人生一度はロングトレイル!カナダ・セントクエンティンからパースアンドーバーへ、ひたすらハイウェイを歩くが…!? | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 人生一度はロングトレイル!カナダ・セントクエンティンからパースアンドーバーへ、ひたすらハイウェイを歩くが…!?

    2017.03.13 インターナショナル・アパラチアン・トレイルその先のアパラチアン・トレイルへハイキングロングトレイル斉藤正史

    【その先のアパラチアン・トレイルへVol.10】

    どこまでも続く舗装路どこまでも続く舗装路

    ケジウィックからもATVロードは続いていました。補給ポイントのセントクエンティンまでトレイルを示すマークもまばらにあるだけ。しかも、ダートロードがハイウェイと交差したところで「インターナショナル・アパラチアン・トレイル」のマークはなくなってしまったのです。

    ハイウエイのナンバーを確認し、おおざっぱな地図を見比べると、ルートはハイウエイを示しているよう。道幅も大きくて交通量も多い道。マウントカールトン国立公園へ行く道の分岐までは実に40キロメートルもあります。

    現れたハイウエイ現われたハイウェイ

    僕は、お昼にこの交差点に到着。

    しばらくハイウエイ沿いに歩いてみましたが、路肩はどんどん減少していく。車はものすごいスピードで通り過ぎていきます。そしてハイウエイはやがて民家のあるエリアから山の中に入り、恐ろしいアップダウンが続いていました。水場もなく、テントを張るスペースもありません。

    照り返しの強い日差しに、何度も休憩を繰り返していると、1台の車が止まりました。
    ドライバーは片言の英語でしたが、どうも「車に乗れ」とのこと。

    「ハイウエイ沿いには泊まる場所も、テントを張る場所もないから、マウントカールトンとの分岐まで乗せてってやるよ」
    といってくれていました。 

    このハイウエイの先には大きな町があって、夕方になると交通量も多くなり、車の速度もあがるらしい。
    「歩きたい」という気持ちとの葛藤はあったのですが、地元の人の言葉を信じ乗せてもらうことにしました。

    分岐までの道のりは、路肩が減少し、水場もまっくなく、やはりテントが張れるスペースもありませんでした。
    車に乗りながら「一体、この道をどう歩けばいいのか」という疑問が沸々と起きていました。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    キナウルの中心地レコン・ピオから、かつての夏の首都シムラーへ

    2022.12.03

    チベット文化圏スピティの村で遭遇した、収穫祭と神託の儀式

    2022.11.29

    知られざるインドのチベット文化圏、スピティへ

    2022.11.24

    学びの方法は無限!世界一周ヨット旅で子供たちの未来を育みたい

    2022.11.23

    マルチ冒険家 安東浩正さんに聞く「挑戦と無謀の境界線」【動画公開中】

    2022.11.22

    風光明媚な景色!スコットランドの天気用語をクイズ形式で解説

    2022.11.20