「アマゾナスガール」と一緒にイキトスのクラブへ。彼女は学級委員長風だったが…。 | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海外の旅

    2017.03.27

    「アマゾナスガール」と一緒にイキトスのクラブへ。彼女は学級委員長風だったが…。

    【新米ライターは見た!】ペルーアマゾンの旅 最終回

     ロッジに着いた後、木から落ちてきたという間抜けな小猿をしばらく弄んで、私たちは小型のカヌーでピラニア釣りに出発した。

    1

     

     セティコの湖を通り、初めてオニバスというものを見た。

    2セティコの湖

    3オニバス

     テレビで子供がこの葉に乗る映像を何度か見た程度で、野生のものを見るのは初めてだった。

     大きな葉はピンと張っていて、若葉はくしゃくしゃでまだ太陽の浴び方を学んでいる途中という感じ。葉は鬼デカイのに、花はそれほど大きくなく(それでも大きいが)、白くて可愛げがあった。

     ガイドのミッチェルがカヌーを止めた。ポイントに着いたらしい。木の棒に釣り糸、釣り針のみという極めてシンプルな竿にミッチェルが鶏肉をつけてくれた。

     釣り自体もシンプルで、水面を叩く、糸を垂らす、ヒットを逃さず揚げる、それだけ。

     ピラニアが振動を感じ取り、獲物が落水したと思わせるために、釣竿で水面を叩く。バシャバシャ叩く。これがピラニア釣りの作法らしい。

     連打のおかげか、驚くほどヒットがある。一つ一つのヒットが小さく、しばらくは、ただ鶏を食われるだけの撒き餌状態だったが、終いには2人で5尾ほど釣りあげた。

    4ピラニア

     少し物足りなかったが、アマゾンツアーはあっという間に終わり、陸に戻ってきた。やはりアマゾンを味わうにはもっと奥地に入らなくてはいけないようだ。

     しかしこの後は、ミッチェルいちおしの「アマゾナスガール」と会うことになっている。これは楽しみだ。

     待ち合わせ時間まで土産屋を見歩き、琥珀のペンダントを買った。

    5土産物屋さん

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    ガラガラヘビに遭遇したときの適切な行動とは?【カリフォルニア動物ドッキリクイズ全4問】

    2024.06.21

    井浦 新さん&監督にインタビュー! 映画『東京カウボーイ』で感じる馬と人と自然のリズム

    2024.06.18

    メルボルン中心部を流れるヤラ川沿いを、ワケあって未明に歩いた【オーストラリア・メルボルン旅vol.1】

    2024.06.09

    二度目の高山病を乗り越え、世界で1番天国に近いヒマラヤの湖へ!【38歳女芸人・橋爪ヨウコの爆夢旅その9】

    2024.06.09

    New York Postに世界No.1と報じられた、中央アジアの国・タジキスタンのトイレを巡る旅

    2024.06.07

    ハイジの世界を体験!イタリア北東部・ドロミテにある標高2,000mのファミリーパークをご紹介

    2024.06.06

    開放されるのは年に数日だけ!ロサンゼルス近郊の知る人ぞ知るトレイルをハイキング

    2024.06.01

    砂漠が多いカリフォルニアの希少エリア!ロサンゼルスから2時間で行ける「カリゾ平原」って?

    2024.05.31