小さなエンジンで快走するおしゃれハッチバック!プジョー・308試乗レポート | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

小さなエンジンで快走するおしゃれハッチバック!プジョー・308試乗レポート

2022.07.10

バカンスではクルマに荷物を満載して長距離を走り、質実剛健なものを愛し、長く使うのがフランスの伝統。そんな国で作られるクルマのなかでも、プジョーは日本でも知名度の高い老舗。元々は歯車を製造した関係で、今もペッパーミルのブランドとして名を馳せ、自転車でも有名だ(すでに製造からは撤退済み)。ライフスタイルにも根ざしたプジョーの作るクルマはとても心地よく、スタイルもモダン。モデルチェンジした308の出来栄えをリポートしよう。

プジョー308ってどんなクルマ?

プジョー・3089年ぶりにフルモデルチェンジされ、今回で3代目。初代からスタイリッシュなデザインとフランス車らしい優れた取り回し、そして“ネコ足”と評されるしなやかなサスペンションで、高い支持を得てきた人気車だ。その最新モデルはフロントグリルのセンターにあるエンブレムまで新デザインに変更するなど、すべてが一新された。

デザインコンシャスなプジョーらしく、外観デザインはスタイリッシュに変身。キーポイントのひとつとして目を引く超薄型マトリクスLEDヘッドランプや、ライオンのかぎ爪をイメージしたというリアコンビネーションランプはシャープな印象を与えてくれる。

日本車ともドイツ車とも違う品格漂うハッチバック。

ボディサイズは拡大され、旧型との比較でホイールベース60mm、全長は145mm、全幅は45mm、全高は5mm大きくなった。おかげでリアシートを中心とした居住空間の拡大だけでなく、荷室の実用性も拡大。最大積載量は5人乗車時で容量412LVDA値)。後席背もたれを倒すと1323Lに広がる。この数値はクラストップレベルだ。

ハッチバックにつき開口部のへりは段差がついていて、後席をたたんでも車中泊ができるようなレベルにはない。

むしろ、深く掘られたラゲッジ形状を生かし、走行中の荷物のずれが起きにくい積み方を工夫すれば、最低でも2名、頑張れば3名分のキャンプ道具が積める。

床下にはさらに28Lの収納スペースがある。後席の中央にスキーホール付き。

ガソリンエンジン搭載の308に乗ってみた

308のパワーユニットは、プラグインハイブリッド、ディーゼル、そしてガソリンエンジンの3タイプが用意されている。このうち、燃費とパワフルな走りのバランスを考えると、ディーゼルのGT BlueHDi3969000円)は納得できるセレクト。走らせてみると力強く、そして速い。さらにディーゼル特有のガラガラ音がずいぶん抑えられ、早朝や日が暮れての移動時にあまり気を使うことはない。

旧型モデルより13%の燃費改善を果たしたという1.2Lの3気筒ガソリンエンジン。伸びやかでスムーズに回転を上げる。

一方で、ガソリンモデル(3053000円)も捨てがたい魅力がある。ディーゼルほどのパワフルさはないが、130馬力の1.2L直列3気筒ガソリンターボエンジンは走り出しから上質なフィーリングで、心地よく速度が上がる。

小さなエンジンで実用性に優れた大きなボディを元気よく走らせるのは、フランス車の伝統。排気量任せではない走りの味つけはさすがだ。

また、カタログ値ではあるが燃費も17.9km/lWLTCモード)となかなか。高速道路を使うことの多い人であれば、さらに燃費は良くなる。ディーゼルのパワフルさは魅力だが、軽快な走りと価格とのバランスで選ぶならガソリンモデルもありだ。

8速ATのセレクターやドライブモードスイッチなどをモダンにまとめたセンタコンソール。車内にはUSBポート(前席2、後席2)/12V電源ソケットを装備。

外遊びをサポートする安全装備など

現代のクルマでは不可欠となった安全装備。308ではADAS(先進運転支援システム)の機能がマルチファンクションカメラ(夜間、二輪車、歩行者検知機能に対応)となり、安心感は高い。さらに、従来型ではステアリングの奥に配置されていたスイッチ類が、ステアリング左側のパッド部分に集約して配置されている。おかげで目線を走らせることなく、より直感的な操作が可能となった。

シートはテップレザー(人工皮革)とファブリックのコンビネーションが標準仕様。昔ほどではないが、フランス車の伝統が生きていて、クッションが心地いい。

後席はホイールベースが延びたことで足元のスペースが広くなった。6:4分割可倒式。

リアトラフィックアラートと言うシステムもつく。これはリアバンパー内蔵のレーダーを使用し、後退時に接近してくる車両、自転車、歩行者などを検知し、警告を発するシステムだ。子供が駆け回ったり障害物の多いキャンプ場内の低速移動時で心強い。

上級グレード限定の装備として、進化したボイスコントロール機能もニュース。「OK、プジョー」と呼びかけることで起動し、ナビゲーション、エアコン、シートヒーター、オーディオ、電話、天気予報検索など、さまざまな機能を操作できる。

小径のステアリングの上に10インチのデジタルメーターが見える。「iコクピット」と呼ばれるプジョー独自のデザインだ。

 近年のプジョー車の特徴である小径ステアリングを握ると、メーターパネルがステアリングの上に見える。独特だが視線移動が少なくて済み、実に合理的だ。爽快な乗り味に清々しさを感じるのは、フランスらしい価値観に基づく設計が一番なのだが、もうひとつ魅力的な装備があったことに気づいた。

それは、全車に装備されているAQS(エアクオリティシステム)。HE (High Efficiency)フィルターを用い、外気の3つの汚染分子(CO、NOx、NH3)をモニタリング。汚染物質が確認された場合は、自動的に空気循環を始める。

プジョー・308は、見えない部分でも気持ちいいキャンプライフをアシストしてくれるのだ。

プジョー・308 Allure

  • 全長×全幅×全高:4,420×1,850×1,475mm
  • 車両重量:1,350kg
  • 最低地上高:130mm
  • 最小回転半径:5.3m
  • エンジン:水冷直列3気筒DOHC 1,199cc
  • 最高出力:96kw(130PS)/5,500rpm
  • 最大トルク:230Nm(23.4kgm)/1,750rpm
  • WLTCモード:17.9km/l
  • 車両本体価格:¥3,053,000

問い合わせ先:プジョー・コール➿  0120-840-240

私が書きました!

自動車ライター

佐藤篤司

男性週刊誌、ライフスタイル誌、夕刊紙など一般誌を中心に、2輪から4輪まで“いかに乗り物のある生活を楽しむか”をテーマに、多くの情報を発信・提案を行なう自動車ライター。著書「クルマ界歴史の証人」(講談社刊)。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 試乗記 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。