【漕いで、釣って、食べて】 カヤックフィッシング奮闘記 Vol.25 真鯛に挑む!(前編) | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海・川・カヌー・釣り

    2017.03.05

    【漕いで、釣って、食べて】 カヤックフィッシング奮闘記 Vol.25 真鯛に挑む!(前編)

    72_1P1250912

    逗子界隈でカヤックフィッシングをしている人が、真鯛を釣り上げることがあるらしい。が、そんなことは稀で、ずっとカヤックで鯛を狙っていても滅多に釣れないという。沼野さんも釣ったことがないとのこと。しかし、たまにでも釣れるということは鯛はいるわけだ。なら、狙ってみてもいいのではないか。というか、難しい釣りに挑戦してこそ釣り人ではないか。というわけで、ボウズ覚悟で真鯛を狙ってみることに。

    72_2P1250872

    ときは1月25日、天候は快晴。7時半に海を出た。ちなみに、鯛を釣るには「タイラバ」というルアーや、「ひとつテンヤ」と呼ばれる針にエビを付ける餌釣りなど、いろいろある。この日は「仕掛けなんかどうでもいいからとにかく鯛を釣りたい」という理由で、どちらも準備。状況に応じて他のルアーも使うが、もちろん鯛以外の魚がヒットすることもある。

    72_3P1250921

    ひとまず沖の水深30メートルあたりの根回りをテンヤで探るが、反応なし。ときどき餌は取られるが、針に乗らないところを見ると、かなり小さい魚のようだ。ま、そんな簡単には釣れないよね、とのんびりと釣りをする。この日は天気がよくて、風もなく、海の上はポカポカと暖かい。しかも凪で海面が鏡のよう。あぁ綺麗だなー、とぼんやりしてしまう。

    72_4P1250927

    そんな調子で1時間ほど釣りをするが、まったく駄目なので移動を決断。今度は、森戸海岸沖にある岩礁帯回りを攻めてみる。ほどなく、魚探を見ていた沼野さんが「このあたり、すごい反応ですよ!」と私を呼んだ。慌てて近づくと、魚探には何やら小魚の大群らしき影が写っている。となると、この周辺にこいつらを捕食する大型魚が潜んでいるかもしれない。テンションがあがる。

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    渓流ルアーの注目株!スミス「D-コンタクト」の魅力とは?

    2024.06.13

    キビナゴの大産卵を見つけた!海中が真っ白な雲に包まれる…?

    2024.06.12

    釣った魚を美味しく食べるために、鮮度を保って保存・持ち帰る3つの方法

    2024.06.06

    初心者にもわかりやすいルアースナップの種類、選び方を解説。意外なメリットもあり!

    2024.06.02

    タモ網、フィッシュグリップ…釣り初心者必携のランディングツール3選

    2024.05.24

    釣り糸「PEライン」って何? メリット・デメリットと使用上の注意を解説

    2024.05.19

    1万円以下でそろえる!イカ釣りの基本と仕掛けなどのおすすめギア

    2024.05.16

    釣りで大切な「リールに巻くラインの適正量」って? 下巻きを実践してトラブルを減らそう

    2024.05.14