夏キャンプに!万能すぎる『ラタトゥイユ』。アレンジメニューも紹介 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

夏キャンプに!万能すぎる『ラタトゥイユ』。アレンジメニューも紹介

2022.07.13

ラタトゥイユを皿に盛り付けた様子

キャンプの夜、お皿に盛り付けた『ラタトゥイユ』。クラッカーや野菜を添えるだけでいい感じに。

キャンプの準備がととのったら、とりあえず『ラタトゥイユ』で乾杯!

キャンプ初日は、テントの設営、火おこし、キャンプ場内の探索、食事の準備等々、なにかと慌ただしく時間が過ぎていきます。それもキャンプの楽しい時間なんですが、諸々ひと段落。そんなとき、すぐにつまめるような食べものがあると助かります。さらにそれが手作りだと一気に場が和みます。

季節によってメニューは変えますが、夏の定番といえば『ラタトゥイユ』。簡単でおいしいアレンジメニューができるラタトゥイユがひとつあると、夏キャンプでほんとうに重宝します。キャンプに行く前日にひと手間。万能すぎるラタトゥイユの作り方も一緒に紹介します。

まずは、ラタトゥイユを楽しむ

上の写真のように、初日はアレンジをせず、シンプルにラタトゥイユとしていただきます。冷たいラタトゥイユは、夏キャンプの前菜にぴったり。ほてったカラダを緩めてくれます。

好みのパンにラタトゥイユを挟んで

ラタトゥイユをパンでサンドしている様子

朝食は、ラタトゥイユと生野菜を一緒にサンドしました。

翌日の朝食は、ラタトゥイユをパンに挟んでホットサンドやオープンサンドにして食べることが多いです。

パンに好みのバターを塗って、野菜、その上にラタトゥイユをのせます。このとき、ラタトゥイユにふたつまみほどの塩をします。

ホットサンドメーカーにのせたパンとラタトゥイユ

ホットサンドメーカーを使っても。

ほかにも、アボカドやチーズ、目玉焼きなど自分好みにサンドして、ホットサンドにしたり、オープンサンドで食べたりしています。

パスタやそうめんなどのソースに

ランチにパスタソースとして使うこともあります。鷹の爪を加えて少しピリ辛にしたり、ベーコンなどを入れたり、お好みで。食欲がないときなどには、麺を冷やして冷製パスタ、そうめんのソースにしても。

スープにして

ラタトゥイユをシェラカップに入れてスープに

具をたっぷり入れた方が食べ応えがあっておいしいです。

最後は、残ったラタトゥイユをシェラカップに入れて、ブイヨンなどと一緒に水を注ぎ温めます。軽く塩、胡椒をして味をととのえたらできあがりです。保存容器の素材がホウロウなど直火OKのものなら、そのまま温めれば、後片付けも簡単です。

ラタトゥイユはキャンプの前日に自宅で作りましょう!

【ラタトゥイユのレシピ】

ラタトゥイユの材料

今回使用した材料です。

【材料】作りやすい分量

  • にんにく 2片
  • 玉ねぎ 1個
  • ズッキーニ 1本
  • 黄色ズッキーニ 1/2本
  • ナス 2本
  • ピーマン 2個
  • 赤ピーマン 2個
  • セロリ 1本
  • トマト缶 1缶(400g)
  • ローリエ 1枚
  • バジル(またはタイム) 1枝
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩 適量

【作り方】

<下準備>

同じ大きさに切り揃えた野菜

大きさを揃えることで食べやすく、味も均等に入り、見た目もきれいになります。

  • にんにくはみじん切りにします。
  • その他の野菜は、同じくらいの食べやすい大きさにカットします。

(1)大きめの鍋に、オリーブオイル、みじん切りにしたにんにくを入れて火をつけます。弱火でにんにくの香りが立つまでゆっくりと炒めます。

(2)にんにくの香りがしてきたら、玉ねぎを入れて炒めます。

(3)玉ねぎが透き通ってきたら、ナス、ズッキーニ、黄色ズッキーニを順に炒めていきます。このとき、あらかじめナス、ズッキーニにオリーブオイルで軽くコーティングしておくと油の吸いすぎを予防することができます。

(4)油が足りなければ、オリーブオイルを足して、ナス、ズッキーニに油がなじむまでしっかり炒めます。

(5)(4)にトマトの水煮(今回は缶のホールトマトを使用しました)を潰しながら加えます。バジルも一緒に入れます。

トマトの水煮を潰しながら入れている様子

ホールのトマトを使う場合は、手で潰しながら入れます。

(6)水分が半分くらいになるまで煮込みます。

(7)水分が半量くらいに煮詰まったら、塩で味をととのえ、ピーマン、赤ピーマンを加えます。塩は少し強めに味をすることで腐敗を防ぐことができます。

(8)ピーマンと赤ピーマンがやわらかくなったらできあがりです。

(9)清潔な保存容器に移します。冷めたら蓋をして冷蔵庫で保存します。

ラタトゥイユの完成図

ラタトゥイユは完全に冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。

保冷はしっかりと!効果的な方法

「せっかく作ってきたのに、腐らせてしまった」。そんな悲しいことはありません。この時期に限ったことではありませんが、食中毒にも十分な注意が必要です。

食品の管理は、クーラーボックスを事前に冷やしておくことで保冷効果が格段に高くなります。保冷剤の他に板氷を使ったり、クーラーボックスを飲み物用と食材用に分ける、クーラーボックスの内側に保冷シートをかぶせたり、クーラーボックスは、地面に直置きせずに断熱シートなどを敷いた上に置くなど、食品衛生にも気を配ることをお忘れなく。

私が書きました!
料理研究家
小牧由美
東京を拠点に食に携わる仕事で20年以上活動。その間、ヴィーガンカフェの店長を務め、レシピ・商品開発から体調改善に特化したメニューを考案し、カウンセリングにも従事。現在は、野菜や果物、ナッツなど、旬の素材を中心とした料理やローフード、ヴィーガンレシピの創作、商品開発などを行っている。http://yamabon.jp/
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。