パタゴニア初のラガービールが誕生!新穀物のカーンザで造る地球を修復するビールの中身とは | サスティナブル&ローカル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • サスティナブル&ローカル

    2023.06.18

    パタゴニア初のラガービールが誕生!新穀物のカーンザで造る地球を修復するビールの中身とは

    今日飲むビールがCO2削減に寄与するビールだとしたら。ひと味違ったビールタイムが楽しめるかもしれない。

    パタゴニアが発売する「ロング・ルート」は、そんなうれしいクラフトビールだ。

    「ロング・ルート・ラガー」の発売を記念して、6月はじめにパタゴニア東京・渋谷店で開かれたキャンペーンの様子。スタンドの左にディスプレイされているのが、原材料「カーンザ」と従来の小麦を比較した写真。

    パタゴニアが造るラガーとは?

    パタゴニアは、故郷である地球を救うためにスタートした食品コレクション「パタゴニア プロビジョンズ」から、2016年のペールエールを皮切りに、ウィット(ベルジャンホワイト)、IPA、ヘイジーIPAとリリースしてきた。今回、第5弾にして初のラガータイプだ。

    ラガーといえば、世界中でもっとも愛され、飲まれているビール。日本の大手メーカーが生産する多くもこのスタイルだ。

    スッキリした飲み口と喉ごしで私たちにも馴染み深い。そのラガーの中にもいくつかタイプがあり、「ロング・ルート・ラガー」はドイツ・ミュンヘン地方発祥の明るい色をした「ヘレス」というスタイルだ。アルコール度は4.2%と低めで、爽快に飲めるところは、まさに夏向き。

    ラガーの中でも淡色のヘレスタイプ「ロング・ルート・ラガー」。ハニーモルトとフローラルなホップの香りに加え、ほんのりスパイシーなフレイバーがカーンザの特徴。直営店やオンラインストアなどで販売。限定醸造につきなくなり次第終売。画像:Daisuke Hayashi ©2023Patagonia, Inc,

    長〜い根の原材料カーンザが環境負荷軽減のカギ

    特徴は原材料にある。ビールの主原料は麦(大麦や小麦)。これに加えてパタゴニアのビールにはカーンザという新種の穀物が使用されている。

    耳慣れない植物名だろう。小麦の仲間の一種で、長い根を持つ多年生だ。環境負荷を減らす穀物として、40年ほど前から研究、開発されてきた。

    大麦や小麦は一年生であるため、毎年、畑を耕して作付けする必要がある。この耕す=耕起という作業が、実は畑にとってあまりいいことではないらしい。耕起は言い換えれば表土を傷つけているに等しいからだ。現代農業における大麦や小麦は農薬や肥料も大量に要する。

    その点、カーンザは多年生。一度作付けすれば、毎年耕す必要はない。栽培コストが大幅に減らせる上、従来の小麦ほど生長に水を必要としない。さらに、大気中の炭素を小麦より多く吸収できるという。

    最大で地中3.6メートルまで伸びる長い根は、収穫後にも残って炭素を土に封じ込める。また、分解した後は地中の微生物たちの栄養になる。カーンザの栽培は環境負荷を下げるだけでなく、長期的に土壌の健康の維持にも寄与すると見込まれる。

    パタゴニア東京・渋谷店のビールの冷蔵庫。カーンザのビール製品化はオレゴン州ポートランドの「ホップワークス・アーバン・ブルワリー」と共同開発。オーガニック認証を持っているブルワリーだ。

    多年生穀物「カーンザ」の根を従来の小麦の短い根と比較する農業生態学者のジェリー・グローバー。カーンザの長い根は地中深くの栄養分と水まで届き、耕起を必要とせず土壌をより健康にし、一年生穀物よりも多くの炭素を土に封じ込めます。JIM RICHARDSON(C)2023Patagonia, Inc.

    カーンザの栽培品種化は、パタゴニアがパートナーシップを結ぶアメリカ・カンザス州のランド・インスティテュートで研究、開発されてきた。現在、アメリカの国内外で生産面積を増やし、生産量を高めている。

    これで「ロング・ルート」はペールエール、ウィット、IPA、ヘイジーIPA、ラガーと代表的なスタイルがそろった。定番のペールエールの他、最近のクラフトビール界と同じくヘイジーIPAの人気が高いという。

    ビール以外の活用は?カーンザのこれから

    ところで今後、カーンザはビール以外にどのように活用されていくのだろうか。

    キャンペーン中に取材に応じてくれたパタゴニア プロビジョンズの大野由紀恵さん。

    パタゴニア プロビジョンズの大野由紀恵さんは、「小麦とはひと味違う、カーンザのスパイシーな風味が楽しめます」と話す。

    ビールに関しては、原材料のカーンザを日本に輸入して醸造したほうが環境負荷は抑えられるが、国内では有機で造れるブルワリーはまだ限られるという。

    東京・渋谷店内のパタゴニア プロビジョンズの食品コーナー。

    ビールにも炭酸ガスが溶け込んでいて、飲めば身体に取り込むわけだが、その原料になる穀物の根が土中の炭素を取り込んでいる……様子を想像しながらロング・ルートをゆるゆる飲んでみましょうか。

    私が書きました!
    ライター
    佐藤恵菜
    ビール好きライター。日本全国ブルワリー巡りをするのが夢。ビーパルネットでは天文記事にも関わる。@ダイムでも仕事中。

    NEW ARTICLES

    『 サスティナブル&ローカル 』新着編集部記事

    汁なしカレー南蛮を100年前のレシピで作ってみた!【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.10】

    2024.04.12

    GWにおすすめの映画2選!美しい自然と人との関わり方について考えさせられる

    2024.04.12

    「最強の竹とんぼ」の作り方を伝授!奥の深い知育玩具を親子で楽しもう

    2024.04.10

    クラフトビールを造って売るところまで体験醸造できる東京・八王子「シェアードブルワリー」

    2024.04.08

    最低3日分の食料、備蓄してる? 実際に備蓄しているおすすめの食品例を紹介!

    2024.04.07

    どでか飯盒「ル・ブテオン」で作る、いつ食べても美味しいお雑煮レシピ【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.9】

    2024.04.05

    えっ!? あの「ほりにし」からスパイス…じゃなくて“クリーナー”が爆誕したって知ってた?

    2024.04.05

    美味しいビールの秘密を体感!リニューアルした「サントリー<天然水のビール工場>東京・武蔵野」見学ツアーへGO

    2024.04.03