キスでヒラメを狙ってみる! がその結果は…!? | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海・川・カヌー・釣り

    2017.04.30

    キスでヒラメを狙ってみる! がその結果は…!?

    連載【漕いで、釣って、食べて】カヤックフィッシング奮闘記Vol.32

    これまでカヤックで様々な魚種を狙ってきたが、今回はヒラメ釣りに挑戦してみることにした。ヒラメの釣り方にはいろいろあって、ルアーでも釣れるが、圧倒的に餌の方が有利だという。遊漁船では生きたイワシをそのまま仕掛けにつけて、それを捕食するヒラメを狙う「泳がせ釣り」が一般的だが、カヤックではイワシの群れを見つけるのも一苦労なので、イワシの代わりにキスを餌にすることにした。

    今夜はヒラメの刺身で

    キスなら砂地にいるし、ヒラメもまた砂地を好むから、同じ場所で釣りができる。ただし、キスもヒラメも海底にへばりついているため、魚探には映らない。リスキーではあるが、チャレンジしてみる価値はある。というわけで、4月12日、逗子から出航。目指すは葉山沖、水深10メートル前後の海底が砂のポイント。

    まさかのキスが全然釣れない状態

    まずは餌となってくれるキスをアオイソメで狙う。これは『以前』にやった釣り方と同じ。海底に仕掛けを落とし、ずるずる引いてくるだけ。初心者でも楽に釣れる。はずが、しばらくやってもまったく反応がない。少しポイントを移動してみるが、結果は同じ。時間ばかりが過ぎていく。まさか、キスが釣れないとは。そこから? という状態に。

    やっと釣れたと思ったら、メゴチ

    朝7時半頃からはじめて、気がつけばお昼を過ぎている。その間、何も釣れず。ありえない展開に。このままではまずい、しかしまず餌が釣れてくれないことには、ヒラメは狙えない。と、ここでようやく竿先にクンクンという当たりが! やっと来たか、と喜んだが、あがってきたのはキスではなく、メゴチ。

    弱らないうちに投入しないといけないのでアップの画像はカット

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    この時期は金色のマトウダイも出現!? 海藻の中で暮らす生き物たちを水中写真でご紹介

    2024.02.10

    正月前に挑戦!ゼロ円で”世界一贅沢なお雑煮”を作ってみた<ヒラツメガニ釣り編>

    2023.12.23

    本田 亮「野田兄貴よ、永遠に!」【野田知佑追悼リレーエッセイ 第2回】

    2023.12.22

    水中写真で求愛行動を紹介!お腹の大きなカサゴのメスを釣り上げたらリリースしてあげてね

    2023.12.08

    埼玉・秩父「あしがくぼ渓谷国際釣場」の渓流で、はじめてのファミリーフィッシングに挑戦

    2023.11.23

    水中写真でご覧あれ! 落ち葉と同化する海の生き物たちの姿

    2023.11.20

    シェルパ斉藤「僕らがたったひとりで旅に出る理由」【野田知佑追悼リレーエッセイ 第1回】

    2023.11.19

    モンベル代表・辰野勇さんが日本人初の「国際ホワイトウォーター殿堂」入り! カヌー・カヤック普及の功績で 

    2023.11.12