缶クーラーの選び方は?アウトドアで重宝するおすすめ8選を紹介 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    調理器具・食器

    2023.04.30

    缶クーラーの選び方は?アウトドアで重宝するおすすめ8選を紹介

    缶クーラーがあれば、アウトドアレジャーでも飲み物の冷たさをキープできます。結露で荷物が濡れてしまうリスクも減らせて便利です。日常生活でも活用できる缶クーラーを8個厳選したので、選ぶときのポイントと併せてチェックしましょう。

    缶クーラーはなぜアウトドアにおすすめ?

    ビールやジュース缶を入れて使う缶クーラーは、外気温の影響を受けにくく、飲み物の温度を適度に保ってくれます。暑い中で飲む冷たいドリンクは格別の味わいです。まずは、缶クーラーがアウトドアにおすすめの理由を見ていきましょう。

    どこでも冷たい飲み物を楽しめる

    缶クーラーのメリットとして、まずどこでも冷たい飲み物を楽しめることが挙げられます。クーラーボックスから出しておいてもぬるくなりにくいので、屋外のレジャーで大活躍のアイテムです。キャンプ・バーベキューはもちろん、登山・ハイキング・野外フェスなどでも活躍するでしょう。

    缶クーラーは本体がステンレス製で、『真空断熱構造』になっているものがほとんどです。真空断熱構造とは、二重構造になった容器の外側・内側の間に『真空=空気が存在しない状態』を作り出す仕組みのことです。

    これにより、外気・日差しの熱が伝わりにくくなり、飲み物の温度への影響が少なく済みます。保冷だけでなく、保温効果があるものが多いのもこのためです。

    どこでも飲み物を適温で楽しめる上、一年を通じて使えるので、1人1個は持っておきたいアイテムといえるでしょう。

    結露しにくいので持ち運びにも便利

    暑い時期に缶・ペットボトルをバッグに入れていたら、結露で荷物がびしょびしょになってしまったという経験はありませんか?

    結露は温度差により起こるものですが、缶クーラーは飲み物の温度をキープするので、外気との温度差が広がりにくいアイテムです。そのためバッグに入れておいても、本・手帳・書類などの紙類が濡れる心配が少ないのです。

    ただし、真夏の屋外のように温度差の大きいところに置いておくと、多少結露する可能性はあります。アウトドアレジャーで紙コップ・紙皿を使うときや、木製テーブルで食事をするときには、結露が付いていないか確認しながら使うとよいでしょう。

    そのまま飲めて洗う必要もない

    アウトドアレジャーで困るのが、使った調理器具・食器の後始末です。水道が近くにないことも少なくないので、汚れたまま持ち帰らなくてはならないケースもあるでしょう。

    コップやタンブラーで飲み物を飲む場合でも、残った飲料の水滴がこぼれてバッグの中を汚したり、べたついてしまったりすることもあります。

    缶クーラーは冷たさをキープするだけでなく、そのまま飲めるのでコップがいりません。洗う必要もないので、洗い物や使い捨てコップなどのゴミを減らすのに一役買ってくれます。

    ただし、直接飲み物を入れてタンブラーとして使ったときはしっかり洗いましょう。缶クーラーに使われることの多いステンレスは、汚れが落としやすくさびにくい素材です。しかし、使ったままにしておけば臭いが付いたり、雑菌が繁殖したりする可能性もあります。

    缶クーラー選びのポイントは?

    缶クーラーはアウトドア用品専門ブランドをはじめ、さまざまなメーカーから発売されています。多くの製品の中から自分に合ったものを選ぶために、チェックしたいポイントを見ていきましょう。

    缶クーラーの容量で選ぶ

    缶クーラーには、『350mL用』と『500mL用』があります。海外ブランド製品はoz(オンス)で表記されていますが、缶のサイズ自体は国産の缶とほぼ同じなので問題なく使えるでしょう。ちなみに、内容量はアメリカ液量の場合、『12oz=約355mL』『16oz=約474mL』とされています。

    容量は、普段よく飲む缶飲料のサイズに合わせるのがおすすめです。「500mL用にすれば350mLにも使えるから便利だろう」と思うかもしれませんが、サイズが大きすぎると側面に隙間ができ、効果が十分に得られない可能性があります。

    使いやすい工夫があるか

    缶クーラーとして飲み物を保冷・保温するだけでなく、タンブラーにも使えるものなら活用シーンは広がります。

    アウトドアレジャーはもちろん、普段から自宅使いしたり、オフィス・学校に持っていったりするのにも便利です。保温もできるものなら一年中活躍してくれるでしょう。缶飲料を入れていき、オフィスではタンブラーにするというフレキシブルな使い方も可能です。

    また缶クーラーの中には、取っ手付きのものや、瓶を入れられるものもあります。カップ・ジョッキ代わりに使いたい人や、ビール・ドリンクは瓶がいいという人におすすめです。

    350mL用のおすすめ缶クーラー3選

    「500mL缶だと多すぎる」「飲み切れるサイズがいい」という人には、350mLサイズがおすすめです。最後まで冷たさを味わえる、350mLサイズの缶クーラーを3点紹介します。

    タラスブルバ 「バキューム缶ホルダー 350ML」

    40年以上の歴史を持つアウトドア用品メーカー『タラスブルバ』の缶クーラーです。ステンレス鋼を用いた真空二重構造で、外気の熱や日差しから飲み物の冷たさを守ります。

    缶に約4度の冷水を入れ、室温30度前後の場所に置いておいても、缶クーラーを使えば2時間近く10度以下に保てるという実験結果が出ているほどです。

    本体にブランドロゴをプリントしたシンプルなデザインは、持つ人を選びません。上部にはシリコンゴムの滑り止めが付いているので、手の小さい人・子どもでもしっかり持ちやすいでしょう。缶が抜けたりずれたりしにくい、350mL缶専用サイズです。

      • 商品名:タラスブルバ「バキューム缶ホルダー 350ML」
      • タラスブルバ公式オンラインストア:商品はこちら

    タラスブルバ
    バキューム缶ホルダー 350ML

    サイズ:約外径78x122(h)mm 重量:約178g


    キャプテンスタッグ「キャンプアウト 缶ホルダー350」

    『キャプテンスタッグ』は、家庭用金物の製造・販売を手掛ける会社のアウトドア部門としてスタートしました。40年以上を経て、今や国産アウトドア用品の総合ブランドとして人気を集めています。

    キャンプアウトシリーズの缶クーラーは、シンプルな中にスタイリッシュなテイストも併せ持つのが特徴です。手になじむマット塗装仕上げの本体に、ラバーグリップの赤がアクセントを添えています。缶をしっかり固定する機能性も備えたデザインです。

    真空二重構造で外気温の影響を受けにくいので、冷たい飲み物はもちろん、温かい飲み物の温度もキープします。一年中使える便利な350mL用缶クーラーです。

      • 商品名:キャプテンスタッグ「キャンプアウト 缶ホルダー350」
      • キャプテンスタッグ公式オンラインストア:商品はこちら

    キャプテンスタッグ
    キャンプアウト 缶ホルダー350

    製品サイズ:(約)外径78×高さ122mm 製品重量:(約)169g


    スノーピーク「缶クーラー350」

    『スノーピーク』の製品には、自らも登山家だった創業者の『自分が本当に欲しいものを作る』のポリシーが生きています。シンプルで機能的なアウトドア用品の数々は、山好きやキャンパーをはじめ、多くのユーザーに人気です。

    缶クーラーにも、スノーピークのこだわりが詰まっています。約0.1mm単位で調整したフォルムは、使いやすさとホールド力を実現しました。

    缶をスムーズにセットできるだけでなく、最後に少し押し込むだけで、内側の三つの突起によりしっかり固定されます。素材はステンレスで、保冷・保温性に優れた真空二重構造です。

      • 商品名:スノーピーク「缶クーラー350」
      • スノーピーク公式オンラインストア:商品はこちら

    スノーピーク
    缶クーラー350

    サイズ:13 x 9.1 x 7.6 cm


    500mL用のおすすめ缶クーラー2選

    たっぷり飲みたい人には、500mL缶がよいでしょう。おしゃべりや食事を楽しみながら、ゆっくり飲みたいときに重宝する缶クーラーを紹介します。

    イエティ「ランブラー 16OZ COLSTER トール缶クーラー」

    『イエティ』はクーラーボックスやアウトドア用品など幅広く展開しているブランドです。

    アウトドア好きの間で、特に評価されているのが缶クーラーです。ランブラーシリーズの缶クーラーは真空二重構造で、飲み物の冷たさをしっかり保ってくれます。16oz(約474mL)の缶用で、日本の500mL缶にも対応可能です。

    本体は18-8ステンレス製で、缶をセットしたらガスケット(シール材)をかぶせ、ひねって固定するタイプです。交換用ガスケットも取り扱いがあるので、長く愛用できるでしょう。

      • 商品名:イエティ「ランブラー 16OZ COLSTER トール缶クーラー」
      • イエティ公式オンラインストア:商品はこちら

    イエティ
    ランブラー 16OZ COLSTER トール缶クーラー

    サイズ:7.62 x 5.08 x 16.51 cm


    ハイドロフラスク「16オンス クーラーカップ」

    アウトドア用のボトル・タンブラーといった、ドリンクウェアを中心に展開するブランド『ハイドロフラスク』の缶クーラーです。500mL缶対応の16ozサイズで、シンプルなデザインが生きる豊富なカラーが目を引きます。

    真空断熱構造で最大約24時間保冷、保温も最大約6時間可能です。ただし熱すぎるもの(90度以上)は、蓋を開けたときに中身が噴き出す恐れがあるため避けましょう。

    本体には、丈夫で持ち運びしやすい18-8ステンレスを使用しています。また表面には滑りにくいパウダー加工を施してあるので、子どもでも扱いやすいアイテムです。

    • 商品名:ハイドロフラスク「16オンス クーラーカップ」
    • ハイドロフラスク公式オンラインストア:商品はこちら

    ハイドロフラスク
    16オンス クーラーカップ

     容量:473mll 口径:72mm サイズ: 幅×高さ:75mm×150mm 重量:230g


    使いやすさに注目の缶クーラー3選

    保冷・保温性はもちろん、使いやすさも缶クーラー選びのポイントです。便利なひと工夫が光る缶クーラーを紹介します。

    サーモス「保冷缶ホルダー JDU-350」

    保冷・保温水筒ブランドとして人気の高い『サーモス』の、350mL用缶クーラーです。水筒と同様に、中身の冷たさ・温かさを保つ技術が活用されています。

    本体は真空断熱構造で、室温30度の条件下で行われた実験によると、約4度の冷水を入れた場合、1時間半近く10度以下をキープするそうです。

    缶クーラーの場合は保冷専用ですが、付属のラバーリングを外せば、保冷・保温効果のあるタンブラーとしても使えます。飲み物の口当たりが柔らかくなるので、缶とタンブラーとで味の違いを比較してみるのも楽しそうです。

    アウトドアはもちろん、自宅でくつろぐときや、皆で集まってワイワイするときにも活躍するでしょう。

      • 商品名:サーモス「保冷缶ホルダー JDU-350」
      • サーモス公式オンラインストア:商品はこちら

    サーモス
    保冷缶ホルダー JDU-350

    サイズ(約):幅7.5×奥行7.5×高さ11cm、本体重量(約):0.1kg


    和平フレイズ「サスティギア ハンディバンド付缶クーラー 500ml缶用」

    『ものづくりのまち』新潟県燕市で、調理器具・家庭用品を中心に製造するメーカー『和平フレイズ』の製品です。缶を押し込むと、内部のリブが抜けを防いでくれます。

    タンブラーとしても利用でき、ステンレス製の真空断熱構造なので温度を長時間キープしてくれるでしょう。取り外し可能なハンディバンドを使えば、ジョッキのようにビールを楽しむことも可能です。

    また、かばん・リュックのベルトなどに通して便利に持ち運びできるのもポイントです。

      • 商品名:和平フレイズ「サスティギア ハンディバンド付缶クーラー 500ml缶用」
      • 和平フレイズ公式オンラインストア:商品はこちら

    和平フレイズ
    サスティギア ハンディバンド付缶クーラー 500ml缶用

    サイズ:約 幅9.5×奥行7.9×高さ16.5cm、重量:約230g


    フィールドア「ボトルクーラー」

    キャンプ用品をはじめ、アウトドア用品を幅広く展開するブランド『フィールドア』の350mL用缶クーラーです。付属品を組み合わせれば、缶だけでなく瓶も冷やせる上、タンブラーとしても使える3WAY仕様です。

    缶クーラー・タンブラーの2WAYはよく見られますが、瓶(330mL・355mL)にも対応するものは珍しいでしょう。ただし瓶の形状によっては、入らないものもあるので事前に確認が必要です。

    瓶用カバーのキャップは栓抜きになっています。栓抜きを忘れたときでも、瓶ビールが飲めないという心配はありません。

    • 商品名:フィールドア「ボトルクーラー」
    • フィールドア公式オンラインストア:商品はこちら

    フィールドア
    ボトルクーラー

    サイズ:(約)直径8cm×25.5cm重量:(約)300g


    まとめ

    缶クーラーは、缶飲料の温度をキープしてくれる便利なアイテムです。時間・場所を選ばず、冷たい飲み物を楽しめるのがメリットです。アウトドアでは特に重宝するでしょう。

    自前の缶クーラーを用意しておけば、キャンプでの洗い物や、使い捨てコップのゴミを減らすことにもつながります。タンブラーとしても使えるものなら、さまざまなシーンで活躍するはずです。

    好みにぴったりの缶クーラーを見つけて、アウトドアはもちろん、毎日の生活にも活用してみてはいかがでしょうか。

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    キャンプでのコーヒー時間がリッチに!ゼブランからアウトドアで使うガラスサーバーが登場

    2024.04.12

    アウトドアの食器問題を解決!原料は紙と漆でわずか14gと軽量、かつ丈夫な新感覚漆器はいかが?

    2024.04.11

    人気のライスクッカー5選|キャンプで簡単に美味しいご飯を炊こう!

    2024.04.09

    アウトドアで至福の料理が楽しめるおすすめ調理器具11選!自然に優しいテーブルウェアも紹介

    2024.04.05

    カルディで買えちゃう!小型で便利なアウトドア用クッカーが数量限定で登場

    2024.03.31

    スタッキングとは?キャンプで活躍する道具を一挙紹介!

    2024.03.23

    PRIMUS(プリムス)/キンジャ 

    2024.03.18

    FORE WINDS(フォアウィンズ)/LUX CAMPSTOVE

    2024.03.18