肉中心主義に一石を投じる「きのこのしゃぶしゃぶ」。みそダレとすだちでどうぞ【PR】 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    肉中心主義に一石を投じる「きのこのしゃぶしゃぶ」。みそダレとすだちでどうぞ【PR】

    2022.10.26 みそパル蓮池陽子陽子さんのソトみそスープ

    皿に盛ったきのこと鍋で煮ているきのこ

    華やかな見た目もきのこの魅力。

    「肉がないと、なんか盛り上がらない、物足りない」と思う人は多いのではないでしょうか。アウトドア界には、そんな肉中心主義がまん延しているようですが、その風潮に一石を投じるべく、蓮池陽子さんがこんなスープを考えてくれました。「みそきのこしゃぶしゃぶ(スープ)」です。

    きのこ狩りをこよなく愛する陽子さんらしく、具はきのこだけ。きのこ狩りでたくさんきのこがとれたときの料理ですが、秋に田舎に行けば、新鮮なきのこがたくさん手に入るので、買ったきのこでも良いでしょう。

    作り方は簡単。手で裂いたきのこを煮立てた昆布出汁に入れるだけ。「昆布は上質な羅臼昆布を使用しています。羅臼昆布のグルタミン酸でうまみが増します。それと、きのこのしっかりとした歯ごたえを楽しむためには、煮すぎないのがコツです」と陽子さん。まさにきのこのしゃぶしゃぶです。

    4種のきのこを入れているので、相乗効果で単一のきのこよりずっとうま味が増す感じがします。また、それぞれのきのこを食 べれば、味の違いも感じられます。なおかつ、みそダレとすだちのおかげで飽きずに食べられます。醤油だとシャープすぎてきのことぶつかってしまう。やはりここはみその包容力で正解だと思います。

    さて、こうしてきのこをメインで食べると、きのこの動物的ともいえる濃厚な味に驚かされます。ひと口食べれば、もう肉のことは忘れているはず。低カロリーでヘルシーだから、いくらでもおかわりしてください。

    みそ大好き、アウトドア大好きの蓮池陽子さんによる「ソトみそスープ」は、Facebookの「みそパル」でも月に4回公開中です。その中から厳選したメニューを『BE-PAL』本誌奇数月発売号(次回は11月9日発売の12月号)でも紹介しています。こちらもお楽しみください。

    器に盛ったきのこ

    出汁で溶いたみそをつけていただく。すだちを絞ればさわやかに。きのこのエキスがたっぷり染み出たスープもおいしい。

    【陽子さんのソトみそスープ 第14回 みそきのこしゃぶしゃぶ(スープ)】

    材料(34人分)

    ・きのこ3~4種…400g(舞茸だとすべてが舞茸味になってしまうため、舞茸以外が望ましい)
    ・昆布…10cm角ぐらい
    ・酒…大さじ2
    ・水…800mlほど
    ・みそ…大さじ2
    ・すだち…適量

    材料一式

    今回はしいたけ、ひらたけ、しめじ、やまぶしたけの4種を使用している。

    みそ

    みそは好みのものでOK。今回は、麹(こうじ)が多めの甘口の米みそを使用している。

    作り方

    1、鍋に昆布と水、酒を入れて弱火にかけ、出汁を取る。きのこは石づきを取り除き、大きめにほぐす。
    2、出汁を火にかけ、ふつふつしてきたらきのこを加える。みそを小さめの器に入れ、出汁大さじ1〜で溶きのばし、タレにする。
    3、きのこに火が通ったら、すだち、みそダレをかけてどうぞ。

    協力:みそ健康づくり委員会

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    アマノフーズのフリーズドライがキャンプ飯にぴったり!鮭のポタージュシチューレシピ

    2022.12.02

    少ない資源で調理可能! オートミール&焼きそば麺を活用した防災レシピ6選

    2022.11.29

    マルタイの「棒ラーメン」で作る 、簡単&激ウマキャンプレシピを公開

    2022.11.27

    キャンプの油処理にはわたくしを!ナノファイバー製油吸着材「ベルサイユのわた」

    2022.11.27

    冬に!ダイソー「フォンデュポット」でチョコフォンデュとアヒージョ作り

    2022.11.23

    「缶つま」で作る、キャンプめしにぴったりなぶり大根レシピ

    2022.11.22