ソーラーランタンの売れ筋11選!用途別におすすめポイントを紹介 | ランタン・ライト・ランプ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    ランタン・ライト・ランプ

    2023.05.05

    ソーラーランタンの売れ筋11選!用途別におすすめポイントを紹介

    ただ明るいだけじゃない、プラスアルファのメリットを持ったソーラーランタンを11個厳選しました。比較検討しやすいようジャンル別に分けて、それぞれの特徴を詳しく紹介します。後悔しない買い物をするために、選び方もチェックしておきましょう。

    ソーラーランタンの選び方は?

    ソーラーランタンを選ぶ際に確認しておきたいのは、『明るさ』『連続点灯時間』『機能』の三つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

    使用シーンにふわさしい明るさがあるか

    メインライトとして使うのであれば、キャンプサイト全体を照らす明るさが必要です。1,000ルーメン前後のものを選ぶとよいでしょう。

    しかし顔の近くで使うとなると、1,000ルーメンは明るすぎて目が疲れてしまいます。テーブルランプのような手元で使うランタンは、200~300ルーメンくらいが目安です。

    テント内で使用するのであれば、150ルーメンほどあれば十分でしょう。テント内外で使用したい場合は、調光機能があるものを選ぶか、複数使いで明るさをカバーする方法もあります。

    連続点灯時間の長さは十分か

    連続点灯時間とは、フル充電した状態で何時間使えるかを表しています。明るさやデザインがちょうどよくても、すぐに使えなくなってしまってはランタンとして力不足です。

    6~7時間以上点灯するものなら、1泊のキャンプでも安心して使えます。連泊するのであれば、ソーラー充電にかかる時間もチェックしておくとよいでしょう。

    なお、調光機能のあるランタンは、使用モードによって連続点灯時間が変わることがあります。電力消費の大きいモードもあるので、最長・最短点灯時間の確認が欠かせません。

    必要な機能を備えているか

    使い勝手を左右するランタンの機能として、以下の3つがあります。

    • 充電方法
    • 携行性
    • 防水防塵性

    USB充電や乾電池が使用できれば、太陽光から充電できない日も安心です。USBポートがあるランタンには、スマホ充電に対応したものもあります。

    キャンプスタイルによっては、携行性・防水性も重要です。小さく折りたためるものなら持ち運びしやすく、防水機能があれば浸水による故障が起きにくくなります。

    なお、防水防塵性は『IP○○』と数字で表示されます。最初の数字が防塵・2番目が防水性能で、数字が高いほど優れた機能を持っているということです。

    参考:IP試験 (防水試験・防塵試験) | 日本品質保証機構(JQA)

    おしゃれなソーラーランタン3選

    ランタンは照明としての役割がメインですが、キャンプサイトのインテリアでもあります。おしゃれなサイト作りにこだわる人向けに、デザイン性の高いソーラーランタンをピックアップしました。

    キャリーザサン「Medium Light」

    約11×11×11cmの大きさで、コロンとしたフォルムがかわいいランタンです。全体が発光して周囲を照らす様子は、まさに持ち運びできる小さな太陽のようです。

    折りたたむと厚さ約1.2cmになるため、わずかな隙間にも収納できます。上部に付いているベルトをフックに引っ掛けて、吊り下げ照明にしてもよいでしょう。

    約10・20・100ルーメンの3段階に調整でき、連続点灯時間はそれぞれ約72・42・10時間となっています。最大の明るさでも約10時間持つので、夕方から就寝まで充電残量を心配することなく使えそうです。また、防水防塵規格はIP67です。

    • 商品名:キャリーザサン「Medium Light」
    • キャリーザサン公式オンラインストア:商品はこちら

    キャリーザサン
    Medium Light

    サイズ:88×88×88mm(使用時)、170×88×12mm(収納時) 重量:57g


    DI CLASSE「LEDソーラーランタン ノッテ S」

    ラグジュアリーなキャンプにぴったりな、キャンドル風のLEDランタンです。優しいオレンジ色の光が本物の炎のように揺れて、特別な夜の雰囲気を演出します。

    サイズは直径約10cm、高さ約21.4cmで、テーブルランプにちょうどよい大きさです。よく晴れた日に太陽光の下に置いておけば、約8時間の充電で約6時間連続点灯します。

    防滴仕様となっているため、ちょっとした水はねくらいなら気にならないでしょう。ただし、完全防水仕様ではないため、雨天での使用は避けた方が賢明です。

    なお、割れやすい素材でできているため、持ち運びの際は緩衝材を入れておいた方がよいでしょう。

    • 商品名:DI CLASSE「LEDソーラーランタン ノッテ S」
    • DI CLASSE公式オンラインストア:商品はこちら

    DI CLASSE
    LEDソーラーランタン ノッテ S

    サイズ:直径0.1 X 高さ0.214(cm 重量:0.54kg


    キャプテンスタッグ「フローティングLEDランタン type2」

    ドリンクボトルを思わせる形をした、水に浮かべて使える防水ソーラーランタンです。ブルー・グリーン・ピンクはどれも優しい色合いで、昼間もインテリアとしてそばに置いておきたくなります。

    中は空洞になっているので小さく折りたたむことができ、使用時は収納ケースとしても使えます。エマージェンシーギアをしまっておけば、雨に降られても濡れる心配はありません。

    明るさはHigh・Lowモードに調整可能です。Highモードは約100ルーメンで連続約5時間、Lowモードは約50ルーメンで連続約12時間使用できます。

      • 商品名:キャプテンスタッグ「フローティングLEDランタン type2」
      • キャプテンスタッグ公式オンラインストア:商品はこちら

    キャプテンスタッグ
    フローティングLEDランタン type2

    サイズ(約):外径95×高さ167mm(ハンドル含まず) 収納サイズ(約):幅130×奥行100×高さ90mm 重量(約):200g


    USB充電機能付きソーラーランタン2選

    晴れているときにはとても便利なソーラーランタンですが、日射量が少ないとなかなか充電できません。天気の悪い日にも使用するなら、USB充電機能付きのランタンを選ぶとよいでしょう。

    DOD「LEDソーラーポップアップランタン」

    単3乾電池3本使用で通常のランタンとして使用できるほか、ニッケル水素電池を利用すればソーラー・USB充電に対応します。充電用ケーブルも付属するので、別途買い足す必要はありません。

    使用時のサイズは直径約8.5cm、高さ約11cmですが、収納時は高さ約6.0cmになります。白色・暖色・常夜灯モードに、ゆらぎモードを加えた4段階の調光ができます。

    白色モードは約200ルーメンのハイパワーで、ソーラー充電で約10時間連続使用に耐えられます。ホヤをつまみ上げればランタンとして、収納すれば懐中電灯としても使えるので、さまざまな場面で活躍しそうです。

    • 商品名:DOD「LEDソーラーポップアップランタン」
    • DOD公式オンラインストア:商品はこちら

    DOD
    LEDソーラーポップアップランタン

    収納サイズ:(約)直径85×H60mm 重量(付属品含む):(約)161g 


    リオソル「ソーラーモスキートランタン」

    蚊に悩まされる時期に活躍するのが、虫除け機能の付いたソーラーランタンです。隙間からテント内に侵入した蚊をライトに引きつけ、電圧線で駆除をする仕組みです。

    虫除けだけなら最長約15時間点灯するため、一晩中休むことなく安眠を守ってくれるでしょう。防水規格IPX6の防水タイプで、流水で本体を丸洗いでき、手入れの手間もかかりません。

    もちろん通常のランタンとしても使用可能で、約15・40・80ルーメンの3段階調光機能付きです。急いで充電したい場合は、USBケーブルを使えば約2時間でフル充電できます。

    • 商品名:リオソル「ソーラーモスキートランタン」
    • リオソル公式オンラインストア:商品はこちら

    リオソル
    ソーラーモスキートランタン

    本体重量:約238g、サイズ通常時:約φ88×135mm、サイズ釣り上げ時:約φ88×175mm


    100g以下の軽量ソーラーランタン3選

    「なるべく荷物を減らしたい」と思うキャンパーは多いでしょう。徒歩キャンプでも使いやすい、軽量なソーラーランタンを集めました。

    ゴールゼロ「Lighthouse Micro Flash」

    サイズ約3.775×9.3cm・重さ約68gの、コンパクトかつ軽量なランタンです。手で握り込める大きさなので、リュックの小物用ポケットにも収納できます。

    最大約150ルーメン・点灯モード切り替え機能・USBコネクター装備など、小さくても機能の豊富さはほかのランタンに引けを取りません。

    防水規格IPX6をクリアしているので、突然雨に降られても慌てずに済むでしょう。なお、ソーラーランタンとして使用するには、別売のソーラーパネルが必要です。

    • 商品名:ゴールゼロ「Lighthouse Micro Flash」
    • ゴールゼロ公式オンラインストア:商品はこちら

    ゴールゼロ
    Lighthouse Micro Flash

    サイズ:38 x 38 x 89 mm


    エムパワード「エムパワード エマージ LED ソーラーライト」

    約79g、収納時のサイズは直径約10.5×高さ3.2cmの、円柱型ソーラーランタンです。空気を吹き込んで膨らませるタイプで、使用時には直径約10.5×高さ10.5cmの大きさになります。

    弱・強・点滅など5種類の点灯モードがあり、そのうちの一つは赤・白の光が交互に入れ替わってSOSを発信します。万が一、助けが必要な状況に陥ったときにも、遠方にいる人に救助を求めやすいでしょう。

    IP67に準拠しており、防水だけではなく防塵機能も備えています。空模様があやしいときや風でほこりっぽい日にも、比較的安心して使用できる仕様です。

      • 商品名:エムパワード「エムパワード エマージ LED ソーラーライト」
      • エムパワード公式オンラインストア:商品はこちら

    エムパワード
    エマージ LED ソーラーライト

    使用時: 直径10.5㎝ x 高さ10.5㎝
    折りたたみ時: 直径10.5㎝ x 高さ3.2㎝
    約79g


    バイオライト「サンライト 100」

    無駄な装飾のないすっきりとしたデザインで、グレー・ティール(ブルー系)の落ち着いた2色があります。収納サイズは約8.6×8.5×2.3cm、重さは約95gです。

    約100ルーメンまでの調整機能のほか、自動で色が切り替わるパーティーモードもあります。気分にぴったりな明かりを選べるので、キャンプの夜がますます楽しくなりそうです。

    スタンドを手の甲に引っ掛ければ、ランタンを懐中電灯のように使用できます。スタンド中央にあるフックで吊り下げれば、テント全体をほどよく照らしてくれるでしょう。

      • 商品名:バイオライト「サンライト 100」
      • バイオライト公式オンラインストア:商品はこちら

    バイオライト
    サンライト 100

    重量:95g サイズ:幅8.6×高8.5×厚さ2.3cm


    カラフルなソーラーランタン3選

    「夜もテント周りをにぎやかにデコレーションしたい」という人には、色とりどりのカラーが楽しめるソーラーランタンがおすすめです。色変化のあるランタンの中でも、機能豊富なおすすめアイテムを三つ紹介します。

    LuminAID「ルミンエイドパックライト スペクトラ」

    カラー8色に対応しているランタンで、それぞれ単色での点灯に加えて、8色に変化するモードが楽しめます。連続点灯時間は色により異なりますが、青の場合は最大約12時間点灯します。

    防水性能はIP67で、多少の雨なら不安なく使えるでしょう。USB充電も可能で、メインパネル上で簡単に充電残量を確認できます。

    キャンプサイトのデコレーションはもちろん、雨天でのキャンプ・緊急時の防災ライトとしても活躍するでしょう。サイズは約12×12×12cm、重量は約140gです。

    • 商品名:LuminAID「ルミンエイドパックライト スペクトラ」
    • LuminAID公式オンラインストア:商品はこちら

    LuminAID
    ルミンエイドパックライト スペクトラ

    サイズ:幅12×奥行12×高さ12cm 重量140g


    キャリーザサン「Medium Rainbow」

    赤・オレンジ・黄・緑・青・パープル・白の、7色に光るランタンです。耐久性の高い生地に、IP67の防水防塵性を備えているので、移動時の目印としてリュックに引っ掛けておいてもよいでしょう。

    どの色も約8~45ルーメンの、かすかに漏れ出るような淡く優しい明かりです。単品でもきれいですが、いくつか並べて置くと、よりいっそう幻想的な雰囲気になります。

    収納時は約11×21×1.2cm・約86gになるので、複数持っていくとしてもそれほど負担にはなりません。充電時間は天気にもよりますが、約7~9時間となっています。

      • 商品名:キャリーザサン「Medium Rainbow」
      • キャリーザサン公式オンラインストア:商品はこちら

    キャリーザサン
    Medium Rainbow

    サイズ:210×110×12mm(収納時) サイズ:110×110×110mm(使用時)重量:86g


    エムパワード「エムパワード カラー LED ソーラーライト」

    円柱型のランタンが、8色の明かりを放ちます。オートモードを使えば自動で次々と色が変化するので、より華やかにパーティー気分を盛り上げてくれるでしょう。

    約8時間の直射日光で充電が完了し、約6~8時間連続点灯します。パネル部分にストラップが付いているので、ランタンを懐中電灯代わりに使うこともできます。

    防水防塵規格はIP67で、水に浮かべても問題ありません。キャンプに海水浴にバスタイムにと、さまざまなシーンに活用できそうです。

    • 商品名:エムパワード「エムパワード カラー LED ソーラーライト」
    • エムパワード公式オンラインストア:商品はこちら

    エムパワード
    エムパワード カラー LED ソーラーライト

    サイズ:直径12.5cmx 高さ11.2cm 折りたたみ時2.5cm 重量:約100g


      まとめ

      ソーラーランタンは、太陽の光さえあれば繰り返し使える使い勝手のよさが魅力です。火を使うわけではないので、小さな子どもがいるキャンプでも安心して使えます。

      ソーラーランタンを選ぶ第一の基準は明るさと点灯時間です。これをクリアしたランタンのうち、必要な機能があるかどうかをチェックするとよいでしょう。

      アウトドアだけでなく災害時にも活用できるので、何個か備えておいても損はありません。どのように活用したいのか想像して、理想的なソーラーランタンを見つけましょう。

      NEW ARTICLES

      『 ランタン・ライト・ランプ 』新着編集部記事

      ベアボーンズの新作ランタン&スピーカーはレトロ~な雰囲気で夏の夜にピッタリ!

      2024.06.07

      カメヤマ「オイルランタン」で良質な灯りを堪能!ミニサイズやあわせて使えるギアも紹介

      2024.05.14

      大人気「ミニマライト」特集!3WAY使用可能な高性能コンパクトLEDライト

      2024.05.10

      キャンプにおすすめの懐中電灯10選!キャンプ用の選び方も解説

      2024.05.05

      SOTO「Hinoto(ひのと)」を徹底レビュー!オプションやカスタムも楽しめる

      2024.04.27

      ベアボーンズから真鍮と革使いのミニLEDランタンがでたーっ! 見た目と触り心地の良さを重視

      2024.04.22

      GOAL ZEROが大人気!LEDライト4選の魅力を徹底解説

      2024.04.15

      これぞ逸品遺産!加圧式ガソリンランタン&ケロシンランタンを今こそ使いたい3つの理由

      2024.04.03