キャンプでの羽釜のすすめ。使い方やおすすめの商品を9個紹介 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    調理器具・食器

    2024.04.26

    キャンプでの羽釜のすすめ。使い方やおすすめの商品を9個紹介

    キャンプ飯を究めると、羽釜が欲しくなる人も多いのではないでしょうか。キャンプで羽釜を使うメリットやご飯の炊き方、おすすめの商品を9個紹介します。一度羽釜で炊いたご飯の味を知ると、やみつきになるかもしれません。

    羽釜とは?キャンプで使うメリットも

    まずは羽釜の特徴をおさらいしましょう。併せて、キャンプで使うメリットも解説します。

    かまどにはめて炊飯ができる釜

    羽釜とは、かまどにセットして、ご飯を炊いたりお湯を沸かしたりする伝統的な炊飯道具です。通常の釜との違いは、かまどにはめるためのつばが付いていることです。

    つばが羽に似ていることから、羽釜と呼ばれるようになりました。羽釜が登場したのは江戸時代に入ってからですが、釜自体は古墳時代から使われていたといわれています。

    羽釜の羽はもともと、釜を固定するために付けられたものでした。しかし、羽が釜の熱を内部に閉じ込め、高い火力で炊飯する役割も担い、おいしいご飯を炊く手助けもしています。

    キャンプで使えばご飯が忘れられない味に

    キャンプで羽釜を使うメリットは、鍋や飯ごうよりもおいしくご飯を炊けることです。

    多くの羽釜は、アルミや鉄でできています。金属は熱伝導率が高いため、短時間で釜全体に熱を行き渡らせ、素早く炊飯ができます。炊きムラが出にくく、全体がシャキッとした味わいに仕上がるのが特徴です。

    また、羽釜には土鍋製のものも見られます。土鍋製の羽釜は、熱伝導率が低いため炊きムラが起こりやすい一方で、うま味が出やすく、おこげを楽しみたい人にも向いています。

    羽釜で炊いたご飯の味を忘れられず、普段使いをしたくなるかもしれません。

    羽釜の使い方

    羽釜でおいしいご飯を炊くための手順と、手入れの仕方を解説します。使用後にきちんとメンテナンスをすれば、長く使えるでしょう。

    羽釜でご飯を炊く手順

    羽釜でご飯を炊く手順は、飯ごうで炊く手順とおおむね変わりません。具体的には、以下の通りです。

    1. 米と水を入れる
    2. 強火で沸騰させる
    3. 沸騰したら弱火で10分程度加熱する
    4. 火を止めて10分程度蒸らす

    より味わい深さを出したい場合は、米を洗った後に20分程度水に浸けるとよいでしょう。水分が米の中心部まで行き渡るため、粘り強く、ふっくらとしたご飯に仕上がります。

    水の量は、米の量の約1.2倍を目安にしましょう。羽釜のモデルによってちょうどよい炊き加減は異なるので、使ううちにコツがつかめてくるはずです。

    羽釜の手入れの仕方

    せっかく買った羽釜を長く使うためにも、しっかりとメンテナンスをするのが重要です。使い終わったら、柔らかいスポンジで内部の油汚れをよく落としましょう。

    金属製の羽釜はさびる可能性があるため、洗った後にしっかりと水分を拭き取るのがポイントです。保管するときは、風通しのよい場所に置きましょう。

    しばらく使わない場合でも、半年に一度くらいは水を入れて煮沸させれば、劣化を遅らせられます。

    アウトドアメーカーのおすすめ羽釜

    キャンプギアを展開しているアウトドアメーカーが販売する、おすすめの羽釜を紹介します。キャンパーのニーズをよく理解しているアウトドアメーカーが製作しているため、キャンプで便利に使えるでしょう。

    ユニフレーム「キャンプ羽釜」

    アウトドアメーカーが販売する、数少ない羽釜の一つです。3合用と5合用の2種類が販売されています。

    すり鉢形状を採用しており、熱の対流を促し、ふっくらとしたおいしいご飯が炊き上がります。さらに、蓄熱性に優れたアルミ鋳造なので熱が均一に伝わりやすく、理想の食感を実現しました。

    重いステンレス製のふたによって適度な圧力が加わり、ご飯をより一層おいしくします。内側には水量の目安が付いているため、使いやすさも抜群です。

    3合用の羽釜と別売りの『ネイチャーストーブ ラージ』とを組み合わせれば、熱効率が高まり、野外での食事がワンランクアップします。3合用は約1.35kg、5合用は約1.75kgの重さで、持ち運びも容易です。

    • 商品名:ユニフレーム「キャンプ羽釜」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ユニフレーム
    キャンプ羽釜

    サイズ:約φ206×150(高さ)mm(内径φ149mm) 重量:1.35kg 適正炊飯量:3合


    ロゴス「ひとり羽釜土鍋」

    1合炊き用の羽釜で、ソロキャンプにおすすめです。底の丸みが対流を生み出し、米を均一にふっくらと炊き上げます。

    専用アタッチメントが付属しており、単体だけでなく、さまざまなコンロと安定して接続可能です。吹きこぼれを防ぐ厚手の木ぶたはロゴマーク入りで、デザイン性も抜群です。

    約0.705kgと軽量なため、持ち運びしやすいでしょう。炊き込みご飯などのオリジナルレシピを試しながら、自然の中での食事を存分に味わえます。

    ロゴス
    ひとり羽釜土鍋

    重量:(約)110g 容量:(約)255ml サイズ:(約)直径10×高さ5cm


    扱いやすい金属製のおすすめ羽釜

    鉄や銅などの金属でできた、おすすめの羽釜を紹介します。金属製は丈夫で扱いやすいため、キャンプに向いている素材です。

    ウルシヤマ「謹製 釜炊き三昧」

    ガスコンロ対応で、家庭での使用にも適した羽釜です。ウルシヤマの製品は、成形から塗装・組み立てに至るまで全工程を自社で行っており、純日本製の高品質が売りです。

    職人が手作業で丁寧に作り上げた特製釜は、熟練の技が光ります。特製の圧力ぶたにより、ご飯を均一にふっくらと炊き上げられる点も、優れているポイントです。

    付属のかまどは、熱を効率よく釜全体に行き渡らせるため、屋外でも家庭のガスコンロと同様の効果を期待できるでしょう。吹きこぼれ受けもあり、使用後の手入れも簡単です。

    • 商品名:ウルシヤマ「謹製 釜炊き三昧」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ウルシヤマ
    謹製 釜炊き三昧

    【3号炊き】かまどサイズ:A φ240×C 66mm かまど重量:180g


    岩鋳「ごはん鍋 3合炊(木蓋付)」

    心地よいキャンプの夜を彩る、盛岡の南部鉄で作られた羽釜です。3合炊きなので、複数人でのキャンプにも対応できます。

    ふたは本場の秋田杉製で、開けた瞬間にご飯と木の香りが広がるでしょう。熱伝導率の高い鉄でできているため、ご飯をふっくらとおいしく炊き上げるだけでなく、パリッとしたおこげも楽しめます。

    IH・ガス火どちらにも対応し、キャンプに限らず家庭でも活躍します。内面のホーロー加工は手入れを容易にし、長く使うのに役立つでしょう。

    重量は約2.8kgと、重すぎないのもポイントです。キャンプでの食事時間を、この羽釜で一層特別なものに変えましょう。

    • 商品名:岩鋳「ごはん鍋 3合炊(木蓋付)」
    • 公式サイト:商品はこちら

    岩鋳
    ごはん鍋 3合炊(木蓋付)

    サイズ(cm):28×22×(H)17 内径:18cm 深さ:11cm


    池永鉄工「1CHI TETSUGAMA」

    家庭でもアウトドアでも活躍する羽釜です。IH・じか火・200Vの電磁調理器に対応しており、どこでも使えるフットワークの軽さが魅力です。

    強火での調理にも耐える丈夫さで、おいしいご飯を炊き上げられます。サイズは約2合分と、少人数でのキャンプにおすすめです。

    本体は南部鉄製で、杉製の木ぶたが付属しています。長い年月をかけて磨かれた工芸品である南部鉄器は、繊細な鋳肌と深い味わいを提供してくれるでしょう。

    池永鉄工
    1CHI TETSUGAMA

    サイズφ19.5×H15.0cm


    新光金属「純銅製炊飯釜 ごはんはどうだ!」

    純銅製の珍しい羽釜です。熱伝導率の高い純銅を使うことで、炊き上がり時間が約10分と短く、忙しい中でもおいしいご飯をすぐに楽しめるでしょう。

    炊き上げ後には内部温度が約130℃まで上昇し、一粒一粒をもっちりとした食感に仕上げます。ステンレス製の二重ぶたは、うま味成分である「おねば」を吸収し、うま味を逃さず吹きこぼれも防ぐ点が魅力です。

    内面には新開発のフッ素樹脂加工を施しており、ご飯がこびり付くのを防いでくれるため手入れが簡単です。サイズは、3合炊きと5合炊きがラインアップされています。

    純銅製の特性を生かした羽釜で、ワンランク上のキャンプ飯を目指しましょう。

    • 商品名:新光金属「純銅製炊飯釜 ごはんはどうだ!」
    • 楽天:商品はこちら

    新光金属
    純銅製炊飯釜 ごはんはどうだ!

    サイズ:160×115mm 重量:1560g


    味がある陶器製のおすすめ羽釜

    陶器製の羽釜は取り扱いに注意が必要ですが、味がありキャンプをもっと楽しくしてくれるでしょう。陶器製のおすすめ羽釜を三つ紹介します。

    スズ木「萬古焼 羽釜 3合ごはん鍋」

    50年以上も耐熱陶器研究を続けている萬古焼職人が作り上げた、珠玉の羽釜です。おいしいご飯を炊くことに特化し、細部にさまざまな工夫を凝らしています。

    萬古焼の陶土は、耐熱性・蓄熱性・保湿性に秀でているのが特徴です。強火でも火の通りが緩やかで、ご飯をふっくらと炊き上げます。

    水分を含んで重くなるサワラの木ぶたと二重ぶた構造によって、圧力が高められているため、ご飯のおいしさがより引き出されるでしょう。

    ヒノキのしゃもじや、焼杉の敷板が和の雰囲気をさらに高め、キャンプの食卓を豊かにします。手に取りやすい羽根や丸みを帯びた胴、深さのある棚と空間などの細部にもこだわり、使い勝手と味わいを追求しました。

    まるで料亭の釜戸で炊いたような、香り高いご飯を楽しめます。

    • 商品名:スズ木「萬古焼 羽釜 3合ごはん鍋」
    • 公式サイト:商品はこちら

    スズ木
    萬古焼 羽釜 3合ごはん鍋

    サイズ:約直径21.5×高さ22.5cm


    独歩炎「木蓋付 ごはん炊き専用羽釜土鍋」

    緑に塗られた本体が特徴的な羽釜です。国産ヒノキを使用した木ぶたが、炊き上げたご飯の甘い香りをより一層引き立てます。

    おこげを含めたご飯のおいしさを堪能できるこの羽釜は、オーダーメイドのおむすび屋でも採用された実績があります。

    1合炊き・5合炊き・1升炊きの3サイズが展開されており、キャンプでの少量炊きはもちろん、家庭での使用にもおすすめです。キャンプの食事を一層豊かにする独歩炎の羽釜で、食事の時間をより特別なものにしましょう。

    • 商品名:独歩炎「木蓋付 ごはん炊き専用羽釜土鍋」
    • 公式サイト:商品はこちら

    独歩炎
    木蓋付 ごはん炊き専用羽釜土鍋

    サイズ(cm)鍋:羽幅 22×幅 17×高さ 13.5cm ふた:幅 18.5×高さ 8.5cm 重量:約1800g 容量:2合炊き


    八百萬本舗「日常茶飯器 羽釜 ごはん鍋」

    古きよき伝統を守りつつ、現代の食卓にも溶け込む羽釜です。耐久性・保温性・保湿性が高い、萬古焼の土鍋をベースにしています。

    この羽釜でご飯を炊けば、米の粒が元気に躍り出るようにふっくらとし、格別のツヤとうま味が引き出されるでしょう。木ぶたが蒸気を効果的に受け止め、米のうま味を逃さずにふっくらと炊き上げます。

    昔ながらの丸みを帯びたデザインで、底の丸みが対流を助け、熱を均一に促します。土鍋独自の温度上昇の緩やかさが、米のうま味を最大限に引き出すでしょう。

    1〜2人で使える1合炊きと、グループで楽しめる3合炊きがラインアップされています。

      • 商品名:八百萬本舗「日常茶飯器 羽釜 ごはん鍋」
      • 公式サイト:商品はこちら

    八百萬本舗
    日常茶飯器 羽釜 ごはん鍋


    まとめ

    キャンプで羽釜を使うメリットは、短時間でおいしいご飯が炊けることです。羽釜はかまどにセットして使用する伝統的な炊飯道具で、熱伝導率の高い金属製や、おこげが楽しめる土鍋製があります。

    長く使えるよう、使用後はしっかりと手入れをしましょう。お気に入りの羽釜を手に入れ、水加減や炊飯方法を工夫しながら、キャンプ飯を究めてみませんか。

    あわせて読みたい

    「飯盒炊爨」と「飯盒炊飯」どちらが正しい?おすすめ商品や調理方法も紹介

    030【焚き火教育】「火」と「水」と「米」があればご飯が炊けることを教えよう。[読者投稿記事]

    “飯盒”でうまいご飯は誰でもカンタンに炊けるんです!【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.1】

    「魔法のかまどごはん」があればキャンプでほんとうにおいしい炊きたてごはんが食べられます!【PR】

    BE-PALミニ焚き火台×メスティン 自動炊飯でさばの味噌煮炊き込みご飯[読者投稿記事]

    2024年に大ヒットしそうなクッカー5選!アウトドア料理の達人も唸った

    アルコールストーブを使った「自動炊飯」でリッチなソロキャンを楽しんでみない?

    MOKI(モキ)/火焔モ器

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    キャンプ×スムージーを手軽に叶う、レトロかわいいミルクボトル型のブレンダーはいかが?

    2024.05.27

    VASTLANDの新作「マルチグリドル」は焦げ付きにくく、専用の取っ手カバー付きだ!

    2024.05.26

    アウトドアで使いやすい!ダイソーのコーヒードリッパー&フィルター3選

    2024.05.23

    屋外でコーヒーを淹れるならパーコレーター!仕組み、使い方からその魅力まで徹底解説

    2024.05.19

    「飯盒炊爨」と「飯盒炊飯」どちらが正しい?おすすめ商品や調理方法も紹介

    2024.05.14

    炊く、煮る、焼く、蒸す!曲げわっぱをモチーフにしたスノーピーク「ワッパークッカー」

    2024.04.22

    HARIOのおすすめコーヒーミルを紹介!アウトドア向けモデルも

    2024.04.20

    スノーピークマグカップ5選|保温保冷に優れ軽量丈夫な名品チタンマグ

    2024.04.20