や神社を巡るのも好きで、そこそこ詳しい自信あり。どこにも定住しない自由気ままな生活を目指すため、ライターとして活動している。

     

    圧倒的な保温性をもたらすインナーブーツ

    ソレルが持つ、圧倒的な保温性。それにもっとも大きく貢献しているのが、4層構造を採用したフェルト製のインナーブーツだ。内側と外側で異なる素材を用い、中間層には熱を反射するアルミフィルムを内蔵。外気から伝わる冷たさをカットするとともに、内部の温度をキープしてくれる。

    履き心地のよさも長所。インナーブーツは厚さが9mmあり、クッション性に富んだ快適な装着感をもたらしてくれる。

    履き口にはボアをあしらい、上部からの雪の入り込みをブロック。見た目における温かさを感じさせるとともに、ファッション性にも貢献している。また、インナーブーツは着脱可能。仮に濡れてしまっても、取り外してスピーディーに乾かせる。

    ラバー性のボトムは完全防水

    カリブーの大きな特徴の1つである、ラバー性のボトム。この部分は水の浸入をいっさい許さない完全防水仕様。水たまりはもちろんのこと、雪の降りはじめや雪解けの時期にありがちな、シャーベット状になった雪の上も気にせず歩ける。

    タン(ベロ)を広げるとこのとおり。20cmほどの高さまでカバーする。

    ヌバックレザー製のアッパーもまた、すぐれた防水性を確保。防水シームシールや、タン(ベロ)とアッパーがつながった構造など、水の浸入を防止する機能が充実している。

    ミッドソールには、厚さ2.5mmの「圧縮フェルトフロストプラグ」なる素材を搭載。雪から伝わる苛烈なほどの冷たさも、強力にブロックする。これらの装備によって外気による冷え、雪から伝わる冷たさ、そして雪や水の侵入を防ぐことにより、異次元の保温性能を実現。

    足を通したあとにシューレースをしっかり結び、隙間がない状態にすることで、カリブーが持つ保温性能を最大限発揮できる。

    雪上で強力にグリップする特徴的なソール

    カリブーのソールには、ほかのメーカーのブーツではまず見られない特徴的なパターンを採用。コブの1つ1つが雪にしっかり食らいつき、踏み込みの力を余すことなく地面に伝える。ソール自体がやわらかく、地面の凹凸に沿うようにコブが動く点も独特。足の裏に伝わる感触で地面の状態がよくわかり、適切な足運びを可能にしている。

    雪が挟まりにくいのもカリブーの強み。ソールの溝が雪で埋まってしまい、グリップ力が低下することがない。防寒性能にスポットが当てられることが多いカリブーだが、歩きやすさもなかなかのものだ。

    インナーブーツは単品で購入できる

    インナーに穴があいたからといって、大切にしていたブーツそのものとお別れする必要はない。カリブーのすぐれた保温性能の肝をになうインナーブーツは、劣化や破損が見られた場合、単品での購入が可能。

    ▼参考記事
    マイナス40度Cに耐えられるスノーブーツの決定版。ソレル「カリブー」の魅力にせまる

    SALOMON(サロモン)

    SALOMON(サロモン)
    ツンドラ プロ CSWP

    ナノ技術を駆使したAEROGELSという、超軽量かつかさ高を抑えた特殊なインシュレーションを採用。見てのとおりスリムなデザインだが、マイナス40度Cの環境下まで対応可能だ。極寒下でのアクティブな活動に最適。

    ●サイズ:25.0~28.5cm(0.5cmきざみ)
    ●片足重量:670g(27.0cm)

     

    ▼参考記事
    【あったかアウトドアブーツ図鑑】サロモンから、極寒下でのアクティブな活動に最適な一足ほか

    あわせて読みたい

    「雪中キャンプ」の基本、教えます!

    【キッズ冬ウェア】子どもの雪遊びに大活躍!コロンビアのシューズとウェア

    【キッズ冬ウェア】子どもの雪遊びに大活躍!コロンビアのシューズとウェア

    3位は焚き火、2位はスキー、1位は…!?BE-PAL読者がこの冬やってみたいアウトドアアクティビティBEST5

    DIYで自作できる雪上サーフィン!?「雪板」って何だ?

    DIYで自作できる雪上サーフィン!?「雪板」って何だ?

    「冬キャンプは手持ち無沙汰」になってない?ファミリーで冬の自然を楽しむ方法

    【子育てパパ長野修平の青空日記vol.03】わら細工でエコライフ

    【子育てパパ長野修平の青空日記vol.03】わら細工でエコライフ

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    ROOTから吸汗速乾&UVカットのメンズ用ショートパンツが出た!アウトドアで快適に過ごせるぞ

    2024.06.21

    常に携帯したい超軽量レインウェア&日常使いしやすいレインコート・レインポンチョ11選

    2024.06.21

    SALOMON (サロモン) / アウターパス ウォータープルーフ プロ 2.5L ジャケット

    2024.06.20

    Black Diamond (ブラックダイヤモンド) / ハイライン ストレッチシェル

    2024.06.20

    登山やロングトレイルでの悪天候にも対応するタフな一着!レインウェアのハイエンドモデル7選

    2024.06.20

    雨の日も楽しくなる!最新レインウェアのおすすめエントリーモデル&アウトドア傘14選

    2024.06.19

    コロンビアのおすすめレインウェア10選!独自の防水透湿技術も紹介

    2024.06.17

    バーベキューに行く際の服装は?注意したいポイントからおすすめのコーデ例まで解説

    2024.06.15