THE NORTH FACEの『 飯ごう 』に書かれたメッセージとは | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • THE NORTH FACEの『 飯ごう 』に書かれたメッセージとは

    2019.01.18 早坂英之

    人気アウトドアブランド「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) 」では、飯ごうも販売しています。

    この飯ごう、「THE NORTH FACE STANDARD(ザ・ノース・フェイス スタンダード)」の取扱製品で、入荷してもすぐに売り切れしてしまうアイテム。店舗ではひとり2点までと、販売個数が決められているほど人気です。

    見ための良さからキャンパーはもとより、インテリアとして観葉植物を植えたり、小物入れなどに使っている人も。

    THE NORTH FACE STANDARDの飯ごうはプレミアムアイテム

    この飯ごうを取り扱うTHE NORTH FACE STANDARDは「”STANDARD OF LIVING PACKAGE”をコンセプトに、都市と自然を繋ぐボーダーレスなライフスタイルショップ(公式サイトより)」のブランドコンセプトを掲げ、原宿・二子玉川・京都・広島の4箇所に実店舗を展開しています。

    ◎THE NORTH FACE – STANDARD : https://www.goldwin.co.jp/tnf/standard/

    飯ごうは数年前から店舗限定で販売しており、正式名称は「STANDARD Rice Cooker」です(2500円+税)。発売時期・場所によってはレッドやカーキなどのスペシャルカラーもあります。

    手がけるのは大阪の老舗メーカー、株式会社前川金属工業所

    飯ごうの外箱には製品名(Japanese Name)で「Hango」と明記されているほか、サイズ展開なども。製造元は大阪府の株式会社前川金属工業所で、やかんや鍋などのアルミ製品を手がけている会社です。大正8年創業の老舗が手がけるこの飯ごう、前川金属工業所では「兵式飯盒 4合炊」の製品名になっています。

    ◎株式会社前川金属工業所:http://www.maekawa-alumi.co.jp/publics/index/28/

    「STANDARD OF LIVING PACKAGE」を知ろう

    外蓋にはTHE NORTH FACE STANDARDのブランドコンセプトでもある「”STANDARD OF LIVING PACKAGE”」の文字が刻印されています。アメリカの思想家にしてデザイナー・建築家・発明家でもあるリチャード・バックミンスター・フラー(Richard Buckminster Fuller, 1895年7月12日 – 1983年7月1日)の言葉です(※1)。

    リチャード・バックミンスター・フラーと言えば、THE NORTH FACEを代表するテント「Geodome 4」のアイデアの基となったテンセグリティ構造テント「OVAL INTENTION」を監修した人(※2)。

    THE NORTH FACEにとっては無くてはならないキーパーソンであり、そのリチャード・バックミンスター・フラーが残した言葉に「STANDARD OF LIVING PACKAGE」があります。その意味こそが“自分の生活におけるスタンダードをパッケージ化する”ということ。THE NORTH FACE STANDARDの各店舗では、テーマごとにパッケージ化されたような店舗レイアウトを見ることができます。

    ※1 THE NORTH FACE × +81 : http://www.plus81.com/plus/tnf/07/talk7_1.html
    ※2 Geodome 4 | THE NORTH FACE : http://www.goldwin.co.jp/tnf/special/Geodome4/

    飯ごう自体は至ってスタンダードなもの。本体・内蓋・外蓋のつくりで、本体にはハンドルも付いています。もちろん実際に使える飯ごうなので、ただ飾るよりもフィールドでどんどん使いましょう。

    ※構成・写真・買った人/早坂英之

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    めざせチャーハンの達人!焚き火で作る専用中華鉄鍋セット「焚火パラパラ炒飯セット」って?

    2023.01.28

    早くて軽い、しかもおいしくできる!調理がすすむ「鋳アルミ」多機能鍋

    2023.01.24

    肉料理に!150年以上続く鍛冶屋が鉄板を木槌で叩いて製作したフライパン皿

    2023.01.23

    ケトルから「鉄瓶」へスイッチ。ソロキャンで次にこだわるべきはお湯だった!

    2023.01.22

    朝食はミニマムに美味しく!ホットサンドクッカーの「あの棒」が取り外しできる

    2023.01.20

    おいしい料理はまず器選びから!「モクシェラ」の拭き漆バージョンは口当たりも滑らか

    2023.01.18

    z