人生一度はロングトレイル!カナダ・セントクエンティンからパースアンドーバーへ、ひたすらハイウェイを歩くが…!? | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

人生一度はロングトレイル!カナダ・セントクエンティンからパースアンドーバーへ、ひたすらハイウェイを歩くが…!?

2017.03.13

【その先のアパラチアン・トレイルへVol.10】

どこまでも続く舗装路どこまでも続く舗装路

ケジウィックからもATVロードは続いていました。補給ポイントのセントクエンティンまでトレイルを示すマークもまばらにあるだけ。しかも、ダートロードがハイウェイと交差したところで「インターナショナル・アパラチアン・トレイル」のマークはなくなってしまったのです。

ハイウエイのナンバーを確認し、おおざっぱな地図を見比べると、ルートはハイウエイを示しているよう。道幅も大きくて交通量も多い道。マウントカールトン国立公園へ行く道の分岐までは実に40キロメートルもあります。

現れたハイウエイ現われたハイウェイ

僕は、お昼にこの交差点に到着。

しばらくハイウエイ沿いに歩いてみましたが、路肩はどんどん減少していく。車はものすごいスピードで通り過ぎていきます。そしてハイウエイはやがて民家のあるエリアから山の中に入り、恐ろしいアップダウンが続いていました。水場もなく、テントを張るスペースもありません。

照り返しの強い日差しに、何度も休憩を繰り返していると、1台の車が止まりました。
ドライバーは片言の英語でしたが、どうも「車に乗れ」とのこと。

「ハイウエイ沿いには泊まる場所も、テントを張る場所もないから、マウントカールトンとの分岐まで乗せてってやるよ」
といってくれていました。 

このハイウエイの先には大きな町があって、夕方になると交通量も多くなり、車の速度もあがるらしい。
「歩きたい」という気持ちとの葛藤はあったのですが、地元の人の言葉を信じ乗せてもらうことにしました。

分岐までの道のりは、路肩が減少し、水場もまっくなく、やはりテントが張れるスペースもありませんでした。
車に乗りながら「一体、この道をどう歩けばいいのか」という疑問が沸々と起きていました。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外の旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 公式通販サイト BE-PAL 野遊び道具店 季節に合わせたアウトドアグッズや毎日の生活に取り入れたいアウトドアライフスタイルグッズを取り揃えています。
  • BE-PAL FOREST CAMP 2021 @online 10.2(土) 15:00〜 START!参加無料 YouTube ライブ配信で開催!
  • BE-PAL FOREST CAMP2020 @online 参加無料 2020.10.3sat 15:00〜 YouTube ライブ配信で開催!
  • BE-PAL FOREST CAMP2019 10.5sat-6sun@PICA八ヶ岳明野 八ヶ岳に囲まれた芝生の気持ちのいいキャンプ場で、のんびり楽しめるキャンプイベント!
  • 大人の逸品
  • bp
おすすめサイト
  • @DIME
  • サライ.jp
  • リアルキッチン&インテリア
  • Mens Beauty
  • PETomorrow
  • 大人の逸品
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。