秋キャンプの服装はどう選ぶ?シーン別コーディネートと寒さ対策のコツ | アウトドアの知識 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアの知識

    2023.10.08

    秋キャンプの服装はどう選ぶ?シーン別コーディネートと寒さ対策のコツ

    筆者私物。

    筆者が秋キャンプを楽しむ際のコーディネート。

    秋といえばキャンプシーズン。暑さがひと段落して過ごしやい季節はアウトドアにぴったりです。

    とはいえ、秋は日中と夜の寒暖差が大きくなる季節でもあるため、服装の防寒対策はしっかり考えておきたいところ。その上でキャンプのファッションを楽しめれば最高ですよね。

    今回は秋キャンプのコーデを考える上でのポイントを、実際のコーディネート例を紹介しながら解説していきます。

    秋キャンプの服装選びを迷っている方は、参考にしてみてくださいね。

    秋キャンプの服装の選び方

    まずは秋のキャンプコーデにおいて、押さえるべきポイントをお伝えします。

    (1)基本は重ね着

    秋キャンプの基本は、重ね着になります。

    朝晩と日中で寒暖差が大きくなるため、気温に応じて温度調節しやすい服装を選ぶことが大切です。

    コーデに使用する服。

    季節感のある色味のものにするのもおすすめ。

    具体的には、インナーシャツなどをベースに着脱しやすい厚手のシャツやパーカー、ライトなダウンなどを合わせます。

    初心者の方におすすめなのは、ユニクロのダウン系アイテム。値段が手頃なうえに使い勝手が良く、持っていて損はないアイテムです。

    気温によって羽織るものを変えれば、さまざまなシーンに対応できます。

    ダウンを羽織ったところ。

    インナーにユニクロのリサイクルダウンを羽織ったところ。重ね着は簡単に温度調節ができます。

    (2)機能性を考える

    機能性を考えた服選びも忘れてはいけません。服自体が持つ保温性や防風性、動きやすさなどもチェックしながら購入しましょう。

    筆者が秋キャンプで重宝しているのは、ユニクロのヒートテックシリーズ。広く知られている通り、インナーとしての機能は申し分ありません。保温の面では抜群の機能を有しており、種類やカラーの多さも高ポイントです。

    Vネックやタートルネックなどのデザイン違いもあるので、お好みでファッションに合わせた取り入れ方ができますよ。

    ユニクロのヒートテックシリーズ。

    インナーにはユニクロのヒートテックシリーズを。ユニクロは、アウターだけでなくインナーも優秀です。

    ボトムスは保温性を考慮しつつ、動きやすさも意識してチョイスしましょう。

    筆者の場合は、保温効果のあるレギンスを着用したショーツスタイルや、スウェット素材を取り入れたラフなスタイルでキャンプを楽しむことが多いです。

    スエット素材のボトムス。

    スウェット素材のボトムス。裏起毛になっているものもあり、寒い時期の心地良さは抜群です。

    レギンスによるショーツスタイル。

    ユニクロのコットンシャツにレギンスを合わせたショーツスタイル。

    このような機能性のあるスタイルはハイキングなどにも応用ができます。

    キャンプだけでなく、他のアウトドアにも使いまわせるアイテムをそろえておくのもおすすめです。

    (3)足周りはしっかり冷え対策

    足元は見落としがちですが、冷えやすいため対策が欠かせません。

    秋のキャンプには厚手の生地のものや、防寒用靴下などがおすすめです。最近は柄入りのおしゃれなものもたくさん売られているので、ファッション感覚で楽しんでみてはいかがでしょうか。

    柄物の靴下。

    足元の防寒対策に欠かせない靴下。また、柄物を取り入れることでファッションのアクセントにもなります。

    その他、ダウンシューズや冬用サンダルなども販売されています。有効活用することで、足元の防寒対策にもなりますよ。

    柄物の靴下着用例。

    温かみのある柄物の靴下は、暗くなりがちなコーデにアクセントを加えてくれます。

    シーン別秋キャンプの服装例

    続いては、筆者が実際に秋キャンプで着用しているコーデをシーン別に紹介します。

    日中

    日中の暖かいうちは、厚手のネルシャツなど、さらりと羽織れるものがおすすめ。

    秋とはいえ、日中でも汗ばむ陽気の場合もあるので、温度調節しやすい服装が快適です。

    日中のコーデ例。

    こちらはユニクロのフランネルチェックシャツを着用したところ。秋らしいカラーで季節感を演出してみました。

    夜になれば、日中からは想像ができないほどに冷え込む場合があります。

    日中のコーデに、厚手のスウェットやフリースなどは最低限プラスする必要があるでしょう。薄手のダウンもおすすめです。

    夜のコーデ例。

    日中が暖かくても夜となると冷え込んできます。厚手のスウェットやダウンは必携です!

    寝るとき

    寝るときは夜の服装とは異なり、厚手のものを着ていると寝苦しさにもつながります。

    筆者の場合は、ヒートテックをベースに、必要に応じてスウェットなどで調節する程度にしています。

    寝るときのコーデ例。

    寝る際には肌触りのいいコットン素材もいいでしょう。これに、気温に合わせてスウェットなどで調節します。ボトムスは穿き心地の良いスウェットが◎。

    秋の夜を侮ることなかれ!寒さ対策のコツ

    街ではまだ半袖の人も見かける秋ですが、キャンプ場は冷え込むので注意が必要!夏の延長で考えていると、寒さに震えてしまうかもしれません…。

    いざというときの対策として、これらのアイテムも持参しておくと安心です。

    (1)小物を活用する

    秋の寒さ対策は、小物をうまく活用しましょう。服だけではカバーできない部分を補ってくれるため、快適なキャンプには欠かせません。

    例えば、手袋やネックウォーマーなど日常生活で使うものが、キャンプでも活躍してくれます。また、寒さ対策はもちろん、虫刺されなどの予防にもなりますよ。

    帽子もおすすめ。防寒だけでなく、日除け対策になって便利です。小物ならそこまで荷物にならないので、必要に応じて用意しましょう。

    手袋やネックウォーマーの着用例。

    手袋やネックウォーマーは寒さ対策の必須アイテムと言っても過言ではありません。アウトドア用でなくでも十分代用できます。

    (2)カイロや湯たんぽを用意する

    また、カイロや湯たんぽもいざというときに役立ちます。

    こちらもそこまで荷物になるわけではないので、いくつかバッグに忍ばせておきましょう。

    秋キャンプは余分に着替えを持っていこう

    秋は気温が快適なため、キャンプに挑戦しやすい季節。初めてキャンプ場へ訪れる人というも多いかもしれません。

    キャンプ場の朝晩は、想像以上に冷え込みます。「秋ならまだまだ半袖で大丈夫!」などと高を括らず、服装は抜かりないように準備しておくことをおすすめします。余分に持っていくくらいの気持ちで十分です。

    脱ぎ着のしやすい羽織ものや、保温効果のあるインナーをそろえて、秋キャンプを快適に楽しみましょう。

    私が書きました!
    アウトドア愛好家
    たまぞう
    キャンプギアの選定は「良いモノを長く」がモットー。また、ギアができた背景や、作り手の思いがあるモノに惹かれがち。キャンプを通じて、さまざまなカルチャーとふれあい、発信していきたいと思っている。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアの知識 』新着編集部記事

    キャンプ場でのマナーやNG行動を紹介。初心者は特に注意しよう

    2024.05.30

    雨キャンプの楽しみ方6選!必需品とテント設営・撤収のコツも紹介

    2024.05.28

    安全&快適に過ごすために…登山で気をつけるべき5つの心得

    2024.05.26

    初心者向け!日帰り低山ハイクでこれだけははずせない登山の持ち物8つ

    2024.05.25

    失敗しない「ファミリーキャンプの楽しみ方」って?

    2024.05.05

    ハッカ油を使って虫除け対策!簡単な虫除けスプレーの作り方から注意したい点まで紹介

    2024.05.02

    ハッカ油を活用した4つの虫除けレシピ!使用の注意点も

    2024.04.30

    ポーラテックはキャンプなどアウトドアに必須?おすすめの素材と商品を解説!

    2024.04.12