キャンプ飯を飯盒でもっと楽しく!形状別におすすめ11選を紹介 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    調理器具・食器

    2023.04.18

    キャンプ飯を飯盒でもっと楽しく!形状別におすすめ11選を紹介

    キャンプでご飯といえば、『飯盒』を思い浮かべる人も多いでしょう。飯盒には、さまざまな種類や特徴があります。飯盒の選び方と、アウトドアブランドのおすすめ飯盒を紹介します。目的に合ったお気に入りの飯盒を見つけ、キャンプ飯を楽しみましょう。

    キャンプ飯盒を選ぶポイント

     

    代表的な飯盒の形状・容量・素材といった、キャンプ用飯盒を選ぶポイントについて解説します。それぞれの特徴を把握し、自分の料理スキルや目的に合ったものを選びましょう。

    形状・容量

    飯盒は形状によって、用途や使用感が異なります。それぞれの特徴は以下の通りです。

    • 兵式:そら豆のような形で、くぼみが荷物・体にフィット。持ち運びやパッキングしやすい
    • 丸型:収納に場所を取るが洗いやすく、ムラなく熱が伝わるため初心者向き
    • 角型:炊飯・煮物以外に焼く・蒸すなど、クッカーのように使える。小物入れとしても便利

    上記以外にも、深みがあってスープ作り・煮物料理に便利な『タンブラー型』や、炊飯に特化した『ライスクッカー』があります。作りたい料理に合わせて用意すると便利です。

    容量は、2~3合程度はソロキャンプ・少人数向け、グループ・家族なら4合以上がおすすめです。

    素材・アルマイト加工の有無

    さまざまな素材の飯盒がありますが、アルミ製・チタン製が特に扱いやすくおすすめです。それぞれの特徴をみていきましょう。

    • アルミ:熱伝導率がよく火は通りやすいが、中身が冷めやすい。軽量でリーズナブルだが耐久性が低め
    • チタン:熱伝導率が低く調理は難しいが、中身が冷めにくい。頑丈でアルミより軽量

    そのほか、ステンレスは耐久性はありますが、アルミ・チタンよりも重量があります。鉄は調理しやすいものの重いため、持ち運びにはやや不向きです。初心者の場合、火が通りやすくて調理をしやすいアルミ製を選ぶとよいでしょう。

    また、飯盒は使用前に、さび・焦げ付きを防ぐ『シーズニング処理』が必要です。米のとぎ汁を沸騰させて、表面に皮膜を作るのが一般的です。

    飯盒に『アルマイト加工』が施してあれば、シーズニング処理が不要になるので、購入時にチェックしましょう。

    キャンプといえばこれ「兵式飯盒」

    兵式の飯盒は、昔ながらのそら豆形状で、並べて火にかけるときや収納に便利です。調理しやすくリーズナブルなアルミ製と、頑丈で軽量なチタン製を紹介します。

    キャプテンスタッグ「兵式ハンゴー4合」

    熱伝導率が高く調理がしやすい、アルミ製の兵式飯盒です。焦げ付きにくいアルマイト加工が施されているので、初心者でも簡単にお手入れできます。

    またアルミ製の本体・外フタ・中フタだけでなく、鉄製のつるにも、さびにくいエポキシ樹脂塗装がされています。

    容量は、約2,200mLの4合炊きサイズです。飯盒には珍しいおしゃれなカーキのほかに、定番のブラックもあります。

    • 商品名:キャプテンスタッグ「兵式ハンゴー4合」
    • キャプテンスタッグ公式オンラインショップ:商品はこちら

    キャプテンスタッグ
    兵式ハンゴー4合

    サイズ:(約)外径155×高さ135mm 重量:(約)360g


    ムラコ「RICE COOKER」

    ブランドオリジナルカラーの耐熱塗装が施された、アルミ製の兵式飯盒です。本体・フタに印字された、ブランドロゴがアクセントになりおしゃれです。

    本体には2合・4合の目盛り付きで、外フタは3合・中フタは2合の計量カップとして使えます。本体内側はアルマイト加工で、焦げ付きにくい仕様です。

    容量は約4合、重量は約338gです。カラーは柔らかい印象のグレーと、シックなブラックから選べます。

    • 商品名:ムラコ「RICE COOKER」
    • ムラコ公式オンラインショップ:商品はこちら

    チタンマニア「飯ごう チタン製 750ml+380ml 二段式」

    約750mL・約380mLのチタン製飯盒がセットになっています。どちらにも折りたたみ式のハンドルが付いており、調理時に使いやすい仕様です。

    外側・内側にmL・oz表記の目盛りが刻印されているので、計量カップを使う手間がありません。また、吊り下げに便利なワイヤーロープと、持ち運びに便利な専用収納袋が付属します。

    重量は、大サイズ約132g・小サイズ約64g・フタ約10gと軽量です。中にカトラリー・アルコールストーブなど、調理・食事に使うアイテムをスタッキングすれば、携帯時の邪魔になりません。

    • 商品名:チタンマニア「飯ごう チタン製 750ml+380ml 二段式」
    • チタンマニア公式オンラインショップ:商品はこちら

    チタンマニア
    飯ごう チタン製 750ml+380ml 二段式

    サイズ(約):100×135mm 重量(約):206g


    エバニュー「山岳飯盒弐型」

    2合炊きサイズで、ソロキャンプにぴったりの兵式飯盒です。チタン製なので金属臭が少なく丈夫な上、重量が約370gと軽量で荷物を軽くしたい人にぴったりなアイテムです。

    約900mLの本体以外にも、外フタ・中フタもそれぞれ約550mL・約400mLの深さがあり、食器として使えます。また、外フタに付いているハンドルは、中フタと連結したり取っ手代わりに使ったりと、調理・食事に重宝するでしょう。本体・外フタをしっかり固定でき、荷物の中で飯盒がバラバラになってしまうこともありません。

    もちろん、焦げ付きにくいアルマイト加工も施されています。

    • 商品名:エバニュー「山岳飯盒弐型」
    • エバニュー公式オンラインショップ:商品はこちら

    エバニュー
    山岳飯盒弐型

    サイズ : 168x深さ80mm(本体)/180x深さ45mm(フタ)/165x深さ38mm(ナカゴ)/ 容量 : 900ml(本体)/550ml(フタ)/400ml(ナカゴ)


    キャンプ初心者におすすめ「丸型飯盒」

    熱が伝わりやすく、初心者でも調理に失敗しにくい丸型の飯盒です。鍋としても便利な4合・5合サイズのアイテムを紹介します。

    キャプテンスタッグ「林間 丸型ハンゴー<4合炊き>」

    本体・外フタ・中フタがアルミ製、フックハンドルは鉄製の丸型飯盒です。

    熱伝導率がよいアルミ素材ですが、アルマイト加工が施され、焦げ付きにくくなっています。さらに、硬度・耐摩耗性が強化されているのもポイントです。

    全部品にエポキシ樹脂塗装がされているのでさびにくく、長く愛用できるでしょう。容量は約4合で、重量約360gです。

    • 商品名:キャプテンスタッグ「林間 丸型ハンゴー<4合炊き>」
    • キャプテンスタッグ公式オンラインショップ:商品はこちら

    ロゴス「丸型ハンゴウ(5合)」

    たっぷり調理ができる5合サイズの、鍋としても便利に使えるアルミ製の丸型飯盒です。本体・外フタの内側・中フタには、焦げ付きにくくするアルマイト加工がされています。

    さらに、本体・外フタの外側表面にはメラミン樹脂塗装が施され、硬度が強化されているため、通常のアルミに比べて頑丈です。

    本体には2.5合・5合の目盛りがあります。容量は、本体約2,670mL・外フタ約600mL・中フタ約500mLで、総重量は約380gです。

    • 商品名:ロゴス「丸型ハンゴウ(5合)」
    • ロゴス公式オンラインショップ:商品はこちら

    ロゴス
    丸型ハンゴウ(5合)

    総重量:(約)380g容量:[本体](約)2.67L [ふた](約)0.6L [皿(なかご)](約)0.5L サイズ:[本体(約)18×15.5×15.7cm [ふた](約)16×16×3.5cm [皿(なかご)](約)15×15×3cm 収納サイズ:(約)18×17×15.7cm


    幅広い調理には「角型飯盒(メスティン)」

    角型の飯盒の多くは吊り下げ式ではなく、ハンドルが付いた手持ち式です。鍋・フライパン代わりにも使えるので、炊飯・炒め物を楽しみたい人に向いています。扱いやすいアルミ製と、頑丈なチタン製のものを紹介します。

    トランギア「メスティン」

    アルミ製のハンドル付き角型飯盒です。ハンドルは折りたためるだけでなく、取り外しも可能なため、収納時に便利です。アルコールバーナー・五徳をスタッキングすれば、荷物もかさばりません。

    容量は約750mLで、およそ1.8合のご飯を炊くことができます。熱伝導率がよいアルミ製ならアルコールバーナー使用時に、全体に熱が回りやすいので、おいしいご飯が炊けるでしょう。

    ランチボックスとして使用したり、小さなキャンプアイテムを収納したりと、利用方法はさまざまです。容量約1,350mLでおよそ3.5合のご飯が炊ける、ラージサイズもあります。

    • 商品名:トランギア「メスティン」
    • トランギア公式オンラインショップ:商品はこちら

    トランギア
    メスティン

    サイズ:16.5×9.0×6.5cm 重量:160g


    ロゴス「カラーメスキット」

    容量約1,000mLのアルミ製角型飯盒です。耐久性の高いハードアルマイト加工が施してあるので、焦げ付きにくいだけでなく、強度が上がって傷つきにくくなっています。

    フタにはツマミが付いており、外しやすく便利です。カラーはベージュ・イエロー・レッド・グリーンの4色展開で、キャンプをおしゃれに演出します。

    スタッキングにぴったりな専用まな板やざる、ちょうどよく収納できるポーチなど、ロゴス製品でそろえればキャンプ気分も盛り上がるでしょう。

    • 商品名:ロゴス「カラーメスキット」
    • ロゴス公式オンラインショップ:商品はこちら

    ロゴス
    カラーメスキット

    総重量:(約)230g


    エバニュー「mulTibox」

    サイズ約75×100×175mmの、チタン製角型飯盒です。フタにロゴが印刷してあるのみの、シンプルデザインがこなれた雰囲気です。

    炒め物・煮物などの調理器具のほか、小物入れ・ランチケースにしたり、フタをトレイにしたりと、工夫次第でさまざまな用途を生み出せるでしょう。

    重量は約185gで、国内製造の純チタンを使用しています。チタンは強度が高いので、側面を持ってもたわみにくいというメリットを持ったアイテムです。

    • 商品名:エバニュー「mulTibox」
    • エバニュー公式オンラインショップ:商品はこちら

    エバニュー
    mulTibox

    サイズ : 7.5×10×17.5cm 質量 : 185g


    これからそろえるなら「飯盒セット」

    これからアイテムをそろえるなら、飯盒やそのほかの関連アイテムがセットになっているものを検討してみましょう。調理時の必須アイテムや五徳・固形燃料がセットになっているものと、料理の幅が広がるメッシュトレイのセットを紹介します。

    エスビット「Solid fuel cookset 1100ml」

    エスビットは、高品質なポケットストーブ・固形燃料などで有名なドイツのブランドです。こちらは、そんなエスビットから展開されている、約1,100mLのアルミ製角型飯盒・五徳・固形燃料ストーブのセットで、必要なものを一気にそろえたいという人必見のアイテムといえるでしょう。

    五徳はセットの飯盒にぴったりのサイズで、使わないときは飯盒の中に収納できます。セットの固形燃料に着火して放置しておけば、火加減の調整いらずでご飯が炊けるので、初心者でも安心です。

    飯盒にはmL・ozの目盛りが刻印されており、計量カップも必要ありません。メッシュバッグが付属しているのもうれしいポイントです。

    • 商品名:エスビット「Solid fuel cookset 1100ml」
    • エスビット公式オンラインショップ:商品はこちら

    ヴァストランド「メスティン+メッシュトレイ+ハンドルカバー(3点セット)」

    アルミ製の角型飯盒・メッシュトレイ・ハンドルカバーの飯盒セットです。炊飯・煮物はもちろん、メッシュトレイを使って、蒸し料理・燻製などに挑戦したい人にも向いています。

    飯盒の容量は約800mLで、重量約170gです。ハンドルは折りたたみできる上、着脱可能なので食器・ランチボックスとしても重宝します。

    メッシュトレイは丈夫なステンレス製で、ハンドルカバーは内側がアクリルフェルト、外側は合成皮革となっています。

    • 商品名:ヴァストランド「メスティン+メッシュトレイ+ハンドルカバー(3点セット)」
    • ヴァストランド公式オンラインショップ:商品はこちら

    ヴァストランド
    メスティン+メッシュトレイ+ハンドルカバー(3点セット)

    商品サイズ:173×97×72mm  容量:800ml 重量:170g


    まとめ

    キャンプ飯に欠かせない飯盒には、兵式・丸型・角型などの形状があります。素材にはアルミ製・チタン製などがあり、それぞれ特徴が異なります。

    火が通りやすいアルミ製は、キャンプ飯ビギナーでも使いやすいアイテムです。チタン製は焦げに注意が必要なものの、丈夫で中身が冷めにくいので、調理に慣れ親しんだ人に適しているでしょう。

    飯盒を選ぶときは、収納面や調理のしやすさだけでなく、自分の好みも併せて考えるのがおすすめです。自分の料理スキル・挑戦したいレシピ・求める使用感・好みのデザインなどに合った、理想の飯盒を手に入れれば、きっとキャンプでの調理が一層楽しくなることでしょう。

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    ダイソーは製氷グッズも超充実!丸い氷や棒状の氷が作れるアイテム3選

    2024.06.14

    キャンプでラーメンを作るのに便利な鍋10選。アウトドアで旨いラーメンが食べたい!

    2024.06.11

    アウトドアケトル17選|ソロからファミリーまで!キャンプであると便利なおすすめの逸品特集

    2024.06.11

    キャンプでおいしいコーヒーは飲むならプレスコーヒー!種類と淹れ方をまとめて解説

    2024.06.06

    コスパ最強すぎんか!100均で見つけたアウトドアで大活躍のカトラリーセット5選

    2024.06.03

    キャンプ×スムージーを手軽に叶う、レトロかわいいミルクボトル型のブレンダーはいかが?

    2024.05.27

    VASTLANDの新作「マルチグリドル」は焦げ付きにくく、専用の取っ手カバー付きだ!

    2024.05.26

    アウトドアで使いやすい!ダイソーのコーヒードリッパー&フィルター3選

    2024.05.23